【C&P オーガニクス】キャットフードを徹底解明!!

大切な猫ちゃんのキャットフード、何を基準に選んでいますか?

価格や購入のしやすさ、穀物フリー、アレルギー対策や獣医さんのおすすめなど、選ぶ基準は様々。猫ちゃんの食いつきも外せませんが、健康にも配慮してくれているキャットフードでないと困りますよね。

でも、健康にいいキャットフードを選ぶってなかなか難しい…

今回は、そんな悩める飼い主さんのために、猫ちゃんの健康を素材からしっかりと考えてくれているキャットフード【C&P(キャスター&ポラックス) オーガニクス】をご紹介します!

キャットフード【C&P オーガニクス】とは?

「オーガニクス」はアメリカのペットフードメーカー「キャスター&ポラックス」が作っているキャットフードです。

2018年にリニューアルしてからは原材料の95%をUSDA(米国農務省)の厳しい基準をクリアしたオーガニック素材を使い、「USDAオーガニック」マークの表示が許可されています。

もちろん、安心感を損なう中国産の原材料は使用していません。

また、プレバイオティクス・プロバイオティクスを配合することで腸内環境を整えて消化吸収を助け、免疫力の強化やアレルギーを予防することのできるキャットフードです。

安心・安全なだけでなく猫ちゃんが本来持っている免疫力を強化し、健康な身体つくりを目指しているのです。


そもそもオーガニックってどんなもの?

オーガニックとは、「有機の」という意味です。ここでは化学的に合成された肥料や農薬の使用を避け、遺伝子組み換え技術や放射線照射を利用することなく作られた農作物を指します。

微生物が分解した有機物を肥料として、太陽の光を存分に浴びて育った野菜がオーガニック野菜。そして、その飼料を食べて太陽の光を浴びて育った健康的な鶏は、抗生物質をほとんど必要としなくてもよいオーガニックチキンになるのです。

もちろん、鶏には成長促進剤なども与えていません。健康な土壌で育った植物を動物が食べ、排泄物が土にかえってまた植物が育つ。そんな本来の食物連鎖を守るために生まれたのがオーガニックです。

「USDAオーガニック」マークって?

アメリカの法律で定められた、米国農務省(USDA)オーガニック認証のマーク。95%以上の有機原料を使用したものでなければマークをつけることはできません。

認定には、以下の規定に従う必要があります。(Organic Production and Handling Standardsより内容抜粋)

<農作物>

・オーガニック作物を栽培する土地では、収穫前3年以上禁止物質を使用しない。

・土地の肥沃度や作物の栄養素の管理には、耕うん・耕作、輪作、被覆作物の栽培、動植物性老廃物や認可された合成物質による補填といった方法を活用する。

・害虫、雑草、疫病管理には、主に物理的、機械的、生物学的な防除方法を用いる。こうした手法が不十分な時のみ、国が認めている生物、植物、合成物質を使用してもよい。

・遺伝子操作や電離放射、下水汚泥は禁止する。

<畜産物>

・食肉用の動物は、3世代前から(鶏肉の場合は、生後2日目以降から)、オーガニックな管理のもとで育てられなければならない。

・飼料は100%オーガニックの農作物でなければならない。ビタミンやミネラルなどの栄養補助製品を与えても良い。

・家畜の健康のためであれば、予防医療を行ってもよい。病気や怪我をした家畜の治療を見合わせてはならないが、禁止物質を使用して治療を受けた場合はオーガニックとして販売することはできない。

・オーガニック家畜はすべて、年間通して自由に戸外に出入りできなければならない。環境・健康上の問題があり、それが文書化されている場合は、一時的に収容してもよい。

・オーガニック家畜には、いかなる理由であっても、ホルモンや成長促進剤、抗生物質を与えてはならない。


こんなしっかりとした規定を守って作られているキャットフードは、世界でも数すくないのではないでしょうか。

キャットフード【C&P オーガニクス】はどんな猫ちゃんにおすすめ?

猫ちゃんの身体に優しいオーガニック素材のキャットフードなので、基本的にはどんな猫ちゃんにもおすすめです!

脂質が少なめなことと、生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌を配合しているためお腹の弱い猫ちゃんや便秘気味の猫ちゃんに特にもおすすめですよ♩


キャットフード【C&P オーガニクス】原材料と基本成分値

オーガニクス キャットフードはドライフードとウェットフードがあります。今回は、ドライフードをメインにご紹介します。

C&P オーガニクス キャット チキン&ライス

■原材料

有機鶏肉、有機チキンミール、有機エンドウマメプロテイン、有機オートミール、有機エンドウマメ、有機玄米、有機大麦、有機ヒマワリ種子ミール、有機ココナッツオイル、有機鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止済み)、ナチュラルチキンフレーバー、有機亜麻仁、有機鶏肝臓、有機乾燥アルファルファミール、塩、塩化コリン、サーモンオイル、ビタミン(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、硝酸チアミン、パントテン酸Dカルシウム、ビタミンAサプリメント、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビオチン、ビタミンB12サプリメント、葉酸)、ミネラル(亜鉛タンパク質化合物、鉄タンパク質化合物、銅タンパク質化合物、マンガンタンパク質化合物、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、タウリン、有機クランベリー、塩化カリウム、有機ローズマリー抽出物、有胞子性乳酸菌乾燥発酵品


まず注目したいのは「有機」の多さ!さすがオーガニクスです!!

ちょっと気になる有機チキンミールですが、ミールとついているからといって全てが4Dミートなわけではありません。

キャスター&ポラックス社の方針からも、チキンミールは乾燥チキンなど安全性の高い物であり、玄米や大麦は穀物ですが体質に合わない猫ちゃん以外は大きな問題はないでしょう。

人口保存料、香料、着色料は使用されていません。塩が含まれているのは、原料がオーガニックのため含まれている塩分が少なく、AAFCO(※)のナトリウム基準を満たすために添加している可能性があります。

有胞子性乳酸菌乾燥発酵品が配合されていますので、乳酸菌が胞子に包まれて生きたまま腸まで届き、猫ちゃんのお腹の健康を守ります。

※AAFCO: 国飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)の略。ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定している機関です



■基本成分値

粗たんぱく質 32.0%以上
粗脂肪 14%以上
粗繊維 3.50%以下
水分 11.0%以下
タウリン 0.1%以下
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.3%以上


粗たんぱく質が32.0%以上と高いので、育ち盛りの子猫から成猫まで充分にたんぱく質を取ることができます。

また、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸もバランスよく配合されていますので、悪玉コレステルロールを減らして血行を促進し、皮膚や被毛を健康に保つ効果が期待できます。

オーガニクス キャット チキン&ライス

amazon楽天

C&P オーガニクス キャット グレインフリー チキン&スィートポテト

■原材料

有機鶏肉、有機チキンミール、有機エンドウマメプロテイン、有機サツマイモ、有機エンドウマメ、有機ヒヨコマメ、有機タピオカ、有機ヒマワリ種子ミール、有機ココナッツオイル、有機鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止済み)、ナチュラルチキンフレーバー、有機亜麻仁、有機鶏肝臓、有機乾燥アルファルファミール、塩、塩化コリン、ビタミン(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、硝酸チアミン、パントテン酸Dカルシウム、ビタミンAサプリメント、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビオチン、ビタミンB12サプリメント、葉酸)、ミネラル(亜鉛タンパク質化合物、鉄タンパク質化合物、マンガンタンパク質化合物、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、タウリン、サーモンオイル、有機クランベリー、塩化カリウム、有機ローズマリー抽出物、有胞子性乳酸菌乾燥発酵品


こちらの商品もチキン&ライス同様に有機の文字が多くて安心できますね。その上、アレルギーに配慮した穀物不使用のキャットフードです。

チキン&ライスには使用されていた玄米や大麦は使用されておらず、サツマイモやヒヨコマメで代用されています。

■基本成分値

粗たんぱく質 32.0%以上
粗脂肪 14%以上
粗繊維 3.50%以下
水分 11.0%以下
タウリン 0.1%以下
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.3%以上


基本成分値はチキン&ライスと同様です。こちらもオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸をバランスよく配合されているのがポイントです♩

オーガニクス キャット グレインフリー チキン&スィートポテト

amazon楽天

全年齢対応なのはどうして?

高たんぱくの良質のキャットフードですから、どの年齢の猫ちゃんにも対応することができます。ただし、必要とする栄養素は年齢ごとに異なるのは事実。子猫には一般食やサプリをプラスしたり、高齢の猫ちゃんは量を減らしたりと工夫をするといいでしょう。


キャットフード【C&P オーガニクス】を猫ちゃんに与えるときの注意点

安心・安全なオーガニクスですが、チキン&ライスには猫ちゃんが消化・吸収を苦手とする穀物が含まれています。

穀物アレルギーを持っている猫ちゃんはもちろん、穀物を消化できない猫ちゃんの身体の事を考えると注意が必要なキャットフードです。

また、全年齢対応のフードですが、子猫から高齢猫まで同じ量を与えていては良くありません。量の調整や、他のキャットフードを加えるなどのひと手間が必要になります。

さらに、飼い主さんの気になるお値段です。1.8Kgで5000円程度と、素材の良さに比例してかなり高額なキャットフードになりますので、継続して与えれば年間の猫ちゃんの食費はあがります。

継続して与えるにはちょっと覚悟が必要な価格ですが、お腹の弱い猫ちゃんの場合、キャットフードを変えることで負担がかかる事があるので他のキャットフードと交互に、というのはおすすめできません。


キャットフード【C&P オーガニクス】はどこで購入できる?

残念ながら【C&P オーガニクス】のキャットフードはホームセンターやペットショップではほとんど取り扱いがありません。

賞味期限も長くないですし、なにより高価なキャットフードになるので在庫を抱えるにはリスクが大きいのかもしれません。

でも大丈夫!今はネットからの購入もできますし、中には【C&P オーガニクス】のキャットフードを取り扱っている販売店もあります。以下を参考に購入しやすいところを選びましょう♩

【DENI’S STORE(デニ)】
 ➡︎ 公式サイトはこちら!!

【Rakuten】
 ➡︎ 公式サイトはこちら!!

【ねこ畑】
 ➡︎ 公式サイトはこちら!!

購入時の注意点

オーガニック素材であり、合成保存料や化学的酸化防止剤が使われておないキャットフードですから、通常のキャットフードよりも賞味期限が短めです。

店頭での購入をするならば購入前に、通販の場合は届いたらすぐに賞味期限を確認し、信頼のできる業者を選ぶようにしましょう。

また、賞味期限前、開封前であっても保管方法によっては味や品質が落ちる事が考えられますので買いだめをするのは考えものです。

当然ですが、開封したら1カ月を目安に使い切るように心がけましょう。


まとめ

店頭に並ぶことが少ないため知名度はかなり低いですが、【C&P オーガニクス】はオーガニックの先進国であるアメリカで作られている安心・安全なキャットフードです。

これだけの品質を保っているのですから当然かもしれませんが、価格は決して安価なものではありません。

でも、大切な猫ちゃんの身体を作るキャットフードです。猫ちゃんの健康を守るために、一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。



→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. キャットフードは肉 or 魚?猫ちゃんにとって最適なのはどっち?

  2. 【ビートパルプ不使用のキャットフード】選び方とおすすめ3選

  3. パテタイプのキャットフードの特徴とは?おすすめもご紹介!

  4. ウェットのキャットフードおすすめ4選!失敗しない選び方を伝授

  5. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

  6. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)