猫にとっての有害物質!危険な食べ物や植物とは

家族の一員である大切な猫ちゃん。毎日もぐもぐ、たくさん食べてくれる姿は私たち飼い主にとって幸せな瞬間でもありますよね。

ところが、人間の食べ物の中には、猫のカラダに悪影響なものがいくつもあることをご存知ですか?人と生理機能が異なる猫は、私たち人間が平気なものでも様々な中毒を起こすことがあるんです!

今回は身近なものを中心に、猫にとって有害となる物を幅広くご紹介いたします。早速チェックしていきましょう!

猫に有害な食べ物一覧

猫にとって有害な食べ物はたくさんあります。

ここでは、危険度ごとに猫にとって有害な食べ物とその理由をご紹介します。

危険度が高い食べ物

<ネギ類>

猫を飼っている方なら「猫にネギをあげてはいけない」という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ネギや玉ねぎなどのネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという赤血球を破壊する成分が含まれ、血尿・下痢・嘔吐・発熱・貧血などを起こします。

<ナス科の食べ物>

ナス科と聞くとナスだけ避ければいいと思ってしまいますが、ジャガイモやトマト、ピーマンもナス科の野菜なんです。

ソラニンという物質が含まれ、下痢・心拍数低下・胃腸障害など、様々な症状を引き起こします。

他にも、熟していないトマトの中にはグリコアロカロイドが含まれ、血液を溶かす作用や神経をマヒさせる作用があります。

<キシリトール>

歯に良い成分として知られ、ガムなどにも含まれるキシリトールですが、猫の血液中に含まれるグルコース濃度を低下させて低血糖を引き起こしてしまうことも。

低血糖の症状には、嘔吐・歩行困難・痙攣・昏睡状態になるなどがあります。特に最近では、猫のガムの誤飲が増えているので注意が必要です。

<カカオ類、チョコレート>

チョコレートを含むカカオ類も、猫に与えてはいけないことで知られていますよ。

カカオにはテオブロミンという物質が含まれていて、中毒症状を起こす原因に。嘔吐や下痢・発熱・興奮・震え・痙攣、さらには突然死してしまう事もあります。

<人間用の医薬品、サプリメント>

人間用の医薬品は、なんとなく猫に食べさせてはいけないというのは分かりますが、サプリメントも良くありません。

猫が人間と同じ病気になると、人間の薬を少量あげれば効果があると思っていませんか?

人と猫とでは身体の大きさはもちろん、構造も違います。その為、人間の薬を猫に飲ませると病気を治すどころか逆に死に至ることもあります。

サプリメントは薬ほど神経質にならなくても大丈夫ですが、やはりあげない方がいいでしょう。猫には猫用のサプリメントがあるので、そちらを与えましょう。

<レーズン、ぶどう>

レーズン、ぶどうを猫が食べると急性腎不全になる可能性があります。

急性腎不全は猫の死因の2位に位置するほどの高い致死率となっていて、腎臓の機能が低下する病気です。

<アボカド>

アボカドには殺菌作用のあるペンシルという成分が含まれていますが、毒性があり猫が食べると中毒を起こす可能性があります。

嘔吐・下痢・軟便・呼吸困難・痙攣などを引き起こすので、アボカドの実だけでなく茎や葉っぱなどにも注意しましょう。

<マカダミアナッツ>

マカダミアナッツをはじめとするナッツ類は、猫が食べると窒息をしてしまう可能性が考えられ、運動失調や後肢のマヒが生じることも。

マカダミアナッツはもちろん、マカダミアナッツオイルも同様に中毒性があるので注意してください。

危険中度の食べ物

<ニンニク>
猫の血液中に含まれるヘモグロビンを破壊し、溶血性貧血を起こすことが考えられます。酸欠状態から食欲不振・呼吸困難なども引き起こす可能性も。

少量であれば問題ありませんが、中にはにんにくアレルギーの猫もおり、下痢や嘔吐などが現れるので初めての場合は注意してみてあげましょう。

<アワビ>
猫にアワビを食べさせると耳が落ちるという話があります。さすがに耳がポロッと落ちるわけではありませんが、この話はあながちウソとは言いきれません。

正確に言うとアワビの肝が危険で、クロロフィルという成分が日光に反応して炎症を起こすといわれています。

猫の身体で特に日光に当たりやすい耳が炎症をおこしやすく、耳が取れるほど引っ掻いてしまう事が原因のようです。

<スルメ>

猫がスルメを食べると腰が抜けるという話もありますが、この理由は、ビタミンB1を分解するチアミナーゼという成分が含まれていることにあります。

猫がイカを食べるとチアミナーゼの働きによりビタミンB1欠乏症となり、後ろ脚のふらつきや麻痺などの症状が現れ、これが「腰が抜ける」と言われているのです。

チアミナーゼは熱さに弱いので加熱されたスルメなら問題ありませんが、猫には消化不良や塩分接種過剰になる可能性があるので、やはりあげないほうがいいでしょう。

<豚肉>
本来肉食である猫に、なぜ豚肉は食べさせてはいけないのか不思議に思いますよね。

豚肉は豚肉でも生の豚肉が危険!トキソプラズマという寄生虫がいることがあり、猫に寄生すると下痢や嘔吐を起こすこともあります。ただ、加熱すれば問題はありません。

<硬い骨>
魚が好きな猫ですが、硬い骨はあまり好ましくありません。消化しにくく、のどや器官に刺さってしまう可能性が考えられます。

<アルコール>
人はアルコールを飲んでも体内で分解することができますが、猫は分解をすることが出来ずにアルコール中毒になってしまいます。

アルコール中毒になると筋肉運動が減少し、呼吸困難や昏睡状態に陥ることもあります。最悪の場合、死に至ることもあるので注意が必要です。

<カフェイン>

カフェインには猫にとって中枢神経を刺激してしまい、興奮させる作用があります。最悪死に至ることもあるので注意しましょう。

ひきつけ、動悸、嘔吐、ふらつき、さらには冠動脈や肺動脈などが起こることもあります。

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーが代表的ですが、他にもお茶やココア、栄養ドリンク、コーヒーなどにも含まれています。

<一部のキノコ>
猫にキノコを与えても基本的には大丈夫ですが、場合によっては消化不良を起こし嘔吐をすることがあります。

食べさせるときは、ペースト状にしたり細かく切ったりと食べやすいように工夫してあげましょう。

<イーストのパン>

意外かもしれませんが、猫にイーストのパンをあげるのもあまりよくありません。その理由は、イーストの性質が関係しています。

イースト菌は体内でアルコールを発生させるので、猫がアルコール中毒になって筋肉運動が減少し、呼吸困難になる可能性があるのです。

危険度低度の食べ物

<生卵>
サルモネラ菌やアビジンという物質が含まれており、腸内でビオチンと結合し体外に排出されてしまうためビオチン不足に。皮膚トラブルや疲労、脂肪の代謝障害の原因となります。

加熱調理されたものは特に問題ありません。

<イカ・タコ・貝類>
猫にとって消化しにくい食べ物の1つです。絶対にダメという訳ではありませんが、あげすぎると消化不良を起こす可能性があります。

さらに、ビタミンB1を分解するチアミナーゼという酵素が含まれているので、食べ過ぎるとビタミンB1欠乏症になり、食欲不振や痙攣・神経障害を起こすこともあります。

<青身の魚>

魚が大好きなイメージがある猫ですが、実は青魚は控えた方がいい食べ物の1つ。

不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、摂りすぎると黄色脂肪症という症状を引き起こし痛みを伴うしこりができることがあります。

<レバー>
レバーにはビタミンAが豊富ですが、摂りすぎると嘔吐や下痢、最悪の場合骨の変形に繋がることもあります。

<ナッツ類>
ナッツ類は消化不良を起こす可能性があります。マグネシウムを多く含むもの物が多く、食べ過ぎると尿結石になることも。

同じナッツ類でも注意しておきたいのがアーモンドです。
アーモンドには青酸が含まれ、虚脱・呼吸困難・痙攣などの中毒症状を起こすことがあります。

<ココナッツ>
ココナッツには油分が含まれるため、少量なら問題ありませんが過剰摂取は下痢や軟便などの原因になります。

<かんきつ類>

かんきつ類に含まれるリモネンも猫にとってはよくありません。

猫はリモネンを体内で分解することが出来ず、嘔吐や手足の震えなどの症状が現れることがあります。

<ほうれん草、野菜類>
本来猫は肉食なので、野菜を食べる必要はありません。逆に野菜は猫にとって消化しにくいものなので、大量にあげるのはやめましょう。
ほうれん草にはシュウ酸が含まれ、猫の膀胱炎や尿結石の原因となるので注意が必要です。

<おから>
おからも元は大豆から出来ていて、猫にとっては消化しにくいもの。

食べ過ぎると下痢や便秘になる可能性もあります。

猫にねこまんまは与えないで!
猫の好きなかつお節をかけて作るねこまんま。猫も好んで食べますし、特に問題ないように思われがちです。

しかし、かつお節には塩分やマグネシウムが豊富に含まれるので、尿結石の原因となることもあります。

猫はもともと肉食なので、人間はおいしいと思っていても実は猫には合わないという事もありますし、病気の引き金となってしまう事もあるのです。

猫に有害な植物一覧

猫に有害なものは食べ物だけではなく、植物の中にもたくさんあります。

植物といっても、室内で育てている植物や外に出るとどこにでも生えているようなものまで様々なので、危険度別にご紹介します。

危険度が高い植物

ネギ科…血液中の赤血球が壊れ貧血となり、嘔吐・下痢・黄疸などを起こします。

ユリ科…尿細管変性を起こし、脱水症状・視力障害・全身まひなどの原因に。

ツツジ科…嘔吐・下痢・筋力低下などの症状の他、致死性の毒が含まれる種類もあります。

ナス科…腹痛・血便・下痢やけいれんなどの神経症状が起こり、最悪死に至ることもあります。

キンポウゲ科…嘔吐・下痢・腹痛・けいれんの他、かぶれや水膨れ、さらに心臓マヒを起こすこともあります。

バラ科…バラの花や茎、葉には問題ありませんが、種に含まれるアミグダリンが含まれ口にすると青酸中毒となることがあります。

ヒガンバナ科…ヒガンバナは猫に限らず毒性が心配されるもの。口にすることで吐き気や下痢、最悪の場合死に至ることもあります。

アジサイ科…口にすると過呼吸・けいれん・麻痺などの症状が現れ、死亡することもあります。

クスノキ科…実だけでなく葉や種を食べることで嘔吐・下痢・呼吸困難に陥ります。

その他の有害植物一覧

猫に有害な植物の中には、命に関わるものでなくてもたくさんあり、実に700種類以上とも言われています。

キキョウ、ウメ、ワラビ、サクラソウ、シクラメン、アサガオ、モンステラ、スズラン、パンジー、ソテツ、フジ、ジャスミン、ユズリハ、トウゴマ、トチノキ、ナンテン、松、ドラセナ(幸福の木)、アイビー、ポトスなど


【猫を有害な植物から守るためには?】
猫を飼っている方の中には、庭に植物を育てていたり、家の中に観葉植物を飾っていたりする家庭も少なくありませんよね。

しかし、身近にある植物の中には猫にとって有害なものが意外と多いもの。

もし猫に有害な植物がある場合には、室内であれば猫が届かない場所に置くようにしたり、お庭であれば近づけないように植物をゲージで囲ったり、猫除けとしてとげとげシートを敷くなどして工夫しましょう。

食べ物や植物以外にも!猫に有害な身近なモノ

猫にとって有害なものは、植物や食べ物だけではありません。私たち人間が普段何気なく使っているものが、実は命に関わるほど危険なものだってあります!

人間用の薬、タバコ、洗剤、ガソリン、灯油、塗料、殺虫剤、殺鼠剤、除草剤、エッセンシャル・アロマオイル

身近にあるものだからこそ、意外と盲点になりやすいものばかりですよね。

猫を飼っている家庭では、このようなものを猫の手の届くところや目につくところには決して置かないようにしましょう。

猫の誤飲時の症状と対処法

誤飲時の症状

普段元気に外や室内を走り回っている飼い猫が、急に元気がなくなっていることはありませんか?

すぐに回復するようなら問題はありませんが、普段見たことがない症状が現れている場合は口にしたものによる中毒症状の可能性が!

・嘔吐
・けいれん
・呼吸困難
・尿もれ
・チアノーゼ
・ぐったりとして意識がない


上記の症状を起こしていると、有害な食べ物を口にした可能性が考えられます。

他にも、よだれ・ふらつき・興奮など、ちょっとした症状でも中毒症状である可能性があるので油断はできませんよ。

誤飲時の応急処置

口にしたものによっては死に至ることもあるので、なるべく早く対応しましょう。

ここでは、万が一飼い猫が有害物質を口にしてしまった時の応急処置方法をご紹介します。

【1.吐かせる】
有害物質を口にしてしまったら、すぐに吐かせることが大切です。もしも飲み込んでしまった場合には、塩やオキシドールを使った吐かせ方があります。

オキシドールを使った吐かせ方は、スポイトのようなものを使って、オキシドールを体重1㎏当たり1mlを目安に強制的に飲ませます。

そうすると胃の中で酸素の泡が発生、膨張し気持ちが悪くなり吐かせることができます。ただし、吐かせることで効果が得られるのは口にしてから1時間まで。

すでに口にした有害物質によって中毒症状が出ている場合は、吐かせると逆に危険なのですぐに動物病院を受診するようにしましょう。

【2.希釈して吸収を遅らせる】
有害物質の中には、口にしてしまっても吐かせることが危険なものもあります。

その場合、水を飲ませて胃の中で有害物質を希釈させたり、牛乳で胃に膜をはって胃膜を保護し、飲み込んでしまった有害物質の吸収を遅らせることができます。

【3.毒物を洗い流す】
有害物質を口にしてしまった場合、口の中に毒物が残っている可能性が考えられるほか、体や足にも付着していることもあります。

少しでも毒物が残らないよう、なるべく目につく部分や口の中に付着した毒物を洗い流すようにしましょう。

誤飲の応急処置後は病院へ!主な診断と治療方法

飼い猫が有害物質を口にしてしまった場合、できる限りの応急処置を行った後、速やかに動物病院を受診する必要があります。

実際に病院では、どのような診察・処置が行われるのでしょうか?

【診察方法】
まずは診察が行われ、方法は動物病院や飲み込んでしまった有害物質にもよります。

・触診
・レントゲン(X線)検査や超音波での画像診断


【治療方法】
診察が終わると、結果によって処置が行われます。

・催吐処置
・消化管バリウム造影検査
・内視鏡検査

緊急を要する場合や有害物質によっては、開腹手術を必要とし、数日間の入院が必要となってくることもあります。

愛猫のために飼い主ができること
猫にとって有害物質は意外と多く、しかも身近なところにあるもの。飼い主としてまずできることは、手の届くところに危険なものを置かないように徹底するという事です。

一度誤飲・誤食をしてしまった猫は、同じことを何度も繰り返してしまう傾向があります。一度でも有害物質の誤飲があった場合は、今まで以上に注意をしてあげることが大切です。

おわりに

飼い主がどんなに注意していても、猫は誤飲・誤食をしてしまう事があります。いつもと違うと感じたら、慌てずに落ち着いてできることを行うこと。

中毒は早期治療が大切なので、速やかに病院へ連絡をして獣医師からの指示に従い、病院で診てもらいましょう。

いつまでも元気に愛猫と過ごすために、いざというときの対処方法を身につけておきましょうね。

関連記事

  1. 猫の年齢早見表!人間の年齢に換算すると?年齢ごとの特徴やケア

  2. 猫トイレ~ライフスタイルに合った選び方~

  3. 猫が爪とぎをする理由と対策!おすすめ爪とぎランキング

  4. 元ペットショップ店員おすすめ!猫用おもちゃと飽きない上手な遊び方

  5. 猫が食べてもいい食物とは?身近な物もチェック!

  6. 【誰でもわかる獣医さん講座】猫の口臭は怖い病気?原因・対策・ケア方法

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)