キャットフードは肉 or 魚?猫ちゃんにとって最適なのはどっち?

みなさんの愛猫ちゃんたちは、魚味のキャットフードと肉味のキャットフード、どちらを食べているでしょうか。

なんとなく食いつきがいいから、という理由で今のキャットフードを選んでいる方もいるかと思いますが、それらの違いは味だけではないということをご存知でしょうか。

実はキャットフードに含まれる栄養成分などが大きく変わってくるのです!

そこでここでは、魚味のキャットフードと肉味のキャットフードの違いを徹底的に分析していきたいと思います。ぜひキャットフード選びの参考にしてみてくださいね。

まずは猫の生態をみてみよう!

キャットフードを分析する前に、まずは猫ちゃんの生態から学んでいきましょう。

猫ちゃんの食性について意外とよく知らない方が多いと思いますので、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

猫は立派な肉食動物!

一昔前は猫ちゃんに「ねこまんま」を与えていた方が多かったためなのか、猫ちゃんは雑食だと思っている方が意外と多くいらっしゃいます。

しかし、猫ちゃんはライオンなどと同じ食肉目に属している立派な肉食動物で、かつては鳥や小動物などを捕獲して食していました。

そのため、猫ちゃんは肉の消化が得意です。そして肉はタンパク質が豊富に含まれていることから、タンパク質の消化を得意としているのです。

また、肉食動物といっても肉だけを食べていたわけではありません。というのも、草食動物を食すときは肉だけを食べているわけではないのです。

草食動物の内臓には植物が消化された状態で入っているため、それを食べることで間接的に植物からの栄養素も確保していたのです。

猫ちゃんは植物を消化することが苦手なためとても賢く、効率的ですよね。

猫は魚を食べているイメージが強い理由

「お魚くわえたドラ猫~」という歌があるように、猫ちゃんといえば肉より魚を食べているイメージが強い方は少なくありませんよね。

では、猫ちゃんは肉食動物にもかかわらず、なぜ魚を食べているイメージが強いのでしょうか。

その理由は日本の土地柄にあります。日本は四方を海に囲まれている島国ですから、昔から漁が盛んで魚がたくさん採れました。その影響から、猫のエサとして魚をあげる方が多かったのです。

猫ちゃんは魚が食べられないわけではありませんし、魚にも肉と同じようにタンパク質が豊富に含まれています。

また、猫ちゃん自身が肉を容易に手に入れることができなかったことから、日本の猫ちゃんは魚を食べるようになり、猫=魚というイメージが強くなったのです。

これはあくまで日本のお話ですから、他の国では猫=魚のイメージはあまりないそうです。

しかし、その国の特徴的な食べ物をよく食べるイメージがあるという点では日本と同じです。例えばイタリアはパスタが有名ですが、そんなイタリアでは猫もパスタをよく食べるそうです。

魚味のキャットフードをトコトン知ろう!

猫の食性などがわかったところで、今度は魚味のキャットフードについて知識を深めてみましょう。ということで、原材料の種類やメリット・デメリットをご紹介していきます。ぜひ魚味のキャットフード選びの参考にしてみてくださいね。

原材料にはこんなものがある

ひとくちに「魚味」といっても、原材料にはさまざまな魚が使われていますが、まぐろやサーモン、カツオ、タイ、アジなどを原材料としているキャットフードが多いようです。また、キャットフードによってはこれらの魚をブレンドしているものもあります。

パッケージを見た時、原材料の欄に「魚介類」や「白身魚」など、具体的な魚の名前が書いていないことがありますが、国内で手に入るキャットフードは厳しい安全基準が設けられています。安全性には問題ありませんので、ご安心くださいね。

魚味のキャットフードを与えるメリット

魚味のキャットフードを与えるメリットはたくさんあります。ここでは、魚に含まれる栄養成分に注目して、それぞれのメリットをご紹介していきます。

【低カロリー】
魚全般にいえることですが、特に白身魚は低脂肪・低カロリーのため、ウェイトコントロールをしている猫ちゃんにおすすめです。

【高タンパク質】
猫ちゃんは肉食動物、とご紹介しましたよね。そのため、高タンパク質な食事は猫ちゃんが本来生きるうえで必要な栄養素を補うことができます。また、タンパク質の消化を得意としているため、猫ちゃんがなりやすい便秘を予防する効果もあります。

【タウリンが豊富】
猫はタウリンを体内で作ることができない、いわゆる必須アミノ酸の一つです。タウリンは目や心臓、肝臓などの健康を保つ働きがあります。魚にはこのタウリンが豊富に含まれているため、健康維持に欠かせないのです。

【EPAとDHAが豊富】
EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)はオメガ3系脂肪酸というもので、皮膚炎や関節炎、高脂血症に対する効果があったり、心臓や腎臓を健康に保ったりする働きがあります。

魚味のキャットフードを与えるデメリット

一般的に、生の魚、特にまぐろやサバなどの青魚には不飽和脂肪酸が多く含まれています。この不飽和脂肪酸は体の中のビタミンEを破壊してしまうため、たくさん摂取してしまうと「黄色脂肪症」という病気になってしまうことがあります。

黄色脂肪症はお腹や胸にたまった皮下脂肪が、酸化して炎症を起こしてしまう病気のことで、その脂肪が黄色く見えることからこの名前がついているようです。

ただし、市販のキャットフードであれば、ビタミンEが多く含まれているため、過剰に心配する必要はありません。もしどうしても心配であれば、サーモンなど白身魚がメインのキャットフードに変更したり、ビタミンEのサプリメントを与えたりしてみてはいかがでしょうか。

肉味のキャットフードをトコトン知ろう!

魚味のキャットフードについて知識が深まったところで、続いては肉味のキャットフードについて知識を深めてみましょう。 

原材料にはこんなものがある

肉味のキャットフードは、チキンやターキー、ビーフ、ラム、鹿肉などを原材料としているものが多いようです。

パッケージを見た時、原材料の欄に「肉原料」「肉類」「ミートミール」「肉副産物」と書いてあることがありますが、骨や内臓といった、人間の食用として使われない部位を利用したものをさします。

「ミートミールは危険!」と耳にしたことがある方がいるかもしれませんが、日本で製造されているものであれば安全基準をクリアしていますし、あまり不安に思う必要はありません。

むしろ野生で肉を食べていた時代は当然獲物の内臓や骨を食べていたので、自然の状態に近い原材料、ということもできます。

肉味のキャットフードを与えるメリット

しつこいようですが、猫ちゃんは肉食動物です。そのため、肉味のキャットフードは、猫本来の食事に近づけることができます。

そのため、以下のようなメリットがあげられます。

・高タンパク質(魚より含有量が多い)
・比較的食いつきがよい
・消化しやすく、体への負担が少ない
・炭水化物が少なく、肥満になりにくい


また、肉にはビタミンやセレンが豊富に含まれているため、抗酸化力や免疫力が高まるといった効果もあります。

肉味のキャットフードを与えるデメリット


猫本来の食事に近いため、大きなデメリットはありませんが、魚と比較してタウリンが少ないため、不足してしまうことがあります。ただし、市販のキャットフードであればタウリンが添加してあるため、よっぽどのことがなければ不足することはありませんのでご安心ください。

また、肉によっては脂質が高い場合があります。特にビーフは脂質が高いため、太り気味の猫ちゃんや運動不足が気になる猫ちゃんは肥満に注意が必要です。

結論!キャットフードは魚味より肉味がおすすめ


結論から言うと魚味より肉味のキャットフードがおすすめです。というのも、やはり本来の食性に近いことが大きな理由の一つと言えます。

とはいうものの、市販のキャットフードであれば栄養成分やカロリーなどがある程度調整されているため、魚味と肉味であまり大きな差はありません。

例えば愛猫ちゃんが肉に対して食物アレルギーがあるのであれば魚味のキャットフードを選ぶべきですが、一番はやはり愛猫ちゃんの舌に合う方を選ぶとよいでしょう。

魚味のキャットフードを与えるときは
愛猫ちゃんが魚味のキャットフードを好む場合、やはり気になるのは不飽和脂肪酸です。

また、本来の食性とは異なりますので、魚味のキャットフードばかり与えるのではなく肉味も与えてみたり、茹でたささみをトッピングしてみたり、時々肉も与えることをおすすめします。


肉・魚別!猫ちゃんに人気のキャットフード3選

最後に、グルメな猫ちゃんたちの間でおいしいと話題のキャットフードを、肉味と魚味それぞれについてご紹介していきたいと思います。

人気のキャットフード~肉味編~

【ロイヤルカナン インドア】

こちらは肉類(鶏、七面鳥)が主原料で、魚油(EPA/DHA源)が配合されています。

とにかく食いつきが良いと好評で、多頭飼いの場合でもみんなよく食べてくれるという口コミが多くみられました。

↓↓↓

ロイヤルカナン♩♩

>>詳細はこちら!!<<




【ピュリナ ワン 避妊・去勢した猫の体重ケア】

こちらはターキーが主原料で、フィッシュミール(魚を粉末にしたもの)やアミノ酸類(タウリン)も配合されています。

やはり食いつきがよいとい口コミが多く、食べ始めてから痩せた、病気をしなくなった、便の状態がよくなったなど健康に関する口コミが多くみられました。

ピュリナワン 避妊・去勢した猫の体重ケア
避妊・去勢後から全ての年齢に ターキー

amazon楽天


【サイエンスダイエット インドアキャット】

こちらはトリ肉(チキン、ターキー)が主原料で、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)が配合されています。食いつきがよく、飽きずに食べてくれる猫ちゃんが多いようです。

また、体重が維持できる、病気知らずという口コミが多くみられました。 

サイエンスダイエット インドアキャット アダルト チキン 成猫用

amazon楽天

人気のキャットフード~魚味編~

【ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー サーモン】

生のサーモンが第一主原料として使用されていて、乾燥チキンやビタミンEをはじめとしたビタミン類が配合されています。食いつきがよく、食べ始めてから痩せたという口コミがみられました。

また、アレルギーの猫ちゃんやシニアの猫ちゃんに関しては、食べ始めてから調子が良くなったという口コミが目立ちました。

ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー猫 アダルト サーモン

amazon楽天


【モンプチ プチリュクス パウチ まぐろのささみ添え】

こちらは魚介類(かつお、まぐろ、フィッシュエキス)が主原料で、肉類(ささみ)やビタミンEが配合されている魚と肉のバランスがよいキャットフードです。

匂いや食いつきがよいという口コミが多くみら、このキャットフードの袋を見るだけで大興奮する猫ちゃんが続出しているようです。

モンプチ プチリュクス パウチ 成猫用 まぐろのささみ添え

amazon楽天


【銀のスプーン 贅沢うまみ仕立て お魚づくし】

原材料は肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)や魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、煮干パウダー、鰹節、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥シラス)で、ビタミンEをはじめとしたビタミン類が配合されています。

食いつきがかなりよく、かつおぶし仕立てのためか匂いがよいため、遠くからでも猫が飛んでくるとのことでした。

銀のスプーン 贅沢うまみ仕立て お魚づくし

amazon楽天

おわりに

いかがでしたか?猫ちゃんといえば魚のイメージだったので、本当は肉食動物だったなんて、意外でしたよね。

魚味のキャットフードであっても、肉味のキャットフードであっても、メリットやデメリットがそれぞれにあります。また、猫ちゃんは私たちが思っている以上にグルメなので、肉味のキャットフードを食べさせたい!と思ったところで、たくさん食べてくれるとは限りません。

そのため、グルメな愛猫ちゃんとよく相談し、愛猫ちゃんの要望に合ったキャットフードを選んであげてくださいね。


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. フランス産から韓国産へ!ロイヤルカナンキャットフードの口コミ・評判

  2. プレミアムキャットフード比較ランキング5選!!

  3. おすすめ室内猫用キャットフードと選び方!

  4. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  5. ヨーロッパ産キャットフードとおすすめ8選!

  6. キャットフード選びの参考に!AAFCOについて学ぼう

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)