猫の避妊・去勢手術のメリット。適した時期や費用について

猫を迎い入れ共に暮らす際に考える「避妊・去勢手術」

愛猫の子供を望まないけれど、室内で1匹飼っているだけだから手術は必要ないのではないか、手術は猫の体にも心にも負担があるのではないかと悩みますよね。

ここでは猫の避妊・去勢手術の必要性や手術に適した時期、費用についてまとめました。

猫の避妊・去勢手術は必要?

よく耳にする「去勢手術」とはオスの精巣を摘出することを指し、メスの場合は「不妊手術」と言われ卵巣と子宮を摘出することを言います。また、正式には両方を合わせて「不妊手術」と呼ばれています。

不妊手術した場合、あとで愛猫の赤ちゃんが欲しくなっても産ませることができなくなるというデメリットが存在します。将来的に赤ちゃんを望むのか望まないのか、赤ちゃんができた場合経済的に受け入れられるのかを考え、不妊手術を行うかどうかを決断する必要があります。

避妊・去勢手術を行うと望まない妊娠出産の予防をすることができます。さらに予防できる病気がいくつかあり、性行為により移る感染症の予防にも繋がります。

発情するとホルモンの分泌により、乳腺が刺激され乳腺腫瘍になる可能性があります。多くの場合はメスがかかるとされていますが、オスでもなることのある乳腺腫瘍は、ほとんど場合悪性で死に至る可能性のある病気です。

その他にもメスは子宮蓄膿症、子宮がん、子宮炎、卵巣がんなどの子宮や卵巣の病気の予防に繋がり、オスは精巣腫瘍や尾腺炎、前立腺の病気、肛門周辺の腫瘍などの予防に繋がります。

猫の発情期時の行動ってあるの?

猫は発情期を迎えると行動に変化が見られます。具体的にどのような変化が見られるのでしょうか?

メス猫編

発情期特有の大きな声を発し、背中を撫でるだけでもお尻を高く持ち上げ交尾の体制に入ったりします。

その他にも身をよじり床にクネクネとしたり、頭を擦り付けてきたりと、一見可愛い仕草にも見えますが、発情だけを繰り返すのは心身ともにストレスが溜まる要因となります。

オス猫編

マーキング行為というニオイの濃いおしっこをトイレ以外にするようになります。去勢手術をするとマーキング行為をしないと言われていますが、一度マーキング行為を覚えてしまうと行為自体残ってしまう場合もあるようです。

その他にもメスを求めて外に出ることが増え、ケンカによる怪我や交通事故のリスクが高まります。

猫の避妊・去勢の手術について

不妊手術には全身麻酔を用いて行われます。

メス猫は開腹手術で行われ、卵巣と子宮を摘出します。手術を受ける猫の年齢や子宮の状態、病院よって異なりますが、卵巣のみを摘出する「卵巣摘出術(卵摘)」を行う場合もあります。

オス猫の手術は陰嚢(睾丸を包む袋)に小さく切れ込みを入れ、中の睾丸(精巣)を摘出します。摘出後縫合しなくても傷口は閉じますが、獣医師により縫合したりしなかったりと差があるようです。

避妊・去勢手術の適した時期

初めての発情期を迎える前の生後6ヶ月頃が理想とされています。

もし発情期を迎えてしまっても、手術自体は受けることはできます。発情中に手術をすることもできますが、かかりつけの病院で相談してください。

猫の避妊・去勢手術を避けたい時期

お盆休み前や年末年始の長期休暇前に手術をしてもらえると、飼い主にとってはずっと様子を見ていられて安心かと思います。

ですがもし、手術を受けた病院も長期休暇に入ってしまったら、「猫が傷口を留めていた糸を舐めて外してしまった」「傷口を舐めて化膿してしまった」「術後何日もご飯を食べてくれない」など、心配事があった時に病院に連れて行けないとなるととても困りますよね。

このことから、手術を受ける病院の長期休暇前は避けたほうがいいと言えます。事情があり連休前に手術をする時は、連休中も営業している病院の情報を頭に入れておくと慌てずに済みますし、心の負担も軽減できます。

猫の避妊・去勢手術後のケア

術後はメスの場合は1~2日の入院が必要となり、オスの場合は日帰りか1日入院をして様子を見るというケースに分かれます。

退院直後にいきなりおもちゃで興奮させたりするのは、傷口が開く危険がありますので控えましょう。手術のために馴れない環境に置かれ、手術を受けるという怖さを乗り越え帰ってきた愛猫には、かまい過ぎずリラックスできる環境を提供し、ゆっくり休ませてあげましょう。

また、飼い主さんは傷口が開いていないか、傷口が膿んでないか、食事は摂っているか、便の状態は正常かなど体調の変化に気をつけて見守りましょう。

猫の避妊・去勢手術費用はどれくらいかかるのか

動物の医療費は人間のように保険制度はなく全額負担です。自由診療となりますので、同じ病気や手術でも病院が変われば費用も変わります。

どれくらい手術費用がかかるのか前もってわかるといいですよね。

猫の性別で差がある手術費用

メスは2~4万円、オスは1~2万円が一般的な相場のようです。費用については手術費用・入院費用・追加費用など、トラブルを防止するためにも必ず手術を受ける前に病院に確認しましょう。

手術を受ける病院は「近ければいい」「費用が安ければいい」「費用が高ければ技術力が高いはず」とかではなく、言葉を話せない愛猫を任せるのに値する病院なのかを口コミなどを参考にして選びましょう。

助成金が使える場合もある

避妊・去勢手術にかかる費用の負担を少しでも軽減できたら嬉しいですよね。助成金には主に「市区町村の助成金」「獣医師会の助成金」があります。

市区町村の助成金の場合、費用を一部負担してくれる制度なのですが、飼い主のいない猫を対象とすることが多いようです。中には飼い猫も利用できる自治体があるようですので、お住まいの市町村の情報を調べてみることをおすすめします。

獣医師会の助成金の場合、地域により「地域猫限定」や「対応している地域で設定した予算内まで」など種類があるようですが、飼い猫にも対象になることが多く見受けられます。

利用する際は獣医師会に所属する動物病院で手術を受けることになりますが、お住まいの地域の獣医師会に詳細を確認することをおすすめします。

おわりに

いかがだったでしょうか?

愛猫の避妊や去勢を行うかどうかは、飼い主にとっても大きな決断ですよね。簡単に決められることではないので、きっとたくさん悩まれていることと思います。

しかし、猫の成長は私たち人間よりも遥かに早いもので、発情期を迎える6ヵ月頃まではあっという間に過ぎてしまいます。避妊や去勢についてきちんと理解した上で、愛猫や家庭の環境に合わせて早めに考えることが大切です。

関連記事

  1. 猫が爪とぎをする理由と対策!おすすめ爪とぎランキング

  2. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  3. 愛猫がキャットフードに飽きる理由と6つの対処法!

  4. 猫の耳掃除!正しいやり方や頻度について

  5. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  6. 猫があまり水を飲んでくれない原因と対処法

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)