猫が食べてもいい食物とは?身近な物もチェック!

私自身、生まれた頃から猫とともに過ごしてきましたし、実家に帰ればお出迎えをしてくれます。そんな大切な家族にも野菜や果物、穀物を与えてもいいのでしょうか?

そういや、わたしがまだ幼かった頃、祖母が白米に鰹節(たーまにお味噌汁入り)を混ぜた「ねこまんま」を愛猫に与えていましたが、それってどうなのでしょうか?

どの食べ物なら安心して食べてもらっていいのか、また、猫にとって健康に良い食べ物はあるのか、本記事では徹底リサーチしたものをまとめています!

愛猫の健康は飼い主さんがつくります。ぜひ、参考にしてみてくださいね♩

まずは猫の食性について知ろう!

猫は食肉目ネコ科に属している肉食動物になり、祖先と言われているスーダイルルスには、今現在の猫と同じ特徴が歯に見られています。

肉食動物というのは肉を食べる時に噛み切り、咀嚼はせずそのまま丸のみにしています。

肉を切る歯があれば良いということになるので、猫には30本しか歯がなく、草食動物にあるようなすりつぶす役目をしてくれる臼歯もありません。

なぜ、猫は咀嚼をしないのでしょうか?

それは、肉は消化が良い食べ物なので咀嚼する必要がないということです。私達人間からすると肉の方が消化しにくそうと思いがちですが、猫にとっては違います。

猫の体は消化器官が単純に出来ており、腸が2メートルほどとかなり短く、動物性の食物を無駄なく消化・吸収できる仕組みになっています。

逆に、穀類や野菜の消化はあまり得意ではありません。 なぜなら、これら植物系を消化・吸収する場合には特別な消化器官と消化方法が必要だからです。

植物系を消化・吸収するためには草食動物のような長い腸が必要です。例えば、牛の腸の長さが50メートル以上もあって胃は4つあるように、草食動物は複雑な消化器官を持っているのです。

近年の猫は人の食べ物を何でも食べるようになってきたましたが、人と比べて必要な栄養素の種類や量にも違いがあり、食べると健康を害するものもたくさんあるのです。

猫にとって必要な栄養素はなに?

猫にとって必須と言われている5大栄養素は、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル、炭水化物です。なかでもたんぱく質は、猫にとって重要な栄養素とされています。

たんぱく質はアミノ酸がくさり状になって構成されている栄養素で、猫の体で合成できない必須アミノ酸のタウリン、必須脂肪酸のアラキドン酸、ビタミンA、ナイアシンは欠かせない栄養素です。

猫の体の臓器、筋肉、皮膚、被毛を作る素になったり、ホルモン、酵素、抗体をつくるためにも使われています。

では猫に必要なたんぱく質の量はどのくらいなのでしょうか?

体重1キログラムに対して一日に必要なたんぱく質の量は、人間が1.2gに比べ、猫は7.0gとなっており、人間よりも多くたんぱく質が必要なことが分かりますね。

ペットフードの栄養に関する基準や、ラベルの表示規定などを定めているアメリカの政府機関のAFFCOでも、ペットフードの中に最低ラインでも26%のたんぱく質が必要とされています。

しかし本来猫は肉食なので、そのことを考慮し、さらに多くのたんぱく質が必要なのではないかと言われているのです。

さらに、摂取するたんぱく質も動物性のたんぱく質が良いと言われています。先にお話しさせて頂きましたように、植物性のたんぱく質に対しては猫の消化能力が高くないからなのです。

また、水分も猫にとってはとても大切です。意外かと思いますが、猫の体は、水分が60~80%を占めており、子猫の場合もさらに多い傾向があります。

ですが、猫は他の動物に比べてあまり水分をとっているわけではありません。これは、猫の先祖にあたるリビアヤマネコが砂漠で暮らしていた名残となっています。

なぜなら、砂漠には水分が十分とは言えません。体から尿などで出てしまう水分が多いと、脱水症状などになってしまい命に関わります。

その結果、猫は腎臓で尿を凝縮して、体の外に出す水分を少量にしているので、猫はあまり水分を取らない体の仕組みになっています。

猫に1日に必要な水分量は、150ml~200mlくらいです。


個体によって差はありますが、1㎏に対して、50mlくらいの水分が必要となってくるので、猫の体重に合わせて水分を与えるようにして下さいね。


猫が食べてもいい主な野菜!

 
「うちの猫は野菜が好き!」という飼い主もいらっしゃるのではないでしょうか?

人間にとって野菜はとても健康なイメージで体に害をもらたすことはないようですが、猫が食べて良い野菜とはどんなものがあるのかご存知の方も少ないかと思います。

そこで、猫が食べても良い野菜についてご紹介します。

★ 白菜やレタス

白菜やレタスは食物繊維やミネラルが豊富に含まれており、猫にとって有害なものは含まれておりません。

猫草代わりにもなりますし、ほとんどが水分なので水分補給代わりにもすることが出来ます。与え方としては、白菜は白い部分は茹でてあげましょう!

緑の部分は生で食べることも出来ますが、消化を良くするために加熱し、食べやすい大きさに切ってあげることをお勧めします。

レタスは生で与える場合は小さく刻んで消化を助けるようにし、加熱する場合は、レタスの栄養素が失われてしまうので、短時間でさっと加熱するようにして下さいね。

★ 芋類

ジャガイモはビタミンC、ビタミンB6、鉄分、マグネシウムという成分が含まれており猫にとって健康的な野菜と言えますが、ソラニンという毒素が含まれるため気を付ける必要があります。

皮や芽を残さず取り除き、茹でて食べやすい大きさに切ったり、つぶしてあげましょう。ソラニンを除けば、ジャガイモはとても優秀な野菜です。食物繊維が多く、消化にも良いので便秘の猫にはお勧めです!

また、サツマイモにも食物繊維は沢山含まれており、腸の働きを助けてくれます。ジャガイモ同様に便秘の改善も出来、がんや高血圧予防にもなってくれますよ!

与え方としては、薄く輪切りにして茹でたり、レンジで加熱して猫に与えると良いでしょう。

どちらも炭水化物やビタミン、ミネラル、鉄分が豊富に含まれていますが、高カロリーなので与えすぎには要注意です。

★ 大根

大根は90%以上が水分で出来ているので、水分補給代わりになり、さらに猫にとって有害なものは大根には含まれていないため、安心して与えることが出来ます。

与え方としてはそのまま生で、またすりおろして食べやすい形にしてあげることをおすすめします。

★ 人参

猫にとっても人参は、低カロリーで栄養も沢山あるので健康な野菜です。おやつでも人参が混じっているものは沢山あり、肥満気味の猫にはダイエットの為にも良いと言われています。

βカロテンが豊富に含まれているので抗酸化作用によってアンチエイジングが期待でき、疲労回復が早いと見込まれています!

そのため、人参は猫が若いうちから人参を摂取しておくと良いと言われているので、喉に詰まらないように細かく切って与えてあげましょう。

生のままの状態の人参を与えると消化に悪く、お腹の調子が悪くなってしまうこともありますので必ず加熱することを忘れずに!

もっと人参の栄養を猫に摂取させたいという方には、すりおろしが良いでしょう。消化吸収もよくなり、人参の細胞の中にある酵素も活性化して倍以上の酵素を摂取することが出来ますよ。

★ 豆類

猫に与えても良い豆類は、小豆、大豆、ひよこ豆、枝豆など。逆に与えてはいけないのは、コーヒー豆やカカオ豆です。

与えてよい豆類にはアミノ酸が沢山含まれており、良質なたんぱく質も豊富に含まれています。ですが、そのままの状態では消化に悪いため、茹でで刻んであげたり、つぶして猫に与えるようにしてあげて下さい。

★ トマト、キュウリ

トマト、キュウリは共に身体を冷やしてくれる効果がありますが、水分量が豊富なため、食べ過ぎてしまうと逆に体を冷やす過ぎてしまうということがあるので気を付けましょう。

また、猫にとってもトマトは癌や肝臓の病気に効果があり、ダイエットにも期待が出来るそうです。

トマトに含まれるリコピンは油によって炒めたり、煮込んだりすることで吸収力が高まりますので、生の状態よりも加熱した状態のスープなどにして与えることをお勧めします。

キュウリも熱中症対策におやつとして与える方も多いです。猫にとって有害なものは含まれていないので、猫が食べやすいサイズに切ってあげて与えてあげて下さい。

猫が食べてもいい主な果物!

 
では次に猫が食べても良い果物についてご紹介させていただきます。

★ りんご

ビタミンCやカリウム、ミネラルが豊富に含まれており、食物繊維も多く腸内環境を整えてくれて便秘に効果ありと言われています。

猫のとって有害な成分も入っていないので、食べやすいように小さくカットしてあげるか、すりおろして与えましょう。

★ いちご

いちごにはビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。いちごは栄養価も高く、とてもヘルシーな果物です。

へたをつけたまま洗い、その後にへたを取って猫に与えてあげましょう。先にへたをとって洗ってしまうと、水溶性のビタミンが水と一緒に流れていってしまいます。

大きいいちごの場合は、消化の良いように食べやすいサイズに切って与えてあげて下さいね。

★ 梨

梨のほとんどは水分で出来ており、低カロリーなので熱中症対策には優れた果物です。また、含まれているソルビトールは便を柔らかくしてくれる効果もあるので、便秘解消の効果もあります。

与え方としては、皮は与えないようにし、おやつ程度に一口与えるくらいが望ましいです。

★ 桃

水分が豊富に含まれている桃は水分補給代わりになります。食物繊維が豊富で腸の働きを助けてくれますので、便秘解消に効果がありますよ。

皮、種を取り除いておやつ替わりに与える程度にしておきましょう。

ところが、桃の種にはアミグダリンという物質が含まれており、これは毒になります!そのままだと無害な物質ですが、胃酸などにより分解されて青酸を作ってしまうので注意が必要です。

★ クランベリー

クランベリーには尿を酸性に保つ効果があり、尿石症の予防や、膀胱炎やストルバイト結石などにも効果があると大注目されています!

与え方としては、生の場合はクランベリーを様子を見ながら少しずつ与えてあげて下さい。

加工されているクランベリーも多く、ジュースやおやつでも見かけることがあるかと思いますが、砂糖が沢山使われている場合が多いので、加工されているものは避けるようにしましょう。

猫が食べてもいいその他の身近な食材をチェック

他にも猫が食べて良いものはあるのでしょうか?
では次に猫が食べても良いものをご紹介させて頂きます。

★ ゆで卵

猫にゆでたまごを与えること自体に問題はありませんが、絶対に加熱し、ゆでたまごの状態にしてあげる必要があります。

その理由としては、卵の白身の部分に含まれているアビジンが猫にとって大切なビオチンを破壊してしまうからです。

また、黄身だけの場合は生で与えても問題なく、沢山の栄養素が含まれておりますので、弱っている猫にも与えることが多いです。

★ プレーンヨーグルト、カッテージチーズ

猫にとってプレーンヨーグルトやカッテージチーズは食べても良い乳製品です。

プレーンヨーグルトは、牛乳から作られているので下痢の心配も少なく、口臭予防や、猫の腸内の乳酸菌を増やして腸の環境を整えてくれる効果もあり、同時に腸を活発化してくれるのです。

カッテージチーズには良質なたんぱく質、カルシウム、ビタミンなどが含まれており、プレーンヨーグルトと同様に、下痢をする心配もほとんどありません。

ですが、人間用のチーズを猫に与えるのはやめましょう。塩分も高く、脂肪分も多いものがほとんどです。
猫用チーズも販売されておりますので、そちらをお勧めします。

★ 無塩煮干し、かつお節

煮干しはビタミン、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄を多く含んでいます。そのため貧血予防、骨の強化にもつながりますが、与え過ぎると塩分のせいで病気になってしまうことがあります。

主な病気は結石や黄色死亡症など。それを避けるためにお勧めするのが猫用の無塩煮干しです!

そちらを与えると病気の心配もなく、飼い主も安心かと思います。鰹節に関しても同じことが言え、無塩の鰹節やペット用の鰹節を利用することをお勧めします。

★ ごはん、麺

ごはんは猫に与えても良い穀物類ではあります。消化に悪いと思われると思いますが、お米は別で消化が悪いということは少ないと言われています。

結果、高でんぷん質な食べ物に比べると便秘などを引き起こすことは少ないと言われているのです。

麺に関しては、消化・吸収に良いうどんは食べても問題ないといわれています。しかし、塩分が含まれているものには注意をしないといけませんし、小麦アレルギーがある猫には食べさせてはいけません。

ゆでめんを使い、細かく切って茹でて味付けなしであげて下さい。

★ 加熱した魚介類

猫の祖先や野生の猫は魚介類を食べることがありませんでしたが、実は沢山の栄養素が含まれています。

しかし、加熱は必須です!

特に、青魚、イカ、タコ、貝類、甲殻類は、チアミナーゼという猫にとって、とても大切な栄養素のビタミンB1を破壊してしまう成分が含まれているので、生で与えないように心がけましょう!

このビタミンB1を破壊してしまう成分のチアミナーゼは熱に弱いため、生魚を加熱することによって与えても大丈夫になることがあります。

ですが、猫に与える量には注意が必要で、大量に与えるには避けるようにしましょう。

★ 加熱した肉類

猫はもともと肉食動物ですが、生肉を与えるのはあまり良くありません。なぜなら、寄生虫や菌が潜んでいる可能性が高いからです。

猫に肉を与えたい場合は必ず加熱をしましょう!

与え方としては、食べやすく詰まらせないように肉を加熱したあと、必ず包丁やフードプロセッサーで細かくしてあげて下さい。

「ねこまんま」は猫にとっていい?悪い?

猫にとって重要な栄養素はタンパク質です。

ねこまんまはお米である炭水化物がメインとなってしまい、猫にとっては栄養不足となってしまうので良くないと言われています。

また、ねこまんまにかけられる汁物といえば、かつお節やお味噌汁などが多いかと思いますが、これはミネラルや塩分のとりすぎになる為、猫にとっては良くありません。


おわりに

いかがでしたでしょうか?

ねこまんまについてもお話しさせて頂きましたが、猫にとって毎日のご飯はキャットフードが基本です。

上記で紹介した食べ物は、キャットフードのトッピングやおやつにもおすすめなので、それぞれの食物の適切な与え方や量を守り、様子を見ながら与えていきましょう。

今まで、猫が食べたいものを与えていたという方にとっては、少し我慢させることになるので辛いことかもしれません。ですが、それが猫の為なのです。

愛する猫は健康で長生きをしてほしい!そのためにも、猫の食事に配慮してあげて下さいね。

関連記事

  1. 猫のあくびには意味がある!種類や体調を見分ける方法とは?

  2. 猫の耳掃除!正しいやり方や頻度について

  3. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  4. 猫に療法食を食べてもらうには?押さえるべきポイントと注意点

  5. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  6. 猫の年齢早見表!人間の年齢に換算すると?年齢ごとの特徴やケア

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)