ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!


最近、雑誌で目にするドライタイプのキャットフード「ねこはぐ」。モデルさんの猫ちゃんも愛用しているとの事で、instagramなどで見かけた方もいるのではないでしょうか?

しかし、よーく見てみると…

・評判、評価は?
・公式サイトでしか販売してないの?
・本当にこのキャットフードは大丈夫?

なんて疑問が湧いてきませんか?

本記事では、そんな「ねこはぐ」についてわかりやすく徹底的に解説いたします!!

ねこはぐキャットフードについて

原材料は国産のみを使用

「ねこはぐ」は、全て国産原料を使用し、添加物を一切使用していないキャットフードです。公式HP上に記載された原材料の産地を見てみると、この通り全て国産です。

・鶏肉:九州産若鶏を100%使用
・かつお節:九州産かつお節を100%使用
・野菜:国産の大根葉、人参、キャベツを使用
・雑穀:国産の黒米、赤米、玄米、大麦を使用
・その他:煮干し・こんぶ・わかめも全て国産


もちろん、製造も日本国内で行われているそうです。

添加物は酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤を使用していないと徹底的なこだわりっぷりです。

お値段は高め

「ねこはぐ」の通常価格「6,980円」というのを見て、驚かれた方も多いのではないでしょうか。実際にAmazonで販売されている、同じ1.5kg入り(約1ヶ月分)のドライフードと価格を比較してみました。

【1.5kg入りキャットフード(ドライタイプ)価格比較】

※ 2018年12月現在
※ 買い切りの場合の価格で比較しています。
※ 療養食のキャットフードは含んでおりません。
※「ねこはぐ」は、公式サイトの通常販売価格で比較しています。

グラフにしてみると一目瞭然ですが、「ねこはぐ」が圧倒的に高価です。通常販売価格ですと、1日50g食べるとすると約233円…少々買うのを躊躇してしまう価格ですね。

メリット、デメリット

「ねこはぐ」の特徴を簡単にまとめてみました。

◎ メリット

・全て国産原材料を使っている
・添加物不使用(厳密には酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤不使用)
・人間でも食べられる
・子猫からシニア猫まで食べれる

△ デメリット

・ちょっとお高い
・初心者には聞きなれない用語が公式サイトに沢山書いてある
・販売方法がわかり辛い

国産原材料にこだわっている所などは魅力的ですが、聞きなれない用語や販売方法がわかり辛いですよね。

ねこはぐキャットフードが安心安全な3つの理由


①ヒューマングレード

【ヒューマングレードとは】
ヒューマングレードとは、一言で言うと「人間が食べてもOKな品質」。これだけ聞くと「高品質で安心安全!」と思う方も多いと思いますが、実は、この「ヒューマングレード」には具体的な基準がありません。

例えば、粗悪な肉を使って「ヒューマングレード」をうたう事もできちゃいます。「ヒューマングレード=品質が良くて安心安全」という訳では必ずしもないので、くれぐれも気を付けましょう。

【「ねこはぐ」は本当に安心安全?】

それでは「ねこはぐ」は本当に高品質で安心安全な、ヒューマングレードに値するものなのでしょうか?答えは「Yes」。良いキャットフードの見極め方は、大きくわけて以下の4つです。

1)原材料や原産国、製造工場が明確かつ安心できる国であること
2)「肉副産物」「家禽ミール」「ミートミール」が含まれていないこと
3)添加物が過剰に含まれていないこと
4)肉や魚が、お米・麦・トウモロコシなどの穀物類よりも多く、バランスよく配合されていること


1)の原材料については、100%国産原材料を国内工場で製造しているとの事ですので、問題ありませんね。工場についても、国内GMP認定食品工場で製造しているようですので、安心安全といえるでしょう。

他の項目については原材料を見れば一目瞭然です。「ねこはぐ」の原材料表示を見てみましょう。



最も使用量の多い素材から順番に記載されていますが、鶏肉が最も使用されており、トータルすると「肉類:穀物:野菜」が猫にとってバランス良く含まれているように見えます。

添加物についてはミネラル類やビタミン類、タウリンが配合されていますが、栄養補助目的が主なので問題ないと思われます。

また、原材料が何かが明確化されておらずに骨が含まれている可能性もある、肉副産物(哺乳類の内臓や骨が混ざった肉以外の部分)、家禽ミール(鳥の肉と皮を油を搾って乾燥させたもの)、ミートミール(哺乳類の内臓や骨が混ざった肉を乾燥させたもの)。

これらの不安原材料が一切含まれておらず、きちんと「鶏肉」や「鶏レバー」と表示されていますね。「ヒューマングレード」というだけあって、かなり高品質なキャットフートなようです!

【他のヒューマングレードおすすめキャットフード】

こちらの「ジャガー」も「ヒューマングレード」と明記され、本当に安心・安全・高品質なキャットフードで、ペットフード先進国・イギリス製のキャットフードです。

「えっ?国産じゃないの?」と思うかも知れませんが、実はペットフードの品質基準については、イギリスの方が厳しいんですよ!そんな中での「ヒューマングレード」ですから、品質には相当な自信があるのでしょう。

↓↓↓

ジャガー♩♩

>>詳細はこちら!!<<


②ノンオイルコーティング

【ノンオイルコーティングとは】

キャットフードは一般的に猫が食べたくなるような風味のついた油で表面をコーティングしていますが、「ねこはぐ」では油でコーティングを行っていないので「ノンオイルコーティング」です。

油でコーティングをする事により、猫の食いつきがよくなりますが、油を使う→酸化しやすくなる→すぐに品質が落ちる→添加物を使う。つまり、コーティング用の油の酸化を防ぐ為に添加物を使う必要があります。

「ねこはぐ」はこれを避ける為に、あえて油でコーティングしていないのです。

ただし「ネコはぐ」=「ノンオイル」という訳ではありません。原材料に含まれる鶏肉や鶏レバーには鶏本来の油が含まれています。これを酸化防止成分でもあるビタミンEを配合する事により、「ねこはぐ」から油分を程よく摂取できるようになっているようです。

また、オイルコーティングを行っているエサの中には「動物性油脂」という名目で、死んだり、病気にかかった動物から抽出した品質の悪い油が混ざっている可能性があります。そういう観点から見るとノンオイルコーティングは安心ですね。

【ノンオイルコーティングのメリット・デメリット】

簡単にノンオイルコーティングのメリットとデメリットをまとめてみました。

<ノンオイルコーティングのメリット>

・油の使用を抑える事で、油の酸化を防止する添加物を使わなくて済む
・良くない油でコーティングされている事を心配する必要がない
・コーティングオイルが食器についてヌルヌルしない

<ノンオイルコーティングのデメリット>

・食いつきが多少悪くなる可能性がある

まとめてみると、オイルコーティングについては、大きなメリット・デメリットは無いので、必要以上に気にするポイントではありません。

ただし、オイルコーティングのドライフードを選ぶ時は、必ず「動物性油脂」と書かれたものは避け、「チキンオイル」「菜種油」といった油の名前の入ったものを選びましょう(肉同様、質の悪い動物の脂が使われている可能性があります)。

【他のノンオイルコーティングおすすめキャットフード】

こちらの「ねこひかり」もノンオイルコーティングのキャットフードで、「ねこはぐ」同様、原材料も生産も国内で行っています。

残念ながら無料サンプルの申し込みは休止しているようですが、500g入りなので試しやすいですね。ただし、一食あたり約233円の「ねこはぐ」に対して、「ねこひかり」は一食あたり約248円と少しだけ割高です。

↓↓↓
ねこひかり♩♩

>>詳細はこちら!!<<

③グレインフリー・グルテンフリー

【グレインフリーとは?】

グレインフリーとは「穀物を使用していない」、つまりキャットフードの中にお米やトウモロコシ、小麦などを使用していないという事です。

猫は元々肉食の生き物なので、穀物の消化は苦手。穀物を使わない事で消化が良くなり、お米・麦などの食物アレルギーの発症リスクも減らせる。という考えで穀物を混ぜていないキャットフードが、グレイン(穀物)フリーのキャットフードです。

このグレインフリーについては専門家の間でも意見が分かれているようで、上記理由からグレインフリーを推奨する考えもあれば、穀物アレルギーが無いなら栄養バランスの観点から、少量は食べた方がよいという考えもあります。

【グレインフリーのメリット・デメリット】

<グレインフリーのメリット>

・穀物アレルギーを避けられる
・消化しにくい穀物を入れない事により、穀物消化による消化器官への負担が減る
・品質にこだわったキャットフードが多い

<グレインフリーのデメリット>

・穀物による分量の調節ができないため、高価なキャットフードが多い
・タンパク質が多く、炭水化物が少ない為、栄養素が偏る
・炭水化物とタンパク質のバランスの崩れにより、逆に高齢猫の内臓に負担がかかってしまう



【グルテンフリーとは?】

グルテンは小麦粉と水をこねる事により生まれる、たんぱく質のこと。簡単に言うと、グルテンフリー=小麦不使用という意味です。有名テニス選手やハリウッドセレブが実践している、「グルテンフリーダイエット」の「グルテンフリー」と同じです。

グレインフリーとよく似ていてややこしいですね。グレインフリーとグルテンフリーの違いはこんな感じです。

グルテンフリー:小麦不使用
グレインフリー:麦類、米類、トウモロコシ、その他雑穀等不使用


グレインフリーは小麦を含む穀物全般が使われていませんが、グルテンフリーは小麦などの麦類を使っておらず、お米や雑穀は使われている可能性があります。

【「ねこはぐ」は小麦粉不使用の小麦グルテンフリー】

「ねこはぐ」は腸内環境を良くする食物繊維など、穀物に含まれる栄養成分をバランスよく補給する為に少量の穀物は必要と考え、黒米、赤米、玄米、大麦が使われています。

一方、小麦については最近小麦粉アレルギーの猫が増えているとの事で使用していません。「ねこはぐ」は小麦粉アレルギーの子にも安心…と言いたい所ですが「大麦」にもグルテンはあるので、心配な場合は獣医師さんに相談してから与える事をオススメします。

【他のグレインフリーおすすめキャットフード】

もし、動物病院などで獣医師さんから「穀物アレルギー」と診断された場合は、「ねこはぐ」ではなく、グレインフリーのキャットフードをオススメします。

モグニャン

↓↓↓
 

モグニャン♩♩

>>詳細はこちら!!<<



シンプリー

↓↓↓

シンプリー♩♩

>>詳細はこちら!!<<



カナガン

↓↓↓
 

カナガン♩♩
 

>>詳細はこちら!!<<



モグニャンのみ広い意味で穀物にあたる豆類が入っていますが、シンプリーとカナガンは豆類が入っていません。もし豆類にアレルギーがある場合は、モグニャンは避けた方がよさそうです。

ねこはぐキャットフードの口コミ、評判

◎ 良い口コミ、評判

まずは良い口コミ、評判をまとめてみると、こんな感じです。

・添加物不使用でと国産だから安心
・開けると鰹節のような良い香りがする
・食いつきが良い
・健康状態が良くなった


多いのは添加物不使用や国産で安心!という感想でした。良い材料ばかり使われているからか、毛づやが良くなったという意見も!

風味づけの油でコーティングしていないので食いつきが不安でしたが、ドライフードそのものに猫の大好きな鰹節の良い香りがついており、むしろ食いつきが良いという意見も多数でした。

△ 悪い口コミ、評判

続いてはイマイチな口コミ、評判のまとめです。

・高い
・食べない/他のエサと混ぜても、ねこはぐだけ残す
・勝手に次のエサが送られてきた/解約方法がわかりにくい
・グレインフリーじゃないのがやはり気になる


一番多い意見が「高い」。一食233円とはいえ、50g以上食べる子も多いので、大きな子や多頭飼いの家ではかなりの出費に…。食べてくれないという意見もありますが、猫は好き嫌いの激しい生き物なので仕方のない事ですね。

気になるのは「勝手に次のエサが送られてきた」という口コミ。これは、「トクトク便」が断るまで毎月配送される定期購入のものと知らずに購入してしまったケースです。

「トクトク便」は初回のみ3,980円、2回目以降も1,000円引きで購入できますが、次回のお届け予定日の8日前までにキャンセルしないと毎月配送されてしまいます。

「トクトク便」で注文する時は、十分気を付けて下さいね!

ねこはぐの価格や購入方法

ねこはぐはどこで買える?

ペットショップ等キャットフード販売店を調べた限り、実際のお店で「ねこはぐ」は取扱っていませんでした。どうやら、通信販売限定なようです。

しかし、どうせ購入するなら楽天やAmazonなどの大手ショッピングモールの方が、ポイントも溜まるし、セキュリティ面でも安心ですよね。

探してみたところ、AmazonとYahoo!ショッピングで「ねこはぐ」が販売されていましたが、いずれも公式販売店の通常価格よりも高額でした。

公式販売店:7,538円
Yahoo!ショッピング:7,580円
Amazon:9,480円


いずれも税込価格です。Yahoo!ショッピングは50円高いだけですが、Amazonは2000円近く高いお値段となっています。

出品者は「ねこはぐ」発売元の「ペットハグ」ではなく、どちらも雑貨等を幅広く取り扱っているお店のようです。高額なのは公式販売店からの転売だからかも知れません。

価格面からこの2店舗で買うのはおすすめしませんが、どうしてもセキュリティ面などで不安な場合はAmazonやYahoo!ショッピングを利用するのも1つです。

通常購入と定期購入について

公式サイトを見ると、どうやら1回だけの通常購入と「トクトク便」という定期購入があります。

「トクトク便」であれば初回は3,980円、2回目以降は5,980円で手数料無料で購入できます。しかもクレジットカード決済なら500円引きととってもお得です。

約30日感覚で商品を届けるプランですが、配送日の8日前までなら電話かメールで解約ができるので、「トクトク便」での購入が断然お得です。

解約忘れが不安な場合は通常購入も

配送日の8日前を過ぎると2回目以降が発送されてしまいます。どうしても解約忘れが不安、という場合は通常購入にしましょう。

通常購入の場合でも、公式サイトからの購入であれば途中で定期コースに切り替え、差額分を割り引いてもらえるキャンペーンがあるようですので安心ですね。

ねこはぐキャットフードのFAQ

★ 他のサイトは感想を装った宣伝(ステマ)じゃないのか?

一部情報では、「ねこはぐを宣伝すると報酬が貰えるプログラムが実施されている」という話があり、ひょっとしたら悪質な方が嘘の情報をブログやSNSで掲載している可能性はあります。

ただ、報酬をもらっていても、きちんと自分の猫に食べさせて真実を伝えている方も沢山います。口コミが嘘か真実かの見分け方は「猫が実際に食べている所の画像や動画を掲載しているか」ではないでしょうか。これなら信用しても問題ないと思います。

★ ねこはぐにお試し用はある?

高価なだけに食べるかどうか試してから購入したいところですが、お試し用の「ねこはぐ」はあるのでしょうか。

確認したところ、残念ながら「ねこはぐ」は1.5kgしか販売がありません。食べてくれなければちょっと痛い出費にはなりますが、1.5kgをお試し用として試してみるしかありません。

★ 「ねこはぐ」に変えて食べなかったらどうしよう

猫は好き嫌いの多い生き物。「ねこはぐ」に限った事ではありませんが、キャットフードを変える時は今のフードにちょっとずつ混ぜてゆっくり慣らしていきましょう。

10日くらいかけて10%ずつ「ねこはぐ」を混ぜるのがおすすめです。お気に入りの猫缶や、ウエットタイプのキャットフードをかけたり混ぜたりして様子を見ても良いかも知れませんね。

こちらの記事も読まれています♪


どうしても食べない時や体質に合わない時は寄付という手段も

色々試してみたけど「ねこはぐ」だけ残しちゃう!そんな時は、キャットフードを動物愛護団体に寄付するというのはいかがでしょうか。

動物愛護市民団体JCDLでは、開封済みキャットフードの寄付も受け付けているようです。どうしても食べなくて困った時の選択肢の一つとして検討してみて下さいね。

動物愛護市民団体JCDL公式サイト

ねこはぐキャットフードの保存方法

ジャガーキャットフードは非常に質の高いフードなので、人工保存料を一切使用していません。そのため1度封を切ってしまうと、どんどん参加が進み風味も落ちてしまいます。

猫ちゃんに毎日美味しく食べてもらうためにも適切な保存方法を理解しておきましょう!

・開封したらしっかり密閉し、空気が入らないようにする
・小分けして瓶やジッパーなどにつめても良い
・高温多湿を避けて保存する


新しいキャットフードへの切り替え方

いくら猫に良いキャットフードだと言えども、急に今まで食べていたものと違うフードに突然切り替えると猫は驚いたり、不安になったりして食べてくれないなんてことがあります。

猫は特に匂いに敏感な生き物です。ここではそんなお悩みにお答えすべく、新しいフードに切り替える際のポイントや注意点についてご説明させて頂きます。

切り替えるときの注意点

突然新しいフードに替えることの大きなデメリットは、まず第一に食べてくれないことがあります。せっかく良いとされるフードをそこそこのお値段で購入したのに、食べてくれなければ何の意味もありませんよね。

しかし、猫からすれば「誰も替えてとお願いしてないんだけど?今までのご飯はどこ??」と思っているかもしれません。

飼い主が猫のために!と思っても、それは飼い主だけの思いにすぎない、なんてことも・・・。猫の気持ちもきちんと考えてあげることが、まずはとっても大切です。

次にあげるデメリットとしては、フードを替えたことによる体調の変化です。猫も人間と同じで、個体によって体質に差があります。今まで気づけなかったアレルギーが、フードを替えたことで発症することもあり得ます。

わかりやすい体調の変化としては、下痢や嘔吐といった症状です。フードを替えたことでひどい下痢を起こす場合や、食べても吐いてしまう場合はそのフードが合っていない可能性があります。そんな時は無理に食べさせず、今までのフードに戻してあげましょう。

負担をかけない切り替え方法

今まで食べているフードに新しいフードを混ぜるようにして、スタートさせましょう。期間は一週間〜二週間くらいを目処に徐々に切り替えてゆくと失敗しにくいです。

最初はフードの1/5程度からスタートし、何も問題なく食べているようであれば徐々に量を増やして行きましょう。中にはちょっと違うフードが入っているだけでも敏感に察知して食べてくれない子もいます。その猫にあった分量を見極め、気長に切り替えをしましょう。

徐々に新しいフードの量を増やして行き、最終的に新しいフードのみで食べてくれるようになれば切り替え成功!気長に落ち着いて行うことが、負担をかけない切り替え方法のポイントですよ。

まとめ

キャットフード「ねこはぐ」。お値段などやや気になる点はあるものの、品質の良いキャットフードである事は確かなようです。

もし気になった場合は「ねこはぐ」を一度試してみてはいかがでしょうか。


↓↓↓
 

ねこはぐ♩♩
 

>>詳細はこちら!!<<

関連記事

  1. フランス産から韓国産へ!ロイヤルカナンキャットフードの口コミ・評判

  2. 【ペット先進国ドイツ】人気のキャットフード5選!

  3. イギリス産キャットフード人気6選!成分や原材料を調査

  4. おすすめ室内猫用キャットフードと選び方!

  5. 安かろう悪かろうとは言わせない!おすすめ市販キャットフード

  6. 選ぶならペット先進国のキャットフード4選!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)