海外のキャットフード人気3選!

ペットショップへ行くと本当にいろいろなキャットフードが売っていて、「どれを選んでいいかわからない!」と頭を抱えてしまう人も少なくないでしょう。

最近は国産のものだけでなく海外産のものもよく見るようになりましたが、「海外産って大丈夫なのかな?」とちょっと不安に思いますよね。

でも実は、残念なことにキャットフードにおいては「国産なら安心」とは言い切れないのです。

今回は国産・海外産キャットフードの詳細、そしてキャットフード(国産・海外産関係なく)の選び方、国産・海外産のオススメキャットフードを詳しく解説します!

「国産なら安心」はキャットフードでは通用しない?

「国産のキャットフードなら安心かな?」と思っている方も多いと思います。

ところが、人間の食べ物であれば通用するであろう「国産なら安心」は、キャットフードにおいてはいろいろな理由からそうとは言い切れないのです!

その理由とは..?!

日本ではペットフードは雑貨扱い


動物愛護先進国であるイギリスやドイツでは、キャットフードの製造には人間が食べられるレベルの食材のみを使い、加工処理にも厳格な基準があります。

それに対して日本では、キャットフード(ペットフード)はあくまで“雑貨”。雑貨であるということは、食品では使えないような添加物が加えられている可能性があるということです。

2009年に“愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称ペットフード安全法)”が施行されるようになり、ペットフードの安全性も見直されてきましたが、それでも動物愛護先進国と比較するとまだまだの状況。

危険だとされる添加物も、上限値が設定されてはいるものの完全には禁止されていません。

私たちよりずっと体の小さい猫たちが、体に毒だとされる添加物を少量でも摂り続けているのだとしたら、やはり健康への影響が心配になりますよね。

国産キャットフードの裏側

いくら国産キャットフードを謳っていても、材料の原産国まではわかりません。

たとえ原材料が海外から輸入されたものだったとしても、最終的に加工を日本で行えば、そのキャットフードは国産と記載してもいいことになっているからです。

こうした理由から、残念ながら国産だからと言って完全に安心できるわけではないのです。愛猫家たちの間では、「国産キャットフードこそ安心できない!」という声も上がっているほど。

でも、国産キャットフードはライフステージに合ったフードが豊富に取り揃えられていたり、お肉メインのものやお魚メインのものなどフードのバリエーションが多かったりと魅力的な点もあります。

猫ちゃんの食いつきの良さも重視して作られていて、海外産キャットフードとは異なる優れた点もあるのです。


海外のキャットフードなら安心できる?

国産キャットフードは安心できないというなら、海外産キャットフードの方がいいということなのでしょうか?

残念ながら、全てが安心安全とは言い切れません。

もう10年以上前になりますが、アメリカでペットフードに有害物質が混入していたことによって、多くの犬や猫の尊い命が犠牲になった事件もありました。

この事件をきっかけにペットフードの安全性が見直されたので、このようなことが起こることは二度とないと考えたいところです。

海外産キャットフードでも粗悪な原材料を使っているものはあるでしょうし、逆に国産キャットフードでも原材料も国産にこだわり抜き、添加物なども使用していないものもあります。

キャットフードは国産か海外産かで選ぶよりも、原材料をしっかり見て選んだ方がいいと言えるでしょう。


のぞいてみよう!海外のキャットフード事情

先ほどもお伝えした通り、日本では雑貨扱いとなっているキャットフード。動物愛護が進んでいる国々ではどのような取り組みが行われているのでしょうか?

アメリカ

アメリカでは、AAFCO(全米飼料検査官協会)という機関でペットフードの安全基準が定められて、世界的にも取り入れられています。

キャットフードにも“AAFCOの基準を満たしている”などの表記が見られることがありますが、一つ注意すべきことがあります。

それは、AAFCOはペットフードの最低基準を提示しているだけであって、フードの認定や承認・検査を行ってはいないこと。

そのため、“AAFCO承認”や“AAFCO合格”といった表示は不適切になります。こういった不適切な表記が見られる場合は、悪徳メーカーである可能性もゼロではないので要注意です!

日本のペットフード協会でのページにも、下記のようにあります。

『3.「AAFCO合格品」という表示は不当表示となります

AAFCO(全米飼料検査官協会)は、米国の各州の検査官が、飼料とペットフードの安全性、表示などに関して科学的な指針を出すところです。

したがって、 AAFCOは一般製品の試験を行い「合格」「不合格」などの判定を出す機関ではありません。
「AAFCO合格品」という表示は、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」では「不当表示事項」とされています。』

引用元:ペットフード協会(ペットフード工業会からのお知らせ)


ヨーロッパ

ヨーロッパでは、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)という機関が、ペットフードの製造に関するガイドラインの発行や製造工場に対する認定などを行っています。

FEDIAFは、ヨーロッパでもアメリカのAAFCOの基準が参考にされています。

日本とは異なり、全体的に動物愛護の意識が高い国々が集まっているヨーロッパでは、ペットフードの製造に関しても厳しい基準が設けられています。

その一つとして、ペットフードはヒューマングレード(人間が安全に食べられる)レベルの原材料を使用しなければならず、粗悪なペットフードは作れないようになっています。

人工的な添加物や遺伝子組み換え食品などを一切使わない、原材料全てがオーガニックの農産物であるビオフードが多く流通している国もあり、全体的にペットフードに関しては安全性が高いと考えられるでしょう。


オセアニア


食品安全先進国とも言われているオーストラリア。ペットフードの原材料に関しても、ホルモン剤や抗生物質の投与などは厳しく制限されています。

また、ヨーロッパ同様、オーストラリアでもヒューマングレードレベルの原材料を使ったフードが多くなっています。

大事な5つのポイント!国産・海外産キャットフード選び

「じゃあ一体どうやって選べばいいの?!」と更に頭を悩ませてしまった方もいるかもしれません。

国産・海外産のキャットフード、どちらを選ぶにしても外せない大事な5つのポイントがあります。

① 4Dミート不使用

4Dミートとは、アメリカの食肉ランクで食品としては不適格であるとされる動物の肉を指します。

4Dミートの4つのDは、それぞれDead(死んだ)・Dying(死にかけの)・Diseased(病気のある)・Disabled(障がいのある)を表しています。


こうした問題のある動物の肉は人間の食用には適していないため、ペットフードに使われるようになりました。

原材料の中に、“◯◯ミール”や“◯◯副産物”といった記載が見られる場合、4Dミートが含まれている可能性があります。

もちろん、ちゃんとした食用の肉を加工したものを使っている可能性もありますが、腐敗した肉、骨や毛、ひどい場合には糞尿、病気や事故などで死んでしまった肉が加工されて含まれていることも。

家禽ミールやミートミール、◯◯パウダー、◯◯エキス、◯◯副産物といった表示には注意です!

ちゃんとした食用の肉を加工してミールを製造した場合はその旨が記載してあることが多いので、公式サイトなどでチェックしてみるといいでしょう。

2:グレインフリー(穀物不使用)


キャットフードの原材料名をよく見てみると、米やトウモロコシなどの穀物類が含まれていることがとても多くなっています。

肉食動物である猫は、穀物が食べられないことはありませんが消化が苦手です。アレルギーを起こしやすい食材でもあり、できる限りグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選んだ方がいいと言えます。

穀物類はコストを下げるためにかさ増しで使われていることも多く、穀物類が含まれていないとその分フードの値段も高くなる傾向にあります。

予算とも相談して、できるだけグレインフリーのものか穀物含有量が少ないものを選ぶことをオススメします。


3:危険な添加物は不使用

先ほどもお伝えしましたが、国産のキャットフードでは上限値は定められていますが危険だとされる添加物が加えられていることがあります。

以下の添加物には要注意です!

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン) 
・エトキシキン
・没食子酸プロピル
・プロピレングリコール
・ソルビン酸カリウム
・二酸化チタン
・増粘剤
・赤色・青色・黄色◯号


この中でもBHA・BHTは発がん性が指摘されており、エトキシキンは人間の食品では使用禁止されています。

4:年齢に合ったフードを選ぶ

キャットフード売り場に置かれているフードを見ていると、幼猫用やシニア猫用など分けられているものもありますよね。

幼猫・成猫は運動量が多く身体機能も高いですが、高齢になってくると寝る時間が増え、身体機能も衰えてきます。

代謝も落ちてくるので、幼猫・成猫と同じものを食べていると肥満になってしまうことも。

「12歳になったら12歳用!」と、きっかり分ける必要はありませんが、猫ちゃんの様子を見て年齢に応じたフードに変えてあげるといいでしょう。

5:体質(アレルギーなど)に合うフードを選ぶ


もしこれまでに猫ちゃんが何らかの病気やアレルギーを発症したことがある場合、それを無視してキャットフードを選ぶわけにはいきません。

猫がなりやすい病気としては尿路結石や腎臓の病気が挙げられますが、尿路結石であればマグネシウムの少ないもの、腎臓の病気であれば低脂肪のものが一般的にいいとされています。

猫ちゃんが穀物に対してアレルギーを持っているようであれば、当然穀物類も避ける必要が出てきますので、一度獣医さんに相談してみてはいかがでしょうか?

番外編:猫ちゃんの食いつきの良し悪しも大切


いくら愛猫のために体にいいフードを選んでも、肝心の猫ちゃんが食べてくれなければ全く意味がありませんよね。

“飼い主の心猫知らず”か、評判がよかったり飼い主がいいと思って選んだキャットフードには全然口をつけてくれない猫ちゃんもいます。

いいキャットフードが長生きの絶対条件であるとは言い切れませんしとても難しいところですが、猫ちゃんの食いつきが良いかどうかもキャットフード選びには大切です。

国産・海外産別!おすすめキャットフード3選

数ある国産・海外産キャットフードの中でも、特にオススメできるキャットフードを国産・海外産厳選して3つずつ選びました!

キャットフード選びの参考にご覧ください。

国産編


【こだわりのジロ吉ごはんだよ!】

原材料のトレーサビリティ(生産地・流通の履歴)を100%開示した安心安全フードです。玄米や野菜が使用されていますが、消化を考えて加熱してから加工されています。

価格:税込1,674円(500g)
添加物:合成保存料、酸化防止剤、着色料不使用
穀物類:玄米(国産・減農薬米)使用あり

こだわりのジロ吉ごはんだよ!

amazon楽天


【たまのカリカリねこまんま】

原材料は人間が食べられる素材のみを使用し、副産物は一切不使用の国産キャットフードです。成猫用・シニア猫用の2種類があります。

価格:税込1,728円(500g)
添加物:香料、着色料、保存料不使用
穀物類:小麦粉・小麦グルテン不使用、玄米・雑穀は使用あり

たまのカリカリねこまんま

amazon楽天


【Nyummy(ニャミー)】

人間も食べられる原材料から作られた、総合栄養食の基準も満たしたキャットフードです。国産キャットフードには珍しく、鹿肉が使用されています。

価格:税込2,592円(500g)
添加物:酸化防止剤、香料、着色料、オイルコーティング不使用
穀物類:玄米(山形県産)使用あり

↓↓↓

Nyummy(ニャミー)♩♩

>>詳細はこちら!!<<

海外産編


【モグニャン】

FEDIAFの基準を満たす工場で生産された、グレインフリーのキャットフードです。安全で上質な白身魚を63%使用しています。

価格:税込4,276円(1.5kg)
添加物:香料、着色料不使用
穀物類:不使用

↓↓↓

モグニャン♩♩

>>詳細はこちら!!<<



【ニュートロ ナチュラルチョイス】

生肉・生魚を第一主原料に使用したプレミアムフードです。室内猫用や避妊・去勢猫用、減量用など複数の種類があるので、猫ちゃんに合ったものが選べそうです。

価格:2,400円前後(2kg)
添加物:合成着色料、合成保存料不使用
穀物類:玄米使用あり(グレインフリーのものもあり)

↓↓↓

ニュートロ ナチュラルチョイス♩♩

>>詳細はこちら!!<<


【オリジン】

カナダのチャンピオンペットフーズ社が作るキャットフードです。タンパク質は70%、残りの30%は穀物を使わずに野菜・フルーツを使用しています。

価格:税込6,264円(1.8kg)
添加物:香料、着色料、BHA・BHT・エトキシキンなど人工的な酸化防腐剤不使用
穀物類:不使用

オリジン

amazon楽天

おわりに

愛する猫ちゃんが毎日口にするキャットフードですから、できるだけ健康を考えたいいものを選びたいものです。

でも、実際には予算や猫ちゃんの好みも重要になってくるので、「これがピッタリかも!」というキャットフードを見つけるのは難しいかもしれません。

安いキャットフードをあげ続けても元気に長生きする猫ちゃんもいますし、いいフードをあげれば絶対病気にならないという保証もありません。

でももし病気になってしまった時、「ちゃんとキャットフードを見直していたら……」と後悔するのは嫌ですよね。そうなる前に一度見直してみませんか?

本記事も参考にしながら、時間をかけて飼い主さんも猫ちゃんも納得のいくキャットフードを見つけてくださいね♪


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. セミモイストタイプのキャットフードはどんな猫におすすめ?特徴を徹底解説!

  2. キャットフードは肉 or 魚?猫ちゃんにとって最適なのはどっち?

  3. キャットフードで抜け毛対策!ランキングやおすすめブラシもご紹介♩

  4. 元動物病院スタッフが教える!獣医師おすすめのキャットフード

  5. 選ぶならペット先進国のキャットフード4選!

  6. コストコのキャットフード「カークランド」の原材料や口コミ!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)