【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

猫ブームでペットショップではさまざまなキャットフードが売られていますよね。

その中で最近注目されているのが「グレインフリー」のキャットフード。「どうやら健康にいいらしい…でも、よくわからない」と思っている人も多いでしょう。

大切な愛猫に食べさせるご飯です。グレインフリーキャットフードがなぜ猫の健康にいいのか、本当にいいのか、しっかりと理解したうえで与えたいものですね。

そこで!グレインフリーキャットフードについて、徹底的にメリット・デメリットを調査してみました!!

グレインフリーキャットフードとは?こんな猫ちゃんにおすすめ

まずは、グレインフリーキャットフードがおすすめな猫ちゃん、とはどういったものなのか一緒に見ていきましょう♩

【グレインフリーキャットフードがおすすめな猫ちゃん】

・肥満傾向がある
・吐いたり、便秘・下痢などの症状がある
・虚弱体質
・アレルギー体質
・シニア猫
・成長盛りの子猫


【グレインフリーが注目されている理由】
「グレイン」とは「穀物」のこと。穀物は農作物のなかで種子を食用とするもので、代表的な物としては米・小麦・大麦・あわ・ひえ・豆・とうもろこしなどがあります。

キャットフードでは、イネ科の農作物だけを「グレイン」と定義され、豆科の農産物は含まれていません。

もともと猫は、犬や人間のように穀物を含む「雑食」ではありません。完全な「肉食」で、そのための内臓機能を持っています。逆に言うと、穀物を消化・吸収するのが苦手だということです。

最近、この「グレインフリー」のキャットフードが注目されているのは、猫本来の食性を取り戻すことで健康で長生きをしてもらおうという意識が高まったからでしょう。

グレインフリーキャットフードのメリット6つ

グレインフリーキャットフードが、猫本来の食性であることはお分かりいただけたと思います。

では、具体的にどのようなメリットが期待できるのでしょう。

1、胃腸への負担が少ない

猫は同族のライオンやトラと同じように「肉食」で、ほとんど穀物を食べることはありません。

そのため、内臓は穀物を消化できるような作りになっていません。穀物などの炭水化物は、直接口にしなくてもタンパク質を分解して体内で糖を生成するという構造になっています。

ところが、市販のキャットフードには、「つなぎ」「かさまし」目的で穀物が含まれています。商品によっては、肉よりも多く穀物が配合されている激安ペットフードもあります。

たくさんの穀物を摂取すると、猫の腸は非常に短いために穀物をゆっくり消化することができずに下痢や嘔吐を起こしてしまいます。また、猫の唾液にはデンプンや糖の消化酵素であるアミラーゼが含まれていないので、消化不良を起こしてしまうことも。

グレインフリーのキャットフードなら、猫本来の食性である肉や魚といったタンパク質が主原料になっており、穀物による胃腸への負担を極力少なくしてくれます。


2、しなやかで強靭な体を作る

猫は木に登ったり、降りたり、あるいは高くジャンプしたり、しなやかで強靭な体を持った動物です。これは筋肉が発達しているからできることであり、筋肉の発達にはタンパク質が欠かせません。

タンパク質には動物性と植物性がありますが、やはり即効性のあるのは動物性タンパク質です。

グレインフリーキャットフードは、良質の動物性タンパク質がたっぷり含まれていると同時に、クオリティの高い肉や魚が原料となっているので猫の体作りには最適といえます。

3、穀物アレルギーを起こしにくい

イネ科の植物はアレルギーを起こしやすいことがわかっています。実際に猫のアレルギーは花粉、ダニ、ホコリなどさまざまな原因が考えられる中、半分近くが食事が原因だという報告もあります。

グレインフリーキャットフードは穀物不使用。また、原材料の種類を極力少なく配合しているためアレルギーが発症するリスクも低くなっています。

さらに万が一、アレルギー症状が現れたとしても原材料の種類が少ないため、アレルゲンを特定しやすくなります。

4、肥満の予防

一時期、人の間でも「炭水化物ダイエット」が流行しましたが、穀物は炭水化物なので猫にとっても肥満になりやすい栄養素です。安いキャットフードだと、原材料が肉や魚よりも穀物の方が当然安上がりなので、穀物の割合が多くなります。

肉や魚といった動物性タンパク質は少量でも猫にとっては満腹感につながりますが、炭水化物はたくさん食べなくては満腹感が得られないので肥満になる傾向が強くなります。

その点、グレインフリーキャットフードでは穀物を使っておらず、ほとんどを動物性タンパク質が占めているので脂肪がつきにくく、食べ過ぎを防いで肥満を予防してくれる効果も期待できます。


5、成長期の子猫の健康維持

成猫でも消化に負担をかけてしまう穀物は、まだまだ消化器官が未発達な子猫にとってさらに臓器に負担をかけてしまいます。

成長期にどのような食べ物を食べたかによって、大人になったときの健康を左右するものです。子猫のときからグレインフリーキャットフードを食べさせておくことで栄養を消化吸収することができ、骨格も筋肉もしっかりした健康な成猫に成長すると言われています。


6、病気の予防

穀物は栄養としては炭水化物、つまり糖質ということです。

人は糖質を摂取すると、すい臓からインシュリンが分泌されて血糖値を下げる働きがあります。しかし猫のすい臓は、もともと極端に小さく、それほど多くのインシュリンを分泌することができません。

野生では糖質を摂る必要がないので当然のことです。

そのような猫の体に、大量の穀物=糖質が入り込むことですい臓を酷使してしまいます。すると、徐々にすい臓機能が弱まって糖尿病になりやすくなるのです。

また、血糖値が上がってしまうことで尿路結石になってしまう危険性も高まり、穀物に含まれるグルテンによってアレルギーを引き起こし、皮膚病や脱毛といった症状が現れることも。

グレインフリーキャットフードを与えることで、このような猫がかかりやすい病気を未然に防ぐことができると言われています。

グレインフリーキャットフードのデメリット3つ

グレインフリーキャットフードは、猫にとって至れり尽くせりのキャットフードのように思えます。

しかし、いくつかのデメリットもあるので購入する前に理解しておきましょう。

1、価格が高い

グレインフリーキャットフードに替えようと思ったときに、まずぶち当たるのが「価格が高い」という壁です。

かわいい家族のためなら少々の出費も覚悟の上でしょう。しかし、今までホームセンターなどで購入していた国産の一般的なキャットフードに比べると、3~5倍くらいしてしまうのでどうしても二の足を踏んでしまいます。

それもそのはず。安いキャットフードは穀物を入れることでかさ増ししており、香辛料によって食いつきをよくしているだけです。しかし、グレインフリーキャットフードは、プレミアムフードとも呼ばれているように厳選した肉や魚など、人間が食べても安全な原料を使っているので、当然原料費は高くなり高価になります。

また、ほとんどのグレインフリーキャットフードは、ヨーロッパを中心とした外国産で輸送費などにもコストがかかっているのです。

2、腹持ちがよくない

良質のたんぱく質の多い食事は猫にとってすぐに満足感を得られるものです。しかし、穀物である炭水化物が少ないということは、それだけ消化速度が速いということですからすぐにお腹が空いてしまいます。

今までよりもエサを催促するようになったり、適量では足りなくなったりしたら、1日に決めたフードの量は変えずに少量を何度かに分けて食べさせるようにしましょう。求められるがままに与えてしまうと肥満の原因となるので要注意です!

3、腎機能が衰えているときには注意
健康な猫であればそれ程気にすることはありませんが、肥満猫やシニア猫のなかには腎機能が衰えてしまっている猫もいます。

グレインフリーキャットフードはタンパク質の量が増えるので、腎臓にかかる負担が大きくなる危険性があります。動物性タンパク質である肉には「リン」が多く含まれており、腎臓病の猫ちゃんがリンを過剰に摂取することで糖尿病が悪化してしまうからです。

シニア猫、腎臓の弱い猫ちゃんでグレインフリーキャットフードに替えるときには、かかりつけの獣医さんに一度相談しましょう。


グレインフリーキャットフードの口コミ

今までのキャットフードからグレインフリーキャットフードに替えたことで、飼い主さんが実感することがいくつかあります。

具体的にご紹介しましょう!

★ 吐かなくなった

猫はよく「吐き戻し」をする動物で、健康であっても毛玉を吐き出したりします。しかし、原形を残したままのドライフードを吐いてしまう場合は消化が上手くいっていない証拠です。

とくに、シニア猫になると消化力が弱ってくるために穀物はとくに吐く原因となります。多くの人の口コミでは、通常のキャットフードからグレインフリーキャットフードに替えたことによって、吐き戻しがほとんどなくなったと紹介されています。

これは、きちんと食べたものが消化・吸収されているからと言えるのではないでしょうか。



★ 下痢・便秘がなくなった

グレインフリーキャットフードに替えたことで、消化・吸収がよくなると腸内環境も改善されてきます。穀物は消化するのに時間がかかってしまい、腸の短い猫にとって消化吸収が困難なために下痢や便秘になりやすくなります。

しかしほとんどがタンパク質であるグレインフリーキャットフードは、猫にとって消化が良くお通じの改善にもつながります。



★ ウンチが臭わなくなった

毎日の生活の中で、グレインフリーキャットフードに替えて最初に気が付くのはウンチが臭わなくなったことです。ウンチが臭くなる原因はタンパク質にあります。

それも、粗悪なタンパク質を多く含むキャットフード、たとえば死んだ動物の肉、クチバシや羽といった肉以外の部位を粉砕して使っているものなどが含まれていると、消化吸収できずに腸内にたまってしまいます。

それは、やがて腸内細菌の悪玉菌のエサとなり強烈な臭いのウンチとなって排出されていきます。

グレインフリーキャットフードは、人間でも食べられる「ヒューマングレード」の原料を使用しています。そのため、タンパク質のクオリティも高いので消化吸収がしっかりできるため悪玉菌が発生せず、ニオイもほとんど感じられなくなるということなんです。

★ 毛ツヤがよくなった

猫の毛ツヤが良くなるのはケラチンが大きな役割を果たします。ケラチンはタンパク質が原料となっている成分ですから、当然良質のたんぱく質を摂取することで毛ツヤが格段と良くなります。

また、適度な脂肪酸も摂取することで、皮膚から油が出てツヤのある毛並みにしてくれます。

穀物アレルギーの猫は皮膚が弱く抜け毛も多くなります。グレインフリーキャットフードにすることで、アレルギーが改善されて元の毛並みに戻ることが期待できるとされていますよ。


グレインフリーキャットフードに切り替える際の注意点

口コミなどを見てみると、せっかくグレインフリーキャットフードに替えたのに「プイ」とまったく興味を示してくれなくて、結局廃棄処分にしてしまったという書き込みがあります。

猫は、とても嗜好性の強い動物です。好き嫌いが激しいと考えてしまいがちですが、実はとても食べ物に関して臆病。普段食べなれていないものに対しては非常に警戒心を持ちます。

そのため、いきなり今まで食べていたキャットフードをグレインフリーキャットフードに替えてしまうと「警戒心」から食欲がなくなってしまうのです。

まず、今までのキャットフードに少しずつグレインフリーキャットフードを混ぜていくことから始めましょう。徐々に分量を増やしていき、目安としては10日くらいで完全にグレインフリーキャットフードに替えるようなスケジュールにしていきます。

それでも食べないとしても、最低でも1ヶ月は続けるようにしましょう。用心深い猫だと、慣れるまでそのくらいに日数がかかる場合がありますよ。

グレインフリーキャットフードおすすめ6選!

グレインフリーキャットフードといっても通販を含めると星の数ほどありますが、そのなかでもとくに品質や信頼性、そしてなによりも口コミ評価で上位にランキングされた商品をピックアップしてみました!

グレインフリーキャットフードを選ぶときの参考にしてみてくださいね♩

【モグニャン】

モグニャンは、ペットフードで実績のあるカナガンのスタッフが猫だけのために試行錯誤して作り出したグレインフリーキャットフードです。

新鮮な白身魚を63%とたっぷり使っているので、肉よりもカロリーが抑えられて肥満気味の猫におすすめです。また、シニア猫にとっても消化吸収の負担を減らすことができます。

炭水化物としては、穀物ではなくサツマイモを使用しているため下痢や便秘を防ぎます。子猫、成猫、シニア猫とすべてのライフステージで与えることができるので、多頭飼いをしている場合には経済的ですよ。

↓↓↓

モグニャン♩♩

>>詳細はこちら!!<<



【シンプリー】

シンプリーは、グレインフリーキャットフードのなかでも魚をメインにしたフードなので、魚好きの日本の猫にとっては食いつきがいいのではないでしょうか。

骨抜きサーモン、ニシン、白身魚などが原材料となっており、消化器官が未発達の子猫やシニア猫、成猫の肥満予防に最適なキャットフードです。

猫がかかりやすい病気のひとつ「下部尿路疾患」を予防するためのクランベリーや、関節ケアのためのグルコサミン、コンドロイチンが配合されるなど、猫の健康を考え抜いたキャットフードでもあります。

シンプリー♩♩

>>詳細はこちら!!<<



【オリジン】

高品質プレミアムキャットフードのトップブランドです。放し飼いの鶏、七面鳥、新鮮な卵、サーモンなど、とことん原料にこだわっています。自社で生産、加工、販売を一貫して行っているので委託による管理不足といった不安もありません。

穀物の代わりに、赤レンズ豆、カボチャなどの野菜を加え、糖質は、リンゴ、ナシといった果物を配合しています。カロリーがやや高めなので、肥満気味の猫には量を調整してあげましょう。小食や食いつきの悪い猫ちゃんにはおすすめです!

↓↓↓

オリジン

amazon楽天


【アカナ】

こちらのグレインフリーキャットフードもカナダで製造販売されているものです。こちらのコンセプトは「WHOLE PREY(丸ごと食べる)」。

もともと、猫は捕食したものを内臓を含めすべて丸ごと食べる習性を持っています。丸ごと食べることでタンパク質だけでなく、炭水化物、酵素といった健康に必要な栄養素を取り入れることができるのです。

また、多くのペットフード会社が製造を委託しているのに対して、ACANAは原料の調達から製造まで自社で行っているので安心できます。

他のキャットフードに比べてタンパク質37.0%、脂肪20.0%と非常に栄養価が高いため、決められたエサの量は少なめに設定されています。いつもの感覚で与えてしまうとカロリーオーバーになる可能性があるので注意しましょう。

このため、決められた給餌量は一般のフードより少なめです。

アカナ

amazon楽天



【ニュートロ ナチュラルチョイス】

国産のキャットフードでおすすめなのが、ニュートロのナチュラルチョイスです。

肉や魚がメインのフードや、穀物フリーのフードなどさまざまな種類が出ていますので、選ぶのも楽しく、またパッケージもシンプルかつオシャレで目を引かれます。

値段は2kgで3000円弱とやや高めですが、決して手が届かないほどの高さというわけではないでしょう。自然派の原材料を多く使っていますので、賞味期限はやや短めです。

我が家の愛猫の食いつきもよく、ナチュラルチョイスのフードを食べていた時期は便通も良かったです。

↓↓↓

ニュートロ ナチュラルチョイス♩♩

>>詳細はこちら!!<<


【アボ・ダーム】

「森のバター」とも言われるアボカドには、高カロリーで豊富な栄養素がぎゅっと詰まっています。そんなアボカドをメインの原材料として作られたキャットフードが「アボ・ダーム」です。

アボ・ダームのシリーズには穀物入りのフードもありますが、穀物不使用がいいのなら「グレインフリー・ターキー」がおすすめで、商品名の通りに穀物が使われていないため、穀物アレルギー持ちの子や愛猫の健康を考えている飼い主さんにもピッタリです。

1.2kgで2000円弱と、自然派素材を使用している割にコストパフォーマンスは優秀です。

我が家の愛猫は袋を開けた瞬間に飛びついてきました。食いつきもよく、効果を見るために3か月間グレインフリーを食べさせ続けた時にはアボカドの効果か毛艶が良くなりました!

↓↓↓

アボ・ダーム

amazon楽天

おわりに

残念ながら日本はペットフード後進国です。国産のペットフードはほとんどが穀物の配分量が多く、グレインフリーキャットフードをうたっているメーカーはありません。

今注目されているグレインフリーキャットフードですが、まだまだ歴史も浅いということもあり、メリット・デメリットもあります。グレインフリーキャットフードにすることですべての猫が健康になるという保証もありませんし、価格に見合うだけのものがあるかどうかは不確実です。

大切なのは、愛猫の健康状態を見てグレインフリーキャットフードにしてみた方がいいか、それとも通常のキャットフードでも十分かなと、飼い主さんの判断が重要になってくるのではないでしょうか。

まだグレインフリーキャットフードを試してみたことがないという人は、サンプルで少量を販売してくれるメーカーもあります。病院でも無料でサンプルを配布しているところもあるので、定期健診などで尋ねてみてはいかがでしょうか。


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. ウェットのキャットフードおすすめ4選!失敗しない選び方を伝授

  2. 猫の年齢早見表!人間の年齢に換算すると?年齢ごとの特徴やケア

  3. 安かろう悪かろうとは言わせない!おすすめ市販キャットフード

  4. 【ビートパルプ不使用のキャットフード】選び方とおすすめ3選

  5. キャットフード選びの参考に!AAFCOについて学ぼう

  6. セミモイストタイプのキャットフード!どんな猫ちゃんに最適?

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)