猫用自動給餌器おすすめ4選!!


通常は猫たちのご飯は家にいる飼い主さんが与えるのが普通ですが、止むを得ない事情で何日か留守にしなければならないような場合、皆さんはいつもどうされていますか?

近くの親族や友人に預かってもらったり、ペットホテルに依頼したり..。数日間だからご飯と飲み水とを多めに入れて、器も数を増やして部屋のあちらこちらに置いておくなど色々と工夫されている飼い主さんも多いでしょうね。

今回は、そんな時にも便利に使用できて安心・安全な猫用自動給餌器をご紹介させて頂きます!是非、ご購入の際には参考になさってくださいね。

猫用自動給餌器はこんな時に大活躍!

では、実際にこの猫用自動給餌器が重宝されるのは具体的にどんな場面でしょうか?

飼い主さんが短期間家を留守にする時

例えば一人暮らしの飼い主さんが出張などで数日間留守にするとか、或いは家族旅行などで家に誰もいなくなってしまうとか・・困ってしまいますよね?そんな時、猫用自動給餌器があれば心配無用ですし飼い主さんも安心ですね。

飼い主さんの仕事が不規則な場合

猫は犬と違って、ご飯を少量で何回にも分けて食べるような習性があるようです。ですから飼い主さんの仕事の時間がバラバラであったり、帰宅が深夜になったりすると愛猫にきちんとご飯が与えられなくなります。

そのようなケースにはまさに打ってつけの商品と言えるでしょう。

猫のご飯要求の回数が頻繁であるような場合

猫にも個体差があって、食べても数時間で再度催促してくるような猫もいます。そのような猫の場合には一日の必要量を複数回に分けて小出しにして自動的に与えてくれるので飼い主さんとしては非常に助かります。

猫用自動給餌器を選ぶポイント

現在、ネット上でも数多くのペット用自動給餌器が紹介されています。さて自分が実際に商品を選択する際には、どのような点に気を付けて選べば良いのでしょうか?

★ 電源をチェック

一般的に自動給餌器の電源には乾電池を使用するものと家庭用電源でコンセントから電源を取るものとがありますが、それぞれに一長一短があるのです。

1)コンセントを使用するタイプ・・地震や台風、大雨被害など自然災害の発生時に停電が起こった場合には当然作動しません。また噛み癖のある猫の場合には、コンセントのコードを噛んだりして場合によっては感電、ショートの恐れがあります。そのような場合には事前にコードにプロテクターなどを巻き付けて予防した方が良いでしょう。

コンセントタイプの長所としては、乾電池を使用する商品と比べて様々な新機能を搭載した最新機種も多く魅力的です。また常に電池切れを心配する必要もありませんね!

2)乾電池を使用するタイプ・・知らない間に電池切れを起こす場合があるので、毎回必ず作動チェックを行う必要があります。また長所としては、コンセントのない場所でも使用できることや停電発生時にも問題なく作動することでしょうか。

★ 自動給餌器の種類をチェック

猫用自動給餌器にはフードストッカータイプと蓋が開閉するタイプの2種類があります。

1)フードストッカータイプ・・これはドライフード専用の自動給餌器で、一度に大量のドライフードを貯蔵できるものが多いようです。ストッカー自体は筒状になっていて、その中にドライフードを保管しておくと設定した時間に下の口からキャットフードが出て来るようになっています。

但し、気を付けなければいけないのが大型の力の強い猫の場合には機械本体を倒してしまうような場合があることです。そのような事態を未然に防ぐ意味でも、必ず転倒防止用の部品が付いているかの確認が必要です。

実際に機械を倒してから蓋をこじ開けて中のドライフードを自力で強奪するような猫もいるので要注意ですね。

2)蓋が開閉するタイプ・・これは決まった時間に蓋が跳ね上がったり、または横にスライドして開いたりしてご飯を与えるタイプの給餌器です。

一般的には、このタイプはドライフードとウェットフードの両方が入れられるものが多いです。傷みやすいウェットフードの為に保冷材がセットできるようになった機種もあり暑い夏場でも安心できます。蓋が開くときの音に猫がびっくりして近づいてこないようなケースもありますから、あらかじめ猫をその音に慣らしておく必要がありますね。

また、このタイプの弱点として蓋の部分にエサが詰まってしまい開閉できなくなるような場合がありますから
日頃のメンテナンスが重要になってきます。

★ 自動給餌器の機能をチェック

数ある自動給餌器が販売されていますが、下記のような機能を搭載した商品があります。

1)食べ過ぎ防止の時間設定機能・・例えば「決まった時間に1日4回食」や「昼と夜の2食だけ」とか「夜に1食のみ」とか個別の条件に合わせて普段の給餌用にも活用できます。

2)外出先からスマホで給餌できる機能・・スマホで外部から簡単操作できる自動給餌器もあります。サイトからアプリをダウンロードしてからアプリを開いて設定するだけですから極めてシンプルな作業で操作できます。

1日に4回までの分単位でのタイマー設定から、毎回の給餌のON/OFF切り替えまで簡単にスマホで調整が可能で、与えるご飯の量も10グラム単位で決めることが可能です。

それに加えて搭載されているカメラとマイクで、いつでも外から愛猫とコミュニケーションを楽しむことができますよ!外出先からいつでも常にライブカメラで室内の猫の姿を確認できる訳です。これらの機能は愛猫家の人たちにとっては非常に嬉しいものだと思いますね。

遠方からカメラで自宅の猫の様子を見守ることができ、マイクを使用することで本体のスピーカーからあなたの声が流れるので、その声を聞くだけで猫たちもきっと安心してお留守番をしてくれるでしょう。

3)飼い主さんの声を録音して流す機能・・これは食事時になると、あらかじめ録音された飼い主さんのメッセージを猫たちに再生して聞かすことができるという楽しい機能です。

例えば「○○ちゃん、ご飯よ~!」とか「○○ちゃん、おいで~!」とか複数のメッセージ設定が可能です。

猫用自動給餌器の注意点

これらの猫用自動給餌器を常にスムーズな状態で使用する為には、飼い主さんはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

お手入れ(清掃やメンテナンス)は飼い主さんで

現在では色々な機能の付いた自動給餌器が販売されていますが、残念ながらまだ自分自身でメンテナンスしたり掃除したりできる機能を持ったモデルは販売されていません。

その都度、定期的に飼い主さんがこまめに掃除したりメンテナンスを実施しないとフード類が詰まったりして、開くべきフードの取り出し口が閉じたままでご飯が供給されなかったりします。

そうなってしまうと本来の自動給餌器の役目は果たせませんし、留守番している空腹の猫たちも食事できません。そのような事態にならないように、飼い主さんは日頃から給餌器の状態に十分に注意すべきです。

猫によっては食べてくれない場合も

従来は決まった皿や器でご飯を貰っていた猫たちが突然、見たこともないような自動給餌器に取って代わられると、警戒心の強い猫はなかなか近づかない場合があります。そうなればご飯を食べるどころの話ではありません。

まず何日かは飼い主さんが、給餌器から出て来るドライフードを手で食べさせて慣れさせるところから始めなければなりません。その意味から、留守になる旅行前日に給餌器を突然にセットするようなことは絶対に避けるべきですね。

留守中に猫が満足にご飯を食べられないような場合もあるかも知れません。ですから出来れば1~2週間前から猫に自動給餌器に慣れさせる猶予期間を与えてあげるのが無難だと思います。

多頭飼いでは給餌器が複数必要な場合も

複数の猫を飼っている場合には注意が必要になります。猫の場合は人間のように食べる順番をじゃんけんで決めたり、先着順に一列に並んで待つようなルールは存在しませんから時には喧嘩したり、常に力の強い猫がご飯にありついて弱い猫が食事にありつけないような事態になる可能性もあるのです。

その為、飼い主さんは猫たちの様子を冷静に観察した上で、状況によっては自動給餌器を追加するような措置が必要になるかも知れません。

みんなが選ぶ!人気の猫用自動給餌器はコレ!!


【カリカリマシーンSP】

発売された2016年以降新聞、雑誌やラジオ、テレビなどで取り上げられたスマホ連動の未来型猫用自動給餌器。アマゾンや楽天のペット給餌器ランキングでもNO.1になるなど非常に評価の高い商品でドライフード専用の給餌器です。

会社や出先からスマホを通じて猫にご飯をあげられたり、カメラやマイクを利用して自宅の猫とコミュニケーションがとれるスグレモノです。

*実際の使用者の口コミ

・この給餌器に搭載されているカメラの視野角が120度と広角なので室内の猫の様子が非常に見やすいです。
・ドライフードの受け皿が大きいので大型サイズの猫でも余裕をもって食べられます。
・スマホで給餌時間が設定できるのが非常に便利です。
・カメラは暗視カメラではないので夜間の猫の様子は見ることができません。
・電源コードが短いので設置場所によっては延長コードが必要です。


【WOpet猫自動給餌器】

この猫自動給餌器も先の「カリカリマシーンSP」と同様のカメラ搭載でスマホでの遠 隔操作ができる給餌器であり、これもドライフード専用の給餌器です。

タイマー設定による自動給餌も外出先でスマホからの操作が可能です。カメラやマイクを搭載しているので室内の猫の様子もスマホでいつでも確認できて、こちらからマイクを通じて話しかけたり鳴き声を聞くこともできます。

*実際の使用者の口コミ

・サイズ的にもコンパクトで軽いので持ち運びにも楽です。また器の取り外しなども簡単にできるので、毎日洗って清潔な状態でご飯をあげられます。
・猫によっては電源コードを噛んだりするので感電やショートが心配です。コードプロテクターのようなものが付属していると有り難いですが。


【アイリスオーヤマペット用自動給餌器・給水器】

この給餌器は非常にシンプルな構造で、家庭用電源や乾電池などは一切使用しません。約1.5kgのドライフードを収納できるストッカーとその横には給水器も付いています。給水タンクには一般に市販されている口径28mmのペットボトルを使用します。

ドライフードも飲み水もなくなると、各々の自重で補充される簡易タイプ。価格もお手頃です。

*実際の使用者の口コミ

・フードや水の自重で補充するタイプなので、フードタンクの中にドライフードを一杯に入れておかないとスムーズに補給しない。ストッカー内のフード残量があっても少なければ、トレイにはドライフードがスムーズに出てこないような状態になってしまう。
・どうしても最初に出る量が多過ぎて食べ過ぎになる心配もある。


【ルスモ(LUSMO)ペットフードオートフィーダー】

乾電池を使用(単一アルカリ乾電池4個)するタイプの自動給餌器です。5グラム刻みで給餌量を設定することが可能で、1日3回の給餌時間も分単位で設定ができ一度設定すれば、毎日同じ時間に給餌します。

フードタンク自体は約1kg入る容量があるので頻繁に補充する手間は掛かりません。またフードタンクやトレイは簡単に取り外せるので隅々まで洗浄できて清潔な状態で使用することができます。

*実際の使用者の口コミ

・設定時刻になってエサがザザッ!と落ちてくる音で猫が飛んできます。旅行で5日間留守にしましたが、問題なく給餌してくれて安心でした。
・猫が2匹いますが、いたずらばかりして棚板から2回ほど落とされたのですが故障せずに作動しています。タイマーと分量が設定できるので大変重宝しています。

おわりに

自宅に猫用自動給餌器が一台あれば、確かに短期間の旅行や出張の際も飼い主さんは安心ですね。但し、最初に使用開始する時は1~2週間かけて猫に慣れてもらう必要があります。

神経質で臆病な猫は新しいものに慣れるのに時間が掛ります。留守にする前に猫が安心して給餌器からご飯を食べているのを確認してくださいね。外出の際には給水器も絶対に忘れてはいけません。特に暑い夏場は要注意です!

そしてあなたの大切な愛猫とのコミュニケーションをより深める為にも、ご飯をあげるチャンスを常時、自動給餌器任せにしないで留守中以外は飼い主さんの手でご飯をあげるようにしてくださいね!

関連記事

  1. 目的別!猫に大人気のキャットタワーと選び方

  2. 【厳選】おすすめのキャットフード保存容器!美味しさ長持ち良いこと尽くし♩

  3. 猫ベッドの上手な選び方とおすすめ8選。入らなかったときの対処法も必見!

  4. 猫にお風呂は必要?正しい入れ方やおすすめグッズ

  5. 元ペットショップ店員おすすめ!猫用おもちゃと飽きない上手な遊び方

  6. 猫の爪切りが簡単にできる方法とタイプ別爪切りの選び方

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)