猫にお風呂は必要?正しい入れ方やおすすめグッズ

私たち人間の場合は、ほぼ毎日のようにお風呂に入りますが猫たちも同じようにお風呂には入れてあげた方が良いのでしょうか?

本来、猫はお風呂に入れる必要はないとされています。猫は自分自身の身体をグルーミング(ペロペロと舐めること)することで常に身体を清潔に保つことができるのです。

しかし身体が汚れてしまったりした場合には、お風呂に入れてきれいに洗ってやりたい時もあるでしょう。

今回はそんな時に役立つように猫の正しいお風呂の入れ方やちょっとしたコツ、それからあればとても便利なお風呂の人気グッズなども合わせてご紹介致します。

基本的に猫にお風呂は不要!

人間の場合は体中に汗腺があって汗をかくことで体温調節をしています。ですからお風呂に入らないと汗でべたついて不潔になり気持ち悪く感じてしまうのですね。

では猫の場合はどうでしょうか?

猫は人間と違って汗をかきません。汗が出る汗腺があるのは猫の場合わずかに足の裏の肉球と鼻の頭だけなので、猫には体臭がほとんどありません。もし健康な状態なら野良猫たちでも臭くないはずです。

本来、猫は犬などと違って単独で獲物を捕らえて食べるような生活をしていました。ですから体臭があると相手に察知されてしまいハンティングに支障が出てしまいます。その意味でも猫は自分自身の体に臭いが付くことを嫌がるのです。

シャンプーすると猫はそのシャンプーの匂いが気になってストレスを感じるかも知れませんね。

どうしてもシャンプーする必要がある場合にはペット専用の香料の含まれていないシャンプーを使用することをお勧めします。人間用のシャンプーは脱脂力が強いので猫の被毛がゴワゴワになり香料も含まれているので猫への使用は適切ではありません。

さらにシャンプーのし過ぎは皮膚の油分を取り除くので乾燥肌になってフケが出やすくなったりしますから要注意です。

また猫の被毛は犬と比べて油分が少なく密生しているので、水に濡れると非常に乾きにくく猫にとって不快な時間が長く続くことになり風邪をひく原因になる場合もあります。ですからシャンプー後は十分に水分を拭き取ってから素早く乾かしてあげましょう。

また例外的に定期的にシャンプーをしてあげた方が好ましい猫種も存在します。それはいわゆるヘアレス猫、文字通り毛のない猫たちですね。

「スフィンクス」とか「ドンスコイ」などがそれに該当します。彼らは毛がない分、皮脂汚れが出やすく体の皮のひだの部分
に皮脂汚れが付着するので、それらを取り除く為に定期的に洗ってあげるのが望ましいのです。

猫をお風呂に入れるのは、このような場合!

★ においや汚れが目立つような場合
体全体に何かのにおいが付いたり、汚れたりした場合には猫用シャンプーできれいにしてあげます。特にお尻周りの毛は汚れやすいので少しバリカンでカットしても良いでしょう。

★ 被毛の生え替わりの時期
猫の中でも特にペルシャ系やヒマラヤンなどの長毛種の猫は抜け毛が目立ちます。手入れをしないと毛玉が脇や腹部にゴロゴロとできてしまうのです。

従ってその時期にシャンプーして洗うことは毛玉対策としても有効ではないでしょうか。ブラッシングしたあとに洗って
あげることで、その後のブラッシングも毛通りが軽くなり楽になるでしょう。

猫のお風呂の正しい入れ方

ここではできる限りスムーズに猫をお風呂に入れる為に必要なグッズの紹介と猫への負担が少ない入浴方法などについて説明します。

基本的に猫はシャンプーやお風呂で濡れることが嫌いですから、できる限り手際よく短時間で完了したいものです。それが猫にとってストレスの軽減にもつながるのですから。

【準備しておくべきもの】
 ・猫用シャンプー、リンス
 ・バスタオル、ハンドタオル
 ・柔らかいブラシ
 ・ドライヤー
 ・食器洗い用スポンジ(ボディスポンジの役割)
 ・スリッカー(ドライヤーで被毛を乾かす際の時短に)
 ・ペット用バスタブ、又は大きめの洗面器かたらいなど


【お風呂の入れ方】
ここでは猫用バスタブなどを使用する場合とシャワーだけの場合を説明します。猫を入浴させる前には飼い主さんの安全の為にも、猫の爪を切ることを忘れずに!

◎ 猫用バスタブなどを使用した時の洗い方

1. 猫用バスタブなどの容器に35℃程度のぬるま湯を入れます。

2. 猫用シャンプーリンスを適量お湯に入れてかき混ぜます。

3. 猫を首までお湯に浸して被毛を十分に濡らします。その後、猫をバスタブから出して首から背中、お腹、足、しっぽ、肛門の順によく泡立てて洗います。

4. 次はハンドタオルを濡らして固く絞り顔周りや耳の中を拭いてやります。

5. シャワーを使ってすすぎます。お湯の温度は35℃程度をキープします。シャワーのノズルは体に付けるようにして、目や耳にお湯が入らないように注意しながら「3」と同じ順序ですすぎます。特にお腹としっぽはシャンプーが残りやすい部分ですから最後にもう一度すすぐようにしましょう。

6. すすぎが完了したらバスタオルで押し当てるようにしながら水気を取っていきます。この時、決して擦らずに優しく押しあてるようにして水分を取ってください。

7. 大体の水気が取れたらドライヤーの出番です。猫を驚かせないようにドライヤーはLowの温風にして顔から遠いところから手ぐしやスリッカーを使いながら乾かし始めます。もしドライヤーを嫌がる場合には温かい部屋で自然乾燥させても構いません。

8. 最後の仕上げは柔らかいブラシを使って毛並みを整えて完了となります。

◎ シャワーだけを使って洗う場合

シャワーのお湯は30~35℃くらいのぬるま湯にして、お尻から首の周囲まで掛けていきます。毛根までしっかり濡らした後、猫用シャンプーを手のひらで泡立ててから毛玉にならないようにもみ込むようにして優しく洗うようにします。

すすぎ方に関してはバスタブなどを使用した場合と同じ要領で行います。猫への負担を考慮してバスタブ使用の時もシャワー使用の際も所要時間は長くても5~10分程度で終了するようにしましょう。

猫をお風呂に入れる時の注意点

猫の体調が良くないときは入れない
私たちも感じることですが、風邪を引いたりして体調の悪い時にお風呂に入ると非常に体に負担として感じますね。

猫の場合にも同様でもし体調が悪そうにしていたり、また妊娠中の猫についてもお風呂は控えた方が良いでしょう。

シャンプーは必ず猫用のものを
私たち人間が日頃から使用しているシャンプーを猫に使用するのは好ましくありません。何故なら脱脂力が猫には強過ぎるからです。

猫が本来持っている皮膚のバリア機能も奪ってしまい皮膚の乾燥やフケの発生につながるリスクもあります。加えて香料も含まれていますから猫にとってはストレスになるでしょう。

お湯の温度は35~38℃
私たちがお風呂に入る場合は、大体40~42℃程度でしょうか。

でもこの温度帯は猫には熱過ぎます。人間にとってぬるま湯と感じるようなお湯が猫には心地よく感じられるようです。

シャンプー後は猫を濡れたまま放置しない
犬の被毛は油分が多く、シャワー後にブルブルと身体を振れば非常に乾きやすいような印象がありますが、猫の被毛は犬と違って油分が少なく水を含んでしまいやすいので、一旦濡れてしまうとなかなか乾きません。

ですからシャワー後に素早くタオルなどで水分を取り去ってからドライヤーで乾かさないと風邪を引いてしまう心配もあるのです。

どうしても猫がお風呂に入ってくれない時の4つの対処法

1)濡れタオルで拭く
お風呂が大嫌いな猫も濡れタオルで拭く程度のことなら何とかおとなしく協力してくれるのではないでしょうか。

タオルは固く絞って体を優しく拭いてあげるようにします。最後は乾いたタオルで水気を取ったり、軽くドライヤーを使っても良いでしょう。

2)お湯で気になる箇所だけすすぐ
特に汚れやすいお尻周りなどは、ぬるま湯のシャワーで洗ってあげます。

動物病院でお尻周辺をトリミングするだけでもかなり改善されるようですから該当する場合には検討してみれば如何でしょうか。

3)ドライシャンプーを使用する
このドライシャンプーというのは「洗い流す必要のないタイプ」の手軽なシャンプーで、「泡タイプ」「粉タイプ」「スプレータイプ」など様々な種類の商品が販売されています。

どうしてもお風呂やシャワーを嫌がって暴れるような猫にも対応できる飼い主さんにとっては心強いスグレモノグッズと言えるでしょう。

使い方はいたって簡単です。どのタイプのドライシャンプーも猫の体を濡れタオルなどで拭いた後でドライシャンプーを体全体になじませてから全身をブラッシングしたら終了です。

非常に手軽ですし、シャンプー後に猫が舐めても安全で無害の食品成分100%のものを選ぶとより一層安心ですね。どのシャンプーも1,000円以下と比較的安価で購入できますよ。

4)プロに任せる
お風呂に入れようとすると全力で暴れて飼い主さんが危険を感じるような猫も中にはいます。そのような場合にはキャットサロンなどでシャンプーや爪切り、グルーミングなどを依頼した方が無難かも知れません。

プロならコツを心得ているので手際よく短時間で処理できて猫のストレスも最小限で済むと思いますから。

みんなが選ぶ!猫用お風呂グッズとは?

バスタブ編

・アイリスオーヤマ ペット用バスタブ
一般的にペット用バスタブは犬・猫兼用になっています。中型犬用と小型犬用の2種類のサイズになっている場合には猫には小型犬用のバスタブでも十分な大きさです。

このアイリスオーヤマのバスタブには下記の特長があります。

a. バスタブ本体の底面に猫が滑りにくいようにシボ加工がしてあります。
b. シャワーやドライヤーをセットする便利なフックが付いており、フックの向きや角度も自由に調節できるので両手が使えて非常に楽に作業ができます。
c. バスタブ本体の底面に水抜き栓が付いており、その下部には抜け毛を取るメッシュトレーがセットされているので猫の抜け毛も流れ出ません。
d. お風呂場で使用する際にバスタブが滑らないように脚4カ所にスリップ防止用のラバーが付いています。
e. カラーはオレンジ、グリーン、イエローの3色から選べます。材質:ポリプロピレン商品サイズは、幅60 x奥行き35 x高さ21cm 重量は約860gです。

・リッチェル ペットバス

この商品の特長は下記の通りです。

a. 商品の外寸は幅68 x奥行き43 x高さ28.4cmのゆったりサイズです。
b. コーナー部分には小物を置けるトレーが付いていて便利で重宝します。
c. 色はグリーンとピンクの2色から選択できます。
e. 材質はポリプロピレン、製品重量は約1,100gです。

シャンプー編

・Nゾイックキャッツシャンプー

この商品の特長は下記の通りです。

a. リンスインシャンプーなので一度のシャンプーだけでしっとりソフトに仕上がります。
b. 速乾性のシャンプーですから濡れた被毛も素早く乾くのでドライヤーの所要時間も短縮でき猫の負担もその分軽くなります。
c. 成分に植物エキスを配合しているので皮膚や被毛に潤いを与えてくれます。

・薬用ノルバサンシャンプー

この商品の特長は下記のとおりです。
a. このシャンプーは優れた消臭効果と殺菌力を備えた薬用シャンプーです。
b. コンディショニング成分(保湿剤)も配合されているので皮膚や被毛を保護して最高の仕上がりです。安心して猫に使用できるシャンプーと言えます。

タオル編

・ワイドロングブリッツ BLITZ(ドイツ製)

a. 横75cm、縦20cmの超ワイドタイプのタオルです。猫の体全体をクルリと包み込める大きさですから、シャンプー後の猫の頭からお尻まで同時に包み込んでしっかりと拭くことができます。もちろん猫の大きさに応じて適当な長さにカットして使用しても問題ありません。
b. 普通のタオルで猫を拭くと猫の被毛がまとわり付いて取れなくなってしまい洗濯してもなかなか取れない場合がありますが、この「ブリッツ」は繊維どうしを絡めあって作っているので被毛が付着しても軽く払うだけで簡単に取れます。ですから手入れが非常に簡単です。

お風呂が大の苦手の猫におススメ編

・アイリスオーヤマ トリートメントタオル
これはペット用のシャンプータオルとも呼べるようなノンアルコールのウェットティッシュです。大きさは縦20 x横30cmで十分なサイズです。
 
a. このトリートメントタオルで猫の体を拭くだけで汚れを落として毛並みもふわふわになるのでシャンプーの回数も減らすことができて、猫にとってもストレスや負担が減ります。
b. 猫がケガや病気などで洗えないような場合にも、このトリートメントタオルひとつあれば十分に体のケアができます。
c. このタオルは抗菌作用及び消臭作用も期待出来るのでシャンプーの代替としても問題なく使用できます。

・ハッピーペットシャンプータオル 猫用

この商品の特長は以下の通りです。

a. 含有成分のヒアルロン酸と植物エキスにより潤い効果と共に皮膚や被毛を優しく保護します。
b. 拭くことによってハウスダストなどのアレルゲンから猫を防御します。また猫にとっても安心で安全な成分しか使用していないので猫が舐めても問題ありません。
c. 除菌作用があり香料も無添加ですから猫に取って安全です。

・ジョイペット 水のいらない泡シャンプー

この商品は猫が舐めても安全なように食品にも使用が認められた成分のみを原料として製造されていますから安心して猫に使用することができます。

使用方法も下記のように非常に簡単ですから手軽に必要に応じて使えますね。

・容器は振らずに使用してください。(振るときれいな泡が出ない場合があります)
・適量を手に取って猫の被毛全体に馴染ませます。
・タオルで軽く拭き取ってください。
・最後にブラッシングで仕上げて完了です。

おわりに

我が家の飼いネコをお風呂に入れるかどうかを私たち人間目線で考えてはいけません。

人間の場合は季節にも依りますが一日でもお風呂に入らないと気持ち悪く感じてしまいます。しかし、だからと言って猫も同様にお風呂に入らないと汚いだろうと考えてしまうのは人間のエゴかも知れません。

猫は私たちと違って汗をかきません。本来、猫はお風呂に入ったり水浴びしたりするような生活習慣はなく、自らのグルーミング(自分自身をペロペロと舐めてきれいにする行為)によって常に清潔に保たれているのです。

老猫で今までに一度もお風呂やシャンプーをした経験のない猫でもきれいで健康な猫はたくさんいます。

しかしながら飼い猫の場合は飼い主さんと同居している訳ですから、猫が体に変なニオイを付けて来たり、お尻周辺が汚れたままになっているとどうしても気になって清潔にしたい!と思うのが人情でしょうね。

しかしそのような場合でも「汚いから洗ってやるぞ!」という上から目線の強制ではなく、常に猫の立場に立って少しでも短時間で猫がストレスを感じないように優しく洗ってあげるのが飼い主としての努めではないでしょうか?

その意味では愛すべき飼い猫に対しても少しばかりのリスペクトが必要ではないかと思います。

関連記事

  1. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  2. 猫の避妊・去勢手術のメリット。適した時期や費用について

  3. 猫ベッドの上手な選び方とおすすめ8選。入らなかったときの対処法も必見!

  4. 猫が爪とぎをする理由と対策!おすすめ爪とぎランキング

  5. 猫の爪切りが簡単にできる方法とタイプ別爪切りの選び方

  6. 猫を飼うならペット保険に入るべき?猫の病気と医療費について

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)