ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!


人間と同じく、猫も食べるもので健康な体が作られて行きます。

「安いから」「病院で勧められたから」「すぐ手に入るから」こんな理由から、キャットフードを安易に選ぶなんて、勿体無い!あとで後悔しても遅いのです・・・。

特に、初めて猫を飼い始めた時はどんなキャットフードが良いのか?すら、きちんとした知識がないもの。それゆえ、ペットショップや動物病院でオススメされたフードをなんの疑いもなく購入してしまいがちなのです。

もちろん!それが決して悪いフードであるとは言えません。

今でこそ、日本でも「猫のためのプレミアムフード」なんてものがたくさん出回るようになりました。以前にも増し、キャットフードの品質はどんどん良くなり、以前にも増して安全になってきているのは確かです。良いキャットフードほど、やはりお値段もそこそこします..。

しかし、食べるものが体を作ることは確か!今、キャットフードにお金をかけることは、今後の猫の医療費削減へ確実に繋がって行くのです。

今回は、たくさんあるプレミアムキャットフードの中から、『ジャガーキャットフード』についてご紹介させて頂きます。
実際に購入されている方のお声も合わせて紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね (*^^*)

ジャガーキャットフードの特徴

品質にこだわったキャットフードはたくさんあります。その中でもとくにジャガーキャットフードは、他と比べてどんな魅力や違いがあるのでしょうか?

ここでは、ジャガーに含まれる素材などについて詳しく見ていきたいと思います!


質の高い素材を厳選

ジャガーは素材に特にこだわって生産されています。それは、”人間が口にしても問題がないほど、安心な食材にて作っている”と言われるほど。

ジャガーには専任の品質管理官が存在します。そこで、確実な品質チェックを行い、そこから生産へと繋がっているのです。安心安全なのはもちろん、新鮮で上質な食材を使用してジャガーは作られています。

猫にとって安心なキャットフードはどんなものなんだろうか?と、飼い主さんが調べると、ほぼほぼ必ずと言っていい程出てくるワード「グレインフリー(穀物不使用)」。

これにについてももちろんジャガーはクリアしています。猫にとってアレルギーの原因や、消化器障害へと繋がる可能性のある穀物は一切使用されていません。


80%以上が動物性タンパク質

猫の主食は”魚”だと思われている方は多いのではないでしょうか?

実際、私も猫を飼い始めてしばらくの間はそう思っていました。しかし本来、猫は肉食動物なのです!フードを選ぶ際は魚はもちろんのこと、主成分に肉が入っているフードを選んであげることが大切なのです。

ジャガーはなんと、成分の80%が肉と魚で作られています。新鮮なチキンや鴨肉、サーモン、マスが配合されています。

猫にとって良質な動物性タンパク質を与えることはとても大切なこと。丈夫で健康な体を作り上げるために一番必要な栄養成分、それが動物性タンパク質だからなのです。


ジャガーキャットフード生産者のこだわり

ここまで質にこだわったキャットフードを一体どのような人が開発し、どのような環境にて生産されているのでしょうか。

ここでは、ジャガー生産者であるクリスチャン・デグナー氏がどのような思いでジャガーの生産を始めたのか。そして、気になるジャガーの生産環境についてお話させて頂きます。

★ ジャガーへの思い

ジャガー生産のきっかけは、生産者であるクリスチャン・デグナー氏自身が、実際に経験した出来事より始まります。

もともとクリスチャン氏は、北欧のペットフード業界では知らない人がいないほど有名な人物でした。しかし、自身が務める会社が大きくなるにつれ『品質<事業規模拡大』へと優先順位が変化してゆきます。この状況にジレンマを感じたクリスチャン氏は、ペットフード業界から身を引くことを決心します。

しかし、クリスチャン氏を知る人々から「真に質の高いペットフードを提供して!」と声が寄せられたのです。その声に答えるべく、再びクリスチャン氏は採算をかえりみず、とことん質にこだわったフードを作る!と、再びペットフード業界に戻りジャガーの生産を始めたのです。

クリスチャン氏は、ペットと暮らす全ての人に向け「大切なパートナーのために上質な食事を選ぶことは、飼い主自身の生活を豊かにすることと繋がる」そう考えています。

「”手の届く贅沢”がジャガーのテーマである。ただのキャットフードに止まらず、世界中の愛猫と飼い主に、心地よく幸せなライフスタイルを提供したい」キャットフードから繋がる、より良い生活を、ジャガーは提供してくれます。

★ イギリスの工場で生産


ジャガーは、ペットフード先進国でもあるイギリスの工場にて生産されています。また、ヨーロッパでも有数のペットフード生産工場にて、より厳しく徹底した安全管理と品質にて作られているのです。

ジャガーキャットフードの成分と安全性について

では次に、ジャガーに含まれる成分やどうして安全なのか?について調べてゆきましょう。


主成分

先ほども少し触れましたが、ジャガーの主な成分のほどんどは動物性タンパク質にて作られています。

その他に、生き生きとした猫の成長をサポートしてくれるスーパーフードのマルベリーや、新鮮で香り高いフレッシュな果物クランベリー・ブルーベリー。人間でも、元気の無い時などに飲むと良いとされる高麗人参も含まれています。

高麗人参は滋養強壮に優れ、健康で活発な猫の生活をサポートしてくれますよ。

添加物

ジャガーは不要な添加物を一切使用していません。その代わり、天然ハーブを配合することにより、フードの酸化を防いでいます。これにより開封後も美味しく食べられます。

猫ちゃんにとって添加物で体調を崩したり、アレルギーを起こすケースもあります。フードを選ぶ際、添加物不使用である点をポイントに選ぶと良いでしょう。

しかし、添加物が入っていないということはそれだけフードの酸化が早まることにも繋がります。ジャガーは猫にとって安全な成分のみで全てをクリアしているのです。

ジャガーキャットフード購入者の口コミ、評判

では実際に購入者のお声を聞いていきましょう!食べさせている飼い主のお声や、猫ちゃんの様子をご紹介しますね。

良い口コミ、評判

・同じくプレミアムキャットフードのアカナからこちらに変更!変更初日から食いつきも良くもりもり食べてくれています!1ヶ月経ちましたが、健康状態も良く、下痢などすることなく体重も順調に増えています。

・5ヶ月の子猫に与えました。今まで食べさせていたものが小粒だったので心配していましたが、吐くこともなく食べてくれています。たまたま注文するタイミングを忘れてしまい、市販おものを急遽与えたところ、すぐに吐いてしまい・・・。もうジャガー以外のものは怖くて与えられない!と思うほど、うちの猫には合っています。

確かに匂いはきついですが、不純物的な匂いでもなく、私はそれほど気にはなりません。むしろ人口的な香りつけが無いだけ安全です。

・2種類を混ぜて食べさせています。うんちの匂いもきつくないし状態も良いので、うちの子には合っているんだと思います。

・食いつきが今までのに比べて断然良い!ジャガーにかえてから、元気に遊ぶ姿が多くなったように感じます。

イマイチな口コミ、評判

・匂いがきつかったらしく、食いつきがイマイチでした。食べ残しをそのまま放置していると、部屋に匂いが充満してしまってました・・・。品質は良いのは確かですが、やっぱり好き嫌いがはっきり出てしまうのかな?と感じました。

・ちょっと酸っぱい味と香りがします。独特かもしれませんね。うちの猫はあまり好きでは無い様子でした。とりあえず食べるけれど、食いつきはイマイチ・・・。天然素材のみで作られているからなのでしょうか?

・他のキャットフードに比べて少しマグネシウム値が気になりますね。チキンや魚を多く含むため仕方がないそうですが・・・。尿結石など患っている猫ちゃんには向かないかな。。。


良い口コミの多くは、とにかく食いつきの良さ!肉や魚メインだけあり、風味や香りが猫にとって食欲をそそるのではないでしょうか。

逆にイマイチな口コミでは香りをあげている方が多くいらっしゃいましたね。確かにジャガーは市販のものに比べ、添加物や人工甘味料が一切入っていません。天然成分のみで作られているからこそ、ちょっと独特な香りがしてしまうのかもしれません。

また、マグネシウム値についてあげられている方もいました。ジャガーは猫にとって安心安全な食材や成分で作られています。健康体の猫ちゃんにはなんら問題はありあせんが、尿結石など疾患のある猫に与える際は、念のために獣医師に相談のもと与えるとより安全かと思います。

ジャガーキャットフードの保存方法

ジャガーキャットフードは非常に質の高いフードなので、人工保存料を一切使用していません。そのため1度封を切ってしまうと、どんどん参加が進み風味も落ちてしまいます。

猫ちゃんに毎日美味しく食べてもらうためにも適切な保存方法を理解しておきましょう!

・開封したらしっかり密閉し、空気が入らないようにする
・小分けして瓶やジッパーなどにつめても良い
・高温多湿を避けて保存する


新しいキャットフードへの切り替え方

いくら猫に良いキャットフードだと言えども、急に今まで食べていたものと違うフードに突然切り替えると猫は驚いたり、不安になったりして食べてくれないなんてことがあります。

猫は特に匂いに敏感な生き物です。ここではそんなお悩みにお答えすべく、新しいフードに切り替える際のポイントや注意点についてご説明させて頂きます。

切り替えるときの注意点

突然新しいフードに替えることの大きなデメリットは、まず第一に食べてくれないことがあります。せっかく良いとされるフードをそこそこのお値段で購入したのに、食べてくれなければ何の意味もありませんよね。

しかし、猫からすれば「誰も替えてとお願いしてないんだけど?今までのご飯はどこ??」と思っているかもしれません。

飼い主が猫のために!と思っても、それは飼い主だけの思いにすぎない、なんてことも・・・。猫の気持ちもきちんと考えてあげることが、まずはとっても大切です。

次にあげるデメリットとしては、フードを替えたことによる体調の変化です。猫も人間と同じで、個体によって体質に差があります。今まで気づけなかったアレルギーが、フードを替えたことで発症することもあり得ます。

わかりやすい体調の変化としては、下痢や嘔吐といった症状です。フードを替えたことでひどい下痢を起こす場合や、食べても吐いてしまう場合はそのフードが合っていない可能性があります。そんな時は無理に食べさせず、今までのフードに戻してあげましょう。

負担をかけない切り替え方法

今まで食べているフードに新しいフードを混ぜるようにして、スタートさせましょう。期間は一週間〜二週間くらいを目処に徐々に切り替えてゆくと失敗しにくいです。

最初はフードの1/5程度からスタートし、何も問題なく食べているようであれば徐々に量を増やして行きましょう。中にはちょっと違うフードが入っているだけでも敏感に察知して食べてくれない子もいます。その猫にあった分量を見極め、気長に切り替えをしましょう。

徐々に新しいフードの量を増やして行き、最終的に新しいフードのみで食べてくれるようになれば切り替え成功!気長に落ち着いて行うことが、負担をかけない切り替え方法のポイントですよ。

おわりに

ジャガーキャットフードのご紹介、いかがでしたでしょうか。

厳選した素材を使用し、こだわり抜いた環境の元生産されているジャガーキャットフード。猫の健康管理にもっとも必要な動物性タンパク質を80%使用し、栄養価も高い高品質なプレミアムキャットフードです。

ジャガーに切り替えたことで健康状態が良くなったり、今までより食いつきも良くなり体重増加も良好などの声も多数ありました。また、子猫から老猫まで年齢制限なく与えられる点も嬉しいですよね。

良いキャットフードを選ぶことは、飼い主にとっても良いライフスタイルを送るきっかけになります。猫と飼い主の両方にとって、豊かな生活が訪れますように・・・。

本日もお読み頂き、ありがとうございました(=^x^=)

↓↓↓

ジャガー♩♩

>>詳細はこちら!!<<


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. 国産 VS 外国産!キャットフードの選び方とメリットデメリット

  2. キャットフードで抜け毛対策!ランキングやおすすめブラシもご紹介♩

  3. おすすめ室内猫用キャットフードと選び方!

  4. 海外のキャットフード人気3選!

  5. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  6. 選ぶならペット先進国のキャットフード4選!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)