コストコのキャットフード「カークランド」の原材料や口コミ!

見ているだけで癒やされる愛猫は、もはや家族同然です。ですから、かかる費用を抑えたいけれど、安物のキャットフードを与える気にはなれませんよね。

安いと品質に問題がありそうですし、どのような原材料が使われているか不安になります。

そこで、当記事では巷で話題の「コストコで販売されているキャットフード」をご紹介します!

「内容量11kgで約2,000円!?」
「激安なのにメインの原材料は鶏肉!?」
「本当に安全なの!?」

などなど、様々な疑問を解消すべく徹底解説していきます。

コストコの自社ブランドキャットフード「カークランド」

コストコとはアメリカで生まれた会員制の大型倉庫店です。世界中に展開していて、幅広い品揃えと大容量かつ激安販売を特徴としています。

最近、このコストコで販売されているキャットフードが価格の割に質も良く大変お買い得だと話題になっており、「カークランドシグネチャー(KIRKLAND Signature)」という自社ブランドを持っています。

イオンで例えると「トップバリュー」の事ですね!



アメリカでもっとも支持されているプライベートブランドのひとつであり、世界でも認知されています。キャットフードも取り扱っていて、原材料の異なる三種類が販売されています。

その最大の特徴はコストパフォーマンス!

しっかりとコストコの特徴を引き継いでいて、11.34kgと大容量かつ販売価格1,900円程度(コストコ店舗販売時)という凄まじい価格破壊を起こしています。1kg換算では170円以下です!

コストコのキャットフード「カークランド」の特徴

大容量かつ激安なコストコのキャットフードですが、結局どんな飼い主さんや猫ちゃんに向いているのでしょうか?

また、安全性や安さの秘訣に迫っていきたいと思います!

【どんな猫ちゃんに向いている?】


11.34kgという大容量は、とても猫一匹や二匹が一ヶ月で消費できるものではありません。

開封してから日数が経ってしまうとフードが酸化して猫の食いつきが悪くなってしまいますし、フード自体の品質も劣化してしまいます。

よって、コストコの大容量キャットフードは多頭飼いの方向けであり、なおかつ病気やアレルギーを抱えていない猫向けであると考えられます。

リーズナブルなお値段は、他の追随を許しません!

【安全性】
生産国アメリカでは、連邦法と州法の両面からペットフードの規制を行っています。

連邦法ではパッケージの表記不備などを確認しており、州法ではAAFCO(米国飼料検査官協会)によって定められた基準が存在しています。

ただし、AAFCOは検査機関ではなく規制機関ですので、商品の試験は行っておりません。あくまで基準を設けているだけなので、製造企業側がAAFCOの基準値を満たしていますよと表記するだけです。

コストコのキャットフードにもAADCO適合品と明記されているので、良質のキャットフードと言えるでしょう。



【安さの理由】
質の割に安価である理由は、いくつか考えられます。

ひとつは、大規模量販店としての巨大組織を活かした「低価格で大量に仕入れる」手法。ふたつめは、商品による販売利益をほぼ手放し、会員の年会費で賄う方法です。

コストコで安い商品はキャットフードだけではありません。全ての商品が原価に近い金額で売られていますので、上記ふたつの方法が全体に使用されていることでしょう。

【猫ちゃんの食いつきは良い?】

鶏肉を原材料としているので基本的に食いつきは良いようです。しかし、濃い味に慣れてしまっている場合は食いつきが悪いこともあるようです。

コストコのキャットフード「カークランド」の主原料と与え方

ここでは、主に使用されている原材料についてご紹介します。

三種類のキャットフードで使用されている原材料が異なりますので、上記の表と見比べてみて下さいね。

【主な原材料】

鶏肉 主原料の鶏肉は、猫にとって大切なタンパク源です。

また、鶏肉には動物性タンパク質の他にもビタミンや、骨や歯の栄養となるリン、免疫力を高めるセレンなど、健康維持に重要な栄養素を豊富に含んでおり、猫には欠かせない原材料のひとつとなります。

その他、猫は元来肉食なので鶏肉の消化力も高く、嗜好にも合致しているので食いつきも良くなりやすいメリットがあります。

チキンミール ミールとはクズ肉の事です。

また、特定の肉の部位を示すものではなく、様々な部位を混合させてミンチにした状態のことを指します。

例えば、肉以外の内蔵だったり、クチバシや爪など、何が混ざっているかは分かりません。

多様な栄養を摂取できると考えれば良いかもしれませんが、タンパク源の質として考えると不安を感じるかもしれません。

玄米・白米 本来、猫は完全な肉食動物なので、穀物を必要としません。

炭水化物の摂取はある程度必要ですが、量が多いと肥満の原因になってしまいます。

また、猫は穀類の消化を得意としていないので、酷い時には消化不良を起こしてしまう可能性もあります。

大きな害はありませんが、近年は穀類を抑えたキャットフードも発売され始めているので、極力避けたほうが良いでしょう。

とうもろこし・コーングルテン とうもろこしや、とうもろこし由来のタンパク質であるコーングルテンの使用には少々疑問が湧きます。

とうもろこしは消化が悪く、しかもアレルギー発症の原因として考えられる原材料なので、避けたほうが良いです。

また、肉食である猫にとっては、コーングルテンのような植物性タンパク質よりも、鶏肉のような肉由来のタンパク質のほうが身体に合うでしょう。

調味料 内容が表記されていないので不明ですが、猫の食いつきを良くする為の合成調味料が使用されているかもしれません。

基本的には使用されていないほうが良いです。

亜硫酸水素ナトリウム 酸化防止剤として使用される人工添加物です。

添加物は基準値以上含有してはならないという法律があるので、多少入っていても身体に害が及ぶ事はありませんが、入っていないに越したことはありません。

天然のビタミンEなどの使用が好ましいですが、大容量の為に消費する期間が長い点や、アメリカから日数をかけて輸入する点を考えると、品質維持の面から使用は避けられないかもしれません。



【目安給餌量】
計算式:1日の給餌量=70+猫の体重✕30とし、餌のカロリーを400kcal/100g、キャットフードの金額を2,000円、内容量を11.34kgとした場合

体重 目安給餌量 1日あたりの価格
1kg 25g 44円
2kg 33g 58円
3kg 40g 71円
4kg 48g 85円
5kg 55g 97円
6kg 63g 111円
7kg 70g 123円
8kg 78g 138円
9kg 85g 150円
10kg 93g 164円


年齢や妊娠中、運動量などライフステージでも目安給餌量は変化しますので、あくまで目安としてご利用下さい。

コストコのキャットフード「カークランド」の種類

コストコが取り扱っているキャットフードは三種類あり、パッケージの最下段に「FOR ADULT CATS AND KITTENS」と記載されているものが全年齢用、「FOR ADULT CATS」と記載されているものが成猫用です。

パッケージが酷似していますが、使用されている原材料は全く異なります。

スーパープレミアム メンテナンスキャット チキン&ライス フォーミュラ【全年齢用】

容量 11.34kg
価格 約1,900円/コストコ店舗、約3,800円/通販サイト
対象年齢 全年齢用
カロリー(100gあたり) 約400kcal / 100g
主となる食材 鶏肉(チキンミール含む)
原産国 アメリカ
販売元 コストコホールセールジャパン株式会社
原材料 鶏肉、チキンミール、玄米、白米、チキンレバーオイル調味料、フラックスシード、亜硫酸水素ナトリウム、塩化カリウム、ミネラル類、70%塩化コリン、ビタミン類、チコリールート、タウリン
保証成分 粗蛋白質   30.0%以上

粗脂肪    20.0%以上

粗繊維    3.0%以下

粗灰分    8.5%以下

水分      10.0%以下

マグネシウム  0.1%以下

セレン      0.4mg/kg以上

ビタミンA    15,000IU/kg以上

ビタミンD    800IU/kg以上

ビタミンE    150IU/kg以上

オメガ6脂肪酸 3.3%以上

オメガ3脂肪酸 0.5%以上

スーパープレミアム メンテナンスキャット チキン&ライス フォーミュラ【成猫用】


容量 11.34kg
価格 約1,900円/コストコ店舗、約3,800円/通販サイト
対象年齢 全年齢用
カロリー(100gあたり) 約400kcal / 100g
主となる食材 鶏肉
原産国 アメリカ
販売元 コストコホールセールジャパン株式会社
原材料 鶏肉、トウモロコシ、米、コーングルテン、鳥脂肪、塩、ビタミン類、ミネラル類
保証成分 粗蛋白質   30.0%以上

粗脂肪    20.0%以上

粗繊維    3.0%以下

水分      10.0%以下

粗灰分     8.5%以下

マグネシウム  0.1%以下

スーパープレミアム メンテナンスキャット チキン&ライス フォーミュラ【成猫用】

amazon楽天

キャットフード ネイチャーズドメイン サーモン&ポテト【全年齢用】


容量 8.16kg
価格 4,000円前後/通販サイト
対象年齢 全年齢用
カロリー(100gあたり) 約358kcal / 100g
主となる食材 えんどう豆
原産国 アメリカ
販売元 コストコホールセールジャパン株式会社
原材料 えんどう豆、サツマイモ、サーモンミール、えんどう豆タンパク、フィッシュミール、キャノーラオイル、ジャガイモ、調味料、ミネラル類、塩化コリン、ビタミン類、メチオニン、ラズベリー、トマト、ブルーベリー、タウリン、チコリールート、プロバイオティクス類
保証成分 粗蛋白質   32.0%以上

粗脂肪    14.0%以上

粗繊維    3.0%以下

粗灰分    9.0%以下

水分      10.0%以下

亜鉛       120mg/kg以上

セレン      0.4mg/kg以上

ビタミンE    150IU/kg以上

タウリン     0.15%以上

オメガ6脂肪酸 2.4%以上

オメガ3脂肪酸 0.3%以上

キャットフード ネイチャーズドメイン サーモン&ポテト【全年齢用】

amazon楽天

コストコのキャットフード「カークランド」の口コミ

コストコのキャットフードを購入した方の評判を見てみましょう!

【良い口コミ】

◎ 大容量でとてもコスパがよくいい商品だと思います!食いつきも特に問題ないようで安心しました。また買わせていただきます。

◎ 以前から注文してますが我が家は多頭飼いなので このお値段でこの品質には助かります。

◎ カークランドは吐く事もなく、良いフードでした!

◎ うちは5匹いるので、高品質でこの値段は助かります。食いつきもよく喜んで食べてくれます♩

◎ シェルターに寄付するために買いました。シェルターは一回当たりの消費量が多いため、この大袋さ加減が逆に便利かも。


【イマイチな口コミ】

▲ 20匹ほどの猫を飼っていますが、どの子も、食べてくれません。いろんな缶詰を混ぜても、食べてくれません。

▲ この商品は2回購入しました 初回は問題なく多頭飼いの猫達も食べましたが、2回目は全体に油が回ったように臭くて猫も見向きもせず仕方なく全部捨てました。当たり外れがあるのは困ります

▲ かなりの食べの悪さ。日本製のカリカリを飽きないように何種類もあげてきて、好き嫌いは無いと思っていた家の子がこんなに食べないとは。

▲ 残念ながら我が家のニャンコ達には合わなかったみたいで、食べてくれたのは最初の1回だけ。

コストコのキャットフード「カークランド」!購入と保管方法

コストコのキャットフードはコストコ店頭でしか購入できないと思っていませんか?

ここでは購入方法から保管方法までを説明します。

【購入方法】

コストコ会員でなくても、カークランドのキャットフードを買うことができます。

Amazonや楽天などの通販サイトで購入できますが、コストコ店頭では約1,900円、通販サイトでは約3,800円と少々割高です。それでもコストパフォーマンスは他の追随を許しませんが。

さらに会員の場合は年会費が4,400円かかります。
遠方の店舗へ向かうガソリン代や交通費まで含めると、通販サイトで購入する場合よりもお金がかさむかもしれません。

大まかで結構ですので、一度計算してみましょう。

【保管方法】

スーパープレミアムが11.34kg、ネイチャーズドメインでも8.16kgと大容量です。消費するにも日数がかかりますので、酸化させない事が重要になってきます。

キャットフードは開封した瞬間から酸化が始まるので、可能であれば開封したその日から対策を。開け口を閉じ、湿気と日光を避けた冷暗所で保管して空気に触れる時間を減らすことで酸化を防ぎましょう。

真空パックやジップロックなどに小分けし、脱酸素剤を入れて保管すると長持ちするでしょう。目安として、極力一ヶ月以内に食べきるようにしましょう。


まとめ

<カークランドが選ばれる理由>

★ 11.34kg(8.16kg)と大容量ながら低価格というコストパフォーマンスに優れている
★ 低価格ながら主原材料が鶏肉
★ 着色料不使用
★ 多頭飼いの方にオススメ


コストコのキャットフードはコストパフォーマンスに優れている割に、原材料の質が良いことが分かりました。節約はしたいけれど品質も一定以上が良いと考えている多頭飼いの方にぴったりなのではないでしょうか。

個人的には、とうもろこしやコーングルテンの入っていない「スーパープレミアム 全年齢用」をオススメします。

また、この商品最大の問題は保管方法ですね。フードが酸化しないよう極力空気と触れる時間を減らし、早めに消費することが大切です。主原料が鶏肉なので、夏場は虫が発生するかもしれません。

その他、コストコホールセールジャパンのサイトにはお問い合わせ先もありますので、疑問点があれば訪ねてみましょう。

↓↓↓

>>コストコホールセールジャパン<<


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. 【ペット先進国ドイツ】人気のキャットフード5選!

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. 【C&P オーガニクス】キャットフードを徹底解明!!

  4. キャットフード選びの参考に!AAFCOについて学ぼう

  5. キャットフードで肥満対策はできる!おすすめキャットフード5選

  6. 猫の多頭飼い。キャットフードの「あるある問題」解決法とおすすめ5選

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)