アメリカ産キャットフードランキング5選!

皆さんはアメリカ産のキャットフードと聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか?

「アメリカってジャンクフードのイメージがあるし、栄養価や添加物が心配・・・」なんて方も多いのではないでしょうか。

たしかに、一部品質が低い商品があるのは事実です。しかし、ご安心ください!成分や口コミ等を検証していくうちに、アメリカ産のキャットフードにも、高品質で健康に良い商品がたくさんあることが分かりました!!

この記事では、特にオススメなアメリカ産キャットフードをランキング形式で5つご紹介いたします。

アメリカ産キャットフードが高品質な2つのワケ

アメリカ産キャットフードに高品質なものが多いというのは、ちょっと意外に思われるかもしれませんね。

その理由を探るために、まずはアメリカのキャットフードを取り巻く事情に迫っていきましょう!

(それよりも早く商品のことが知りたい方は、次の「アメリカ産キャットフードのオススメランキング」の章を先にお読みいただければと思います。)

その1. 厳しい法規制


アメリカではキャットフードについて、連邦政府と州政府の2段階で厳しい法規制が行われています。

連邦政府(アメリカの中央政府)は、「連邦食品・医薬品・化粧品法」という法律に基づき、キャットフードの表示や安全性に対して規制を設けています。

連邦政府にはFDA(アメリカ食品医薬品局)という、安全性に問題があるフードの流通を禁止できるなど強い権限を持った機関があり、キャットフード市場を厳格に監視しています。

また連邦政府の法律とは別に、州政府にもキャットフードの安全と品質を守るための州法も存在します。

アメリカにおける厳しい規制の背景には過去の痛ましい事件も関係しており、2007年に起きたペットフードにメラミンという有害物質が混入した事件で、アメリカの多数の犬と猫が犠牲になりました。

このような事件を水際で防げなかったことへの反省が、現在の規制強化に繋がっていったのです。

その2. AAFCOの存在


もう一つアメリカ産キャットフードを取り巻く事情として重要なのが、AAFCO(米国飼料検査官協会)の存在です。

AAFCOはペットフードの栄養基準やラベル表示についての科学的指針を示す機関であり、日本でも「総合栄養食」を証明する基準などに採用しています。

成長期と成猫というライフステージごとに、タンパク質・脂質・ビタミン類・ミネラル類等の下限が細かく定められていますが、法的拘束力がないため基準を満たさないフードも市場に流通しています。

しかし、多くのアメリカ産プレミアムキャットフードはこの栄養基準を満たしており、優れた栄養価を証明しています。


アメリカ産の人気キャットフード5選!

それでは、そんなアメリカ産キャットフードの中から特にオススメできる商品を、ランキング形式でご紹介いたします。

各商品は以下の基準で採点しました。

【原材料】:安全な原材料を使用しているか。25点満点で、不安な原材料1個ごとに5点マイナス

【添加物】:健康に良くない人工添加物を使用していないか。25点満点で、不安な人工添加物1個ごとに5点マイナス

【栄養価】:栄養バランスが優れているか。25点満点で、バランスが取れていない栄養素1つごとに5点マイナス

【価格】 :購入しやすい価格か。100g当たりの単価が200円以下のものを25点満点とし、高価になるごとに減点

第1位 ソリッドゴールド

第1位は、総合得点100点の「ソリッドゴールド」です。

【原材料】:25点
【添加物】:25点
【栄養価】:25点
【価格】 :25点

ソリッドゴールドには、「カッツフランケン」や「フィットアズアフィドル」などのタイプもありますが、ここでは最もオススメな「インディゴムーン」のタイプをご紹介いたします。

まずは、【原材料】と【添加物】から検証していきましょう。

チキンミール・ポテト・カノラオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・えんどう豆・チキン・オーシャンフィッシュミール・乾燥卵・天然風味料・塩化コリン・塩化カリウム・タウリン・DLメチオニン・サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・乾燥チコリ根・人参・パンプキン・パセリ・リンゴ・クランベリー・ブルーベリー・レタス・セロリ・サトウダイコン・クレソン・ホウレンソウ・ブロッコリー・スペアミント・アーモンドオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・セサミオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・ユッカシジゲラエキス・乾燥ケルプ・タイム・ヒラマメ・L-カルニチン・ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンE・硫酸亜鉛・ナイアシン・硫酸第一鉄・L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(ビタミンC源)・パントテン酸カルシウム・チアミン硝酸塩・硫酸銅・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・硫酸マンガン・キレート亜鉛・葉酸・ヨウ化カルシウム・キレートマンガン・キレート銅・亜セレン酸ナトリウム・ビオチン・ビタミンB12・ローズマリーエキス・ラクトバチルスアシドフィルス・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ


ソリッドゴールド(インディゴムーン)はチキンや魚を主原料とし、小麦やトウモロコシなどの穀物不使用なため、穀物アレルギーの猫にも安心して与えることができます。

主原料の「チキンミール」は、鶏肉を粉(=meal)状にしたものという意味で、特段不安な原材料は不使用。

また、人工酸化防止剤や合成着色料などの健康に良くない人工添加物も含まれておりません。

次に、【栄養価】を検証していきます。

粗タンパク質42.0%以上、粗脂肪20.0%以上、粗繊維3.0%以下、水分10.0%以下、オメガ6脂肪酸3.0%以上、オメガ3脂肪酸1.1%以上、代謝カロリー3,860kcal/kg、カルシウム1.50%、リン1.00%、ナトリウム0.30%、マグネシウム0.09%


タンパク質は、猫の体を作るとともにエネルギー源にもなる最も重要な栄養素で、ソリッドゴールドのタンパク質は42%と、今回ご紹介する商品の中で最も豊富に含まれています。

体を作るためにより多くのタンパク質を必要とする幼猫~成長期の猫には特にオススメな一方、高齢猫に与えるときは腎機能への負担を考慮して、念のため与えすぎに注意しましょう。

また、高血圧の抑制や抗アレルギー作用があるオメガ3脂肪酸も豊富に含まれています。

【価格】は内容量ごとに、1.3kg/3,024円、2.7kg/5,076円、5.4kg/9,410円(いずれも税込)の3種類があります。

一番割安である5.4kg/9,410円で計算すると、100g当たりの単価は約174円であり、プレミアムフードの中ではお求めやすい価格と言えます。

口コミには次のようなものがありました。

“お勧めのキャットフードは何?と聞いたブリーダーさんが勧めてくれたのがこちらのインディゴムーンでした。猫の嗅覚を刺激する他メーカーの物に慣れていると移行が難しいかもしれないけど体にはとてもいいものだと聞きました。確かに他メーカーに慣れている我が家の猫達はこれ単品だと食いつきが悪いですが、長い目で見た時に健康のためにはいいかと思っています。(後略)” (楽天市場レビューより)


ブリーダーさんもオススメしている商品。

低品質なキャットフードの中には食いつきを良くするために人工香料を使うものも多いですが、アレルギーを引き起こすことがあるため、無添加で素材の香りを活かしたフードは安心ですよね。

“ソリッドゴールド カッツフラッケンと一緒に購入。残念ながら、我が家の猫様方は、カッツフラッケンの方が、お好きなようです。粒も、カッツフラッケンの方が小さいので(十字型)下顎が小さい猫や、18歳の老猫にはカッツフラッケンの方が良いようです。(後略)”(Amazonレビューより)


たしかに高齢の猫ちゃんには、タンパク質が多すぎない(34%)カッツフランケンタイプの方が適しているかもしれません。

ただしカッツフランケンは玄米や大麦を使用しており、グレインフリーではありませんのでその点はご注意ください。

ソリッドゴールド

amazon楽天

第2位 アーテミス


第2位は、総合得点95点の「アーテミス」です。

【原材料】:25点
【添加物】:25点
【栄養価】:25点
【価格】 :20点

アーテミスには、「フレッシュミックス」や「アガリクスI/S」などのタイプもありますが、ここでは最もオススメな「オソピュア グレインフリー」のタイプをご紹介いたします。

まずは、【原材料】と【添加物】から検証していきましょう。

フレッシュサーモン・ドライサーモン・えんどう豆・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・ヒマワリオイル・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・DLメチオニン・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・パンプキン・ココナッツオイル・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ・キレート亜鉛・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・混合メナジオン重亜硫酸ナトリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ビタミンD・葉酸



アーテミス(オソピュア グレインフリー)はサーモンを主原料とし、穀物不使用。

ビタミンB1・カルシウム・カリウムといった栄養が豊富なガルバンゾー豆を配合するなど健康に配慮して作られており、不安な原材料は含まれておりませんでした。

また、人工酸化防止剤や合成着色料などの健康に良くない人工添加物も含まれておりません。

次に、【栄養価】を検証していきます。

粗タンパク質35.0%以上、粗脂肪18.0%以上、粗繊維3.0%以下、水分10.0%以下、オメガ6脂肪酸2.8%以上、オメガ3脂肪酸0.6%以上、カルシウム1.97%、リン1.40%、ナトリウム
0.36%、マグネシウム0.10%、代謝カロリー3,861kcal/kg


アーテミスには、タンパク質が35%と豊富に含まれており、AAFCOの栄養基準(成長期30%、成猫26%)を十分に満たしています。

それ以外の脂質・炭水化物・ミネラル類も過不足無く含まれており、栄養バランスが良いフードと言えます。

【価格】は内容量ごとに、900g/2,608円、1.8kg/4,365円、4.5kg/9,049円(いずれも税込)の3種類があります。

一番割安である4.5kg/9,049円で計算すると、100g当たりの単価は約201円と、プレミアムフードの中では標準的な価格と言えます。

ネット上の口コミから、ユーザーさんの実感も見ていきましょう。

“うちのこは食物アレルギーになるものが多く、この商品以外のカリカリはいっさい食べられません。探して探してたったひとつ、見つけました。食いつきも悪くなく、メインのウェットタイプと交互に食べています。”(Amazonレビューより)


アレルギーを引き起こしやすい原材料が含まれていことは、やはり安心できるポイントですね。穀物不使用で日本の猫が好きな魚を主原料としたフードは、食いつきの良さにも期待できます。

アーテミスに関しては悪い口コミがほとんど見当たらず、ユーザー満足度もとても高い商品のようです。

アーテミス

amazon楽天

第3位 ウェルネス


第3位は、総合得点90点の「ウェルネス」です。

【原材料】:25点
【添加物】:25点
【栄養価】:25点
【価格】 :15点

ウェルネスには猫のライフステージごとに様々なタイプがありますが、ここでは「穀物不使用 成猫用 骨抜きチキン」のタイプをご紹介いたします。

まずは、【原材料】と【添加物】から検証していきましょう。

骨抜きチキン、チキンミール(グルコサミンおよびコンドロイチン硫酸源)、えんどう、ひよこ豆、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、粗挽き亜麻仁(オメガ-3脂肪酸源)、乾燥粗挽きじゃがいも、チキンエキス、サーモン油、クランベリー、チコリ根抽出物、乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、アスコルビン酸、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸)、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)


ウェルネス(穀物不使用 成猫用 骨抜きチキン)はチキンを主原料とし、穀物は一切使われておりません。

また人工添加物は含まれておらず、酸化防止剤には天然由来の成分が使用されています。

次に、【栄養価】を検証していきます。

たんぱく質40.0%以上、脂質18.0%以上、粗繊維4.0%以下、灰分7.5%以下、水分10.0%以下、カルシウム1.0%以上、リン0.8%以上、ビタミンA25,000IU/kg以上、ビタミンE200IU/kg以上、タウリン0.2%以上、オメガ6脂肪酸4.0%以上、オメガ-3脂肪酸0.8%以上、代謝エネルギー(ME):約390kcal/100g


タンパク質が40%ととても豊富なので幼猫~成長期の猫には特にオススメですが、高齢猫に与えるときは念のため与えすぎに注意しましょう。

また、猫にとっての必須栄養素であるタウリンも豊富で、AAFCO栄養基準(0.1%)の2倍も含まれています。

【価格】は内容量ごとに、400g/1,209円、800g/2,073円(いずれも税込)の2種類があります。

一番割安である800g/2,073円で計算すると、100g当たりの単価は約259円と、少々お高めな価格でした。

口コミには次のようなものがありました。

“カリカリでこんなに喜んで食べたのは多分初めてです。普段与えている国産とはいえ特売のカリカリは「仕方なく喰ってる」感がありましたが、これだと美味しそうに食べてます。咀嚼音が聞いてて気持ち良いくらい、最後の一粒まで名残惜しそうに食べてました。価格が安くないので安カリカリと混ぜて与えてみようかな。”(Amazonレビューより)


食いつきの良さを評価する声が多かったです。しかし、一部では次のような口コミもありました。

“魚の入っていないフードを探して、内容も良かったので試してみましたが全く食べません。匂いも普通なのに何が気に入らないんだろう。内容のわりに値段も安く良いの見つけたと思ったのに残念。”(Amazonレビューより)


猫ちゃんによっては、あまり食べてくれないこともあるようですね。ウェルネスにはチキンタイプの他にサーモンタイプもありますので、好みに合わせて与えるのが良いでしょう。

フードを切り替える際は、元々のフードに新しいフードを混ぜて与え、徐々に新しいフードの割合を多くしていくと、食べてくれる可能性が高くなるのでオススメです。

ウェルネス

amazon楽天

第4位 ハロー


第4位は、総合得点85点の「ハロー」です。

【原材料】:25点
【添加物】:25点
【栄養価】:20点
【価格】 :15点

ハローには猫のライフステージと主原料ごとに様々なタイプがありますが、ここでは「アダルト ヘルシーサーモン グレインフリー」のタイプをご紹介いたします。

まずは、【原材料】と【添加物】から検証していきましょう。

サーモン、ホワイトフィッシュ、全卵、エンドウ豆プロテイン、ひきわりエンドウ豆、エンドウ豆粉、大豆エキス、ジャガイモ、エンドウ豆繊維、鶏脂(ミックストコフェロールとクエン酸で酸化防止)、チキンレバー、亜麻仁(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸源)、DL-メチオニン、ニンジン、クランベリー、ブルーベリー、リンゴ、ズッキーニ、アルファルファ、タウリン、サツマイモ、イヌリン、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、コバルトアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、マグネシウムアミノ酸キレート、ヨウ素、セレン)、プロバイオティクス(ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌)


ハロー(アダルト ヘルシーサーモン グレインフリー)はサーモンや白身魚を主原料とし、穀物不使用の他にも不安な原材料はありません。

また、人工酸化防止剤や合成着色料などの健康に良くない人工添加物も含まれておりません。

次に、【栄養価】を検証していきます。

たんぱく質33.0%以上、脂肪14.0%以上、粗繊維5.0%以下、灰分6.5%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.9%以上、リン0.8%以上、マグネシウム0.15%以下、ビタミンE200IU/kg以上、オメガ3脂肪酸0.5%以上、オメガ6脂肪酸3.1%以上、メチオニン0.62%以上1.36%以下、L-カルニチン492mg/kg以上、タウリン0.1%以上、代謝エネルギー(ME)408kcal/100g


ハローには、タンパク質が33%とまずまず豊富に含まれています。脂質の割合が低くヘルシーですが、カロリーはやや高いので、与えすぎに注意しましょう。

気になる点はマグネシウム量が他のフード(0.09%前後のものが多い)より高いところです。

過剰摂取すると尿路結石の原因になることがあるので、尿路結石を患ったことがある猫は、他のフードを与えた方が良いでしょう。この点はマイナスとします。

【価格】は内容量ごとに、400g/1,404円、1.6kg/4,320円(いずれも税込)の2種類があります。

一番割安である1.6kg/4,320円で計算すると、100g当たりの単価は270円と、少々お高めな価格でした。

口コミには次のようなものがありました。

“アレルギーのコがいるので、グレインフリーはとても助かります。
メインでは他社のグレインフリーのフードですが、こちらを混ぜてあげるとさらに喜んで食べています!(´▽`*)
ちょっとお値段高めのフードなので、サブとして活躍してもらおうと思います(/ω?*)”(楽天市場レビューより)


ハローの口コミ評価はとても良いものばかりでしたが、少々高価なのが難点です。

普段使いにするには気が引けるという場合は、口コミにもあるとおり他のフードに混ぜて与えたり、ご褒美としてたまに与えたりといった使い方も良いかもしれませんね。

ハロー

amazon楽天

第5位 アボダーム


第5位は、総合得点80点の「アボダーム」です。

【原材料】: 5点
【添加物】:25点
【栄養価】:25点
【価格】 :25点

アボダームには、猫のライフステージと主原料ごとに様々なタイプがありますが、ここでは「アダルト サーモン」のタイプをご紹介いたします。

まずは、【原材料】と【添加物】から検証していきましょう。

乾燥サーモン、サーモン、玄米、白米、卵、鶏脂肪、じゃがいも蛋白、オートミール、トマト繊維、かぼちゃ、乾燥アボカド果肉、ナチュラルフレーバー、イヌリン、チコリー根、塩、クランベリー、塩化カリウム、ブルーベリー、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンK、ビタミンA、ビタミンB6、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸)、ミネラル(硫酸鉄、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、アボカドオイル、タウリン、パセリ、海藻、メチオニン、ユッカエキス、イノシトール


アボダーム(アダルト サーモン)はサーモンを主原料としています。原材料には玄米・白米といった穀物が含まれており、それぞれマイナス5点です。

これらはアレルギー性が高い穀物というわけではありませんが、猫は一般的に穀物の消化が苦手なため、あまり好ましくない原材料です。

猫の腎臓に負担をかけることがある塩が含まれているのも、マイナスポイントです。

アボカドは栄養豊富ですが、ペルシンという猫にとっての毒素が含まれています。口コミ等を見る限りまず問題は無いと思いますが、どのように無毒化しているのかが詳しく説明されていないため、一応この点もマイナスとしました。

人工酸化防止剤や合成着色料などの健康に良くない人工添加物は含まれておりません。

次に、【栄養価】を検証していきます。

粗タンパク34%以上、水分10%以下、粗脂肪18%以上、粗灰分7.0%以下、粗繊維4.0%以下、代謝エネルギー ME 379kcal/100g、マグネシウム0.11%以下、タウリン0.15%以上


タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素が過不足無く含まれており、栄養バランスが良いフードと言えます。猫の必須栄養素であるタウリンも豊富です。

【価格】は内容量ごとに、400g/1,268円、1.2kg/3,145円、9kg/14,596円(いずれも税込)の3種類があります。

一番割安である9kg/14,596円で計算すると、100g当たりの単価は約162円と、プレミアムフードの中ではお求めやすい価格でした。

口コミには次のようなものがありました。

“Avo Dermは食べやすい形状で、どの味も食いつきがいいです。
ナチュラルフードですし、安心して与えています。常備フード。”(Amazonレビューより)


上記のような高評価が多い一方、次のような声もありました。

“うちの子は2ニャンとも全然食べませんでした。 香りは魚の香りがありますが、部屋にいて匂うほどではありません。
質は良さそうなので残念でした。”(Amazonレビューより)


アボカドなど他のフードで使用されることが少ない原材料が含まれていることもあってか、猫によって好き嫌いがあるのかもしれません。

いきなり9kgの大容量を購入されるよりは、まずは試しに400gの商品を購入される方が良いかもしれませんね。

アボ・ダーム

amazon楽天

おわりに

ここまでオススメできるアメリカ産キャットフードをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

市販のアメリカ産キャットフードの中には、人工添加物が多用されているような粗悪な商品も一部ありますが、きちんと原材料や成分を検証していけば、今回ご紹介した商品を始め、高品質フードはたくさんありますよ!

原産国のイメージだけで高品質なフードを敬遠してしまってはもったいないので、ぜひこの記事をご参考にしていただき、商品選びの選択肢に加えていただければ幸いです。

→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  2. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

  3. 子猫の人気おやつ6選!いつから与える?

  4. 元動物病院スタッフが教える!獣医師おすすめのキャットフード

  5. 【C&P オーガニクス】キャットフードを徹底解明!!

  6. 子猫(キトン)におすすめのキャットフード5選!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)