猫のあくびには意味がある!種類や体調を見分ける方法とは?


猫は1日の大半を寝て過ごすため、あくびをしている姿をみると「まだ眠いのかな?」と思ってしまいますよね。

実際の猫は眠たい時以外に、不満がある時や構ってほしい時など、猫は飼い主への意思表示としてあくびをします。また、猫によってはあくびをした時に口からの息が「臭う」と感じる飼い主もいるようです。

飼い主さんは、猫のあくびの種類や仕方、臭いをしっかりとマスターしておくと、飼い猫との距離もグッと近くなりますよ。

そこで今回は、猫を飼っている人向けに、頻繁にあくびをする理由や考えていることなどをご紹介していきます!

猫のあくびについて

1、猫があくびをする意味とは?

基本的にあくびとは口を大きく開けて、空気をたくさん吸い込む行為。これは口から息を多く吸い込むことで、脳に酸素をいきわたらせるためです。

人は眠たいときや、目覚めた時に多く「あくび」をしますよね。このようにして気持ちの切り替えをしています。

猫の場合はどうでしょうか?

まず、猫は1日にあくびを4~5回すると言われています。猫があくびをする理由は、眠いたい以外に猫なりの気持ちや感情が隠されているケースがほとんどです。

それでは、猫のあくびにどのような心理があるのか順番に見ていきましょう。

2、理想的な猫のあくびとは?

お腹を撫でる、ブラッシング中にあくびをしているのが理想的です。飼い主さんと触れあっている時に、猫があくびをするのが一番良いとされています。

のどを「ゴロゴロ」慣らして甘えてきたら、心もリラックスしているので、たまった不満を瞬時に取りのぞくこともできます。猫の理想的な接触時間は1日4時間と言われていますので、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

3、ストレスがたまっている時に猫はあくびをする

苦手な乗り物や、なれない場所に連れて行かれた時など、ストレスがたまっている時はあくびの回数が多くなります。興奮や緊張をしている時に、気持ちを落ち着かせようとするため、あくびが出てしまうようです。

なんとか気持ちを落ち着かせようと猫なりに努力をしているサインですので、何かで気分を紛らわせてあげるのがポイントです。

あくびのほかにグルーミングや爪とぎの回数が多い時も、ストレスがたまっています。怖がっている時や、興奮している時は、おもちゃやおやつを使って気をそらしてみましょう。

4、ストレッチの意味をこめて猫はあくびをする

活動を開始しようとしている時や、やる気を出す時になどに多く見られます。睡眠をたくさんとった後や、ご飯を食べた後にあくびをする場合は「よし!これから動くぞ!」のサインです。

また、同時に腕や足を伸ばす猫もいます。どちらも「これから活動します!」の合図のため「やる気スイッチ」がはいったら、猫のおもちゃや、キャットタワーで上下運動が出来る環境作りを整えてあげましょう。

5、猫がリラックスしているのあくび

猫は1日15~20時間ほど睡眠をとるとも言われていますよね。このため猫用ベッドなどで、くつろぎながらあくびをしている時はリラックスしているサインでしょう。

この時、同時にみられるのが「グルーミング」です。

猫は子猫の時に母猫から体を舐めてもらい、安心感や幸福感などを得ながら成長していきます。成猫になっても自分の体に刺激を与えることでリラックス効果を得ています。

このためグルーミングをしているうちに眠たくなって、あくびが出てしまうのでしょうね。

1日の大半を寝て過ごすので、だらけている時のあくびは本当に「眠い」のかもしれません。できるだけ猫ベッドや温度などに注意をして快適な環境を作ってあげてください。

6、眠いのに不満がある時も猫はあくびをする

人間と同じく眠い時も猫はあくびをするのは理解頂けたと思います。ですが、猫は眠いのに飼い主さんにおこされてしまった…
なんて時も猫は大きなあくびをする時があります。

そっとして欲しいのに、触ってしまうと不満からあくびをすることも。同時にしっぽをブンブン振って「眠いのに邪魔すんな!」と意思表示する猫もいます。

自分の気持ちを飼い主が理解してくれない時に出てしまう「ため息」に近いあくびかもしれませんね。

猫は暇な時もあくびをする

退屈で暇な時も、猫はあくびをします。

遊んでほしいと思っている時は、首を伸ばして一点を見つめている時が多いのでおもちゃで反応をみてください。遊ぶようだったら退屈していたサインですのでしっかりと遊んであげてくださいね。

飼い猫が「伏せている時」も退屈をしている証拠です。本来は「警戒」をするポーズですが、飼い猫の場合は安全な環境にいるため「なにか面白いことはないのかな?」と探している姿と言われていますよ。

この状況が長く続けば猫もストレスがたまりますので、ブラッシングをしてあげるなどスキンシップを取ってあげましょう。

猫のあくびについてのよくある疑問

猫があくびをしながら鳴くのは何故?

飼い猫が声を出してあくびをしている時は、室内飼いに多いとされています。

本来猫は、ムダな声をださない生き物。このため、敵に見つからないようにするため野良猫などは喧嘩や、発情期以外は声を出しません。飼い猫であくびの時に声がでるのは、安心している証拠と言えるでしょう。

長い間、飼い猫として生活をしていくうちに「ここは安全だ!」と感じるのかもしれませんね。気分が良い時に自然にでてしまう声なので、鳴きながらあくびをしたら信頼されていると思いましょう。

猫はたくさん話しかけると「に~あお」とおしゃべりな猫になります。あくびの鳴き声を聞きたい飼い主さんは、たくさん猫に話しかけてみてはいかがでしょうか?

猫は目が合うとあくびをするのは何故?

目があった時に猫が「ふ~あ~」とあくびをした経験はありませんか?

もともと猫は目を合わせるのを嫌う生き物。猫の視野はぼんやりとしか見えていないと言われており、見える距離も6メートル程度です。

ぼんやりの視界の中、猫は相手が敵なのか、味方なのが瞬時に判断しなければいけません。それでも猫と目が合うのは、攻撃する合図や敵だと思われているサインと思いましょう。

このため、上から見下ろした場合や、猫が不利な状況になった時に、飼い主をじっと見つめてきます。

ですが、信頼できる飼い主と目があった時は、あくびをしつつ目線をそらします。緊張を和らげつつ「あなたのことは敵だとは思っていないですよ」と言っているサインです。

猫があくびをしている時に指を入れると気持ちがわかる?

猫を飼っていると、あくびをしている猫の口の中に、指を入れている飼い主さんの姿も。



こちらは「オエェッ!」とならない様に指を横に入れているバージョンです!



実は、指を入れた時の猫の反応で、今どのような気分なのかチェックできるんですよ。

【指を入れても口を閉じて怒らない】
いたずらに付き合ってくれる場合は、飼い主のことを大切に思っている証拠です。口の中をかしてくれた猫に対して、きちんと褒めてあげましょう。

【途中でやめて顔をそむける】
指を入れられて大変困っている状況ですが、これ以上猫を怒らせないように気をつけたほうがよいかもしれません。

【ガブリと指を噛んでくる】
指をいれてすぐに噛んでくる場合は、怒っている証拠です。さらに信頼関係ができていない猫の場合は、ガブリと噛むケースが多いようです。

また、猫の大好物を触った手で、口の中にいれてしまうと猫が餌を勘違いする可能性も…。しっかり手を洗ってから、行うようにしてくださいね。

甘噛みで噛んでくる場合は、仕方なく遊びますよ…と言っているサインです。

猫のあくびと病気の関係性は?

猫があくびをする時は、心理状態だけでなく、健康状態も把握できるって知っていますか?

飼い主さんは猫があくびをしたら、口の中をチェックしてみましょう。

★猫の口内チェックのポイント

・口内はきれいなピンク色か?
・よだれがでていないか?
・歯茎に炎症や腫れはないか?
・茶色い歯石はないか?
・口の中が出血していないか?

また猫は誤飲をした時や、喉に何かがつまっている時も大きく口を開けます。とがった物や、固いものをたべた危険性もありますが、おやつが大きすぎで飲み込めない場合もあくびに似た動きを見せます。

このため、あくびをしていると勘違いしてしまう飼い主さんもいるようです。

上記の状態が見られたら、

・食事をしてもむせてしまう
・食事が出来ない
・水が飲めない

などが続き脱水症状の危険が出てきます。すぐに獣医師に相談することをオススメします。

猫があくびをすると臭い理由

猫は3歳を過ぎると「歯周病」になる確率が多いため、あくびをして臭う場合は注意してください。歯磨きをしていない猫は早い段階から歯周病にかかりやすくなります。

歯周病になると、治療をしなければ臭いが消えることはありません。結果、あくびをして息を吐いた時に、飼い主さんに腐敗臭が届くわけです。歯石がある時は、とくに口腔内の臭いもきつく感じます。

他にも、下記のケースは要注意です!

・歯茎から出血している
・歯がない
・歯がぐらぐらしている

猫のあくびの臭いに気がついたら飼い主ができること

ただの口臭だと思っていたのに、実際は腎臓の病気や猫風邪で口臭がしていたケースもあります。素人判断は大変危険ですので、まず、臭いを感じたら動物病院で歯周病のチェックを受けましょう。

歯周病の処置は、全身麻酔をして獣医師がスケーリングといって、医療器具を使いながら歯石を完全にとりのぞいてきます。歯の歯石や炎症を取りのぞくため、臭いは消えますが猫の体には負担がかかります。

このような状況を避けるためには、毎日の歯磨きが欠かせないと言えます。ですが「猫に歯磨き」と聞くと慣れない飼い主さんも多いでしょう。

・専用の歯ブラシを使う
・口腔洗浄剤をつかう
・ガーゼなどをつかって歯をふく
・口臭対策スプレーを使う

上記の方法などがあるので、猫にあった磨き方を色々と試してあげると良いかもしれませんね。猫用の口臭対策スプレーは、猫の飲み水に入れて使うタイプもあるので簡単で便利ですよ。

ブラッシングをしている時に同時に歯を磨き慣れさせる方法もあります。ブラッシング用のブラシを多めに用意しておくと良いでしょう。

また、ウエットフードを与えている猫や、シニア猫は歯の間に食べカスが残りやすくなります。フードをかえるのは難しいかもしれませんが、できるだけドライフードを与え普段からの歯磨きを心がけましょう。

猫のあくびから人間にうつる病気はあるの?

猫のあくびを見ていたら「猫に引っかかれた」「噛まれてしまった」というケースもあります。

また、あくびをした時に「指」を入れている飼い主さんは、猫をさわったら必ず手を洗うようにしましょう。猫の口の中はたくさんの菌がありますので人へ感染して、重傷化してしまうケースもあるからです。

・パスツレラ症
健康なネコでも日常的に存在している常在菌ですので猫は何も症状がありません。猫に噛まれたりすると、体内に菌が侵入し傷口の腫れなどがあります。

・カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症
猫に噛まれた時に発熱・腹痛・吐き気などの症状や、重視症になると髄膜炎などのケースもあります。必ず感染するわけではありませんが、乳幼児や抵抗力のない方は猫との濃厚な接触は避けた方がよいかもしれません。

この病気は、室内飼いを徹底することや、予防接種を受けるなど健康管理をきちんとしていれば防げる病気です。

なによりも猫をさわったら必ず手をあらう習慣を身につけましょう。

ただただ可愛い♩猫のあくび4連発!



ねこのあくびもうつります。


万歳をしながら大あくび!癒されますよね。


すでに不機嫌そうですが…


まとめ

今回は、猫のあくびの仕草などで猫の気持ちが、何となく理解して頂けたかと思います。

猫があくびをするのは眠たい時や、気持ちを落ち着かせたい時などたくさんあります。飼い主さんも今どんな気持ちなんだろう?と察することも可能ですし、コミュニケーションも取りやすくなるかもしれません。

また、猫のあくびで健康チェックもできますので、見逃さないように猫の近くにいるのも喜ぶかもしれませんよ。

少しは猫のあくびについて見方が変わったかも?という飼い主さんもいるかもしれません。この機会に、猫と触れあう時間を多めにしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 猫が爪とぎをする理由と対策!おすすめ爪とぎランキング

  2. 猫がご飯を吐く原因と正しい対処法

  3. 猫にも健康診断は必要?検査費用はどのくらい?

  4. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  5. 猫を飼うならペット保険に入るべき?猫の病気と医療費について

  6. 【ビートパルプ不使用のキャットフード】選び方とおすすめ3選

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)