【ビートパルプ不使用のキャットフード】選び方とおすすめ3選

猫ちゃんを飼っている方なら、一度はキャットフードの表記に「ビートパルプ」という文字を目にしたことがあるのではないでしょうか?

ビートパルプは、「絶対に猫ちゃんにあげてはいけない危険なもの!」という意見もあれば、「少量なら必要!」という意見もあります。

そもそもビートパルプとはどんなもので、猫ちゃんにどんな影響を与えるものなのか?ここでは詳しくお話しし、おすすめのキャットフードもご紹介いたします!

おすすめのビートパルプ不使用キャットフード!

今すぐ見るならこちらから♩

↓↓↓
 

おすすめ3選!ビートパルプ不使用キャットフード

ビートパルプとは?

キャットフードの中には様々な原料が使用されています。その中には、ビートパルプという聞きなれないものが入っていることもありますよね。

そもそもビートパルプとはどんなものなのでしょうか?

【ビートパルプの原料】

ビートパルプの原料は、砂糖の原料である甜菜(シュガービート)です。

この甜菜から、砂糖の元となる甘味成分を搾り取った後の残りかすが、ビートパルプとなっています。

【ビートパルプの作られ方】

ビートパルプの作り方はいたってシンプルで、甜菜から甘味成分を絞り出したものを乾燥させ固めるだけです。

国産のビートパルプの多くは、甜菜に圧力をかけて甘味成分を絞りとってつくられるので安全ですが、海外で作られるビートパルプの中には、安く効率的に甘味成分を取り出すために薬品を使っていることがあります。

この薬品は硫酸系のもので、しかもキャットフードや家畜の飼料にする際にほとんど洗浄もされずそのまま使用されるので、食べた猫や家畜に悪影響を与えてしまう事になるのです。

ビートパルプのメリット、デメリット

ビートパルプの入ったキャットフードは猫にとって良くないと言われていますが、本当にそう言い切れるのでしょうか?

ここではビートパルプのメリットやデメリットなどについてご紹介します!

【ビートパルプのメリット】
ビートパルプが100%猫にとって良くないものなら、キャットフードに使用されることはありませんよね。

ではビートパルプのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

◎ 体内の毛玉を外に出してくれる
猫が良く行っている毛づくろいですが、この時多くの毛を猫は直接飲み込んでいます。

多くの場合、飲み込んだ毛玉は吐き出したり便と一緒に排出されたりするのですが、体内に大量に溜まってしまうと自力で外に出すことが出来ず、最悪の場合切開手術で出すことも。

ビートパルプはおなかの中で膨らみ、体内に残っている毛を集めて一緒に排出されるので、猫のおなかに毛が溜まってしまうのを防いでくれます。

◎ 腸内環境を整えてくれる
ビートパルプには、豊富な食物繊維が含まれています。この役割の一つが、消化を助け善玉菌のえさになり善玉菌を増やしてくれるというものです。

他にも、肉食の猫の腸内をアルカリ性から酸性にすることで悪玉菌を減らし、腸内環境を整えることで便の硬さを調整して臭いを抑えてくれる効果があります。

【ビートパルプのデメリット】
ビートパルプは豊富に含まれる食物繊維が猫の体内で様々な活躍をしてくれる一方、たくさんのデメリットもあります。

△ 消化不良を起こす
猫は元々肉食なので食物繊維を消化するのは得意ではありません。

その為、食物繊維の多いビートパルプを摂取することで消化不良を起こしてしまい、便秘や下痢・嘔吐などの原因となります。

△ 薬剤が悪影響を及ぼすことも
粗悪なビートパルプの中には、甘味成分を絞り出すときに硫酸系の薬剤を使用し、洗浄もせずそのままキャットフードなどに使用されることがあります。

そんなキャットフードを口にする猫への悪影響は計り知れません。

△ 甘味成分の影響
甜菜から甘味成分を取り出す際、どうしても微量の甘味成分が残ってしまいます。この成分は猫にとって良くないものの1つで、肥満、ビタミンB1の欠乏症、心疾患、がんなどを引き起こす原因となります。

△ 便秘を引き起こす
ビートパルプは食物繊維を豊富に含んでいます。その為、下痢を起こしている猫にとっては便を固めてくれる効果があります。

しかし、特に便秘をしていない猫に対しては逆に便を固くしすぎて便秘を引き起こす原因となってしまいます。

キャットフードにビートパルプが入っている理由

猫に食物繊維を食べさせたいのなら、ビートパルプ以外の物でも使用できる原料はたくさんあります。ではなぜ、わざわざビートパルプを使用しているのでしょう?

それは、ビートパルプは値段が安いから。つまり、カサ増しです。

猫が好んで食べるキャットフードの原材料といえば肉や魚ですが、これらばかり使用してしまうと、どうしても値段が高くなってしまいなかなか買ってもらえません。

その為、値段の安いビートパルプを入れてキャットフードをかさ増ししていることも考えられます。さらに、安いビートパルプでもきちんと洗浄すればそれだけ手間と費用が掛かります。

つまり、値段の安いだけのキャットフードでビートパルプが使用されている場合、それだけ猫に悪影響を与える可能性が高いと言わざるを得ないのです。

★ ビートパルプに変わる原材料とは?

りんご、かぼちゃ、さつまいもなど食物繊維豊富な原材料はたくさんあり、これらの原材料がビートパルプと同じ働きをしてくれます。

りんごなどの果物に含まれる食物繊維には、腸の善玉菌を増やしてくれる効果がありますし、かぼちゃやさつまいもなどの野菜に含まれる食物繊維には便を出しやすくしてくれるだけでなく、毛玉ケアの効果も期待できます!

ビートパルプが含まれていなくても、猫の胃腸の働きを整えてくれるキャットフードはたくさんあるのです。


ビートパルプ入りキャットフードの口コミ

では、実際にビートパルプ入りキャットフードを利用したことのある飼い主さんの口コミをいくつかご紹介します!

・あげるとよく食べてくれるのはいいのですが、時々吐いてしまうという事があります。きちんと食べてくれますがやはり気になります。

・今まで下痢をすることが多かったのですが、ビートパルプ入りの餌に変えてからは定期的にしっかりと固まったうんちが出るようになりました。

・ビートパルプ入りと知らずにキャットフードを購入したら、便秘になってしまいました。最初は何が原因かわからなかったのですが、ビートパルプが含まれていたので、多分このせいかなと思っています。

ビートパルプが含まれているキャットフードの中には、便秘改善や毛玉対策用として販売されているものが多いですが、その分別のデメリットを感じる人もいます。

何よりも、猫の食べっぷりより見えない悪影響が怖いという意見が多く見られました。

ビートパルプ不使用キャットフードの選び方

ビートパルプが使用されているキャットフードには、きちんとわかるように必ず原材料名に記載があります。その為、成分表示にビートパルプが記載されていないキャットフードを選びましょう。

キャットフードの原材料を見てみると、ビートパルプが使用されているものにはそのまま「ビートパルプ」と書かれています。

しかし、そのビートパルプがどこで作られたものなのか、そしてどのように加工されたものなのかというのは分かりません。

つまり、同じビートパルプでも国産のもので圧力をかけて甘味成分を抽出した後にきちんと洗浄された安全の物もあれば、薬品を使用して甘味成分を抽出して洗浄せずにそのままキャットフードの原料として使用されているものもあると考えられるという事です。

そう考えると、やはりビートパルプが使用されているキャットフードは極力買わない方が安全だと言えます。高品質な動物性タンパク質がメインのキャットフードが望ましいのです!

ビートパルプ不使用キャットフードおすすめ3選!

では、ここではビートパルプ不使用で安全なキャットフードをいくつかご紹介します♪

【モグニャン】

モグニャンは、ビートパルプだけでなく猫が消化しにくい穀物・セルロースも不使用のキャットフードです。

しかし、食物繊維を多く含むさつまいもを使用しているので腸内環境もきちんと整えてくれます。

他にも、白身魚を63%も使用されているので、お肉よりお魚派の猫も好んで食べてくれる味に仕上がっているのもおすすめの点です。

↓↓↓

モグニャン♩♩

>>詳細はこちら!!<<



【カナガン】

カナガンキャットフードも、モグニャンと同じようにビートパルプ・セルロース・穀物不使用のキャットフードとなっています。

食物繊維摂取にはさつまいもを多めに使用しているので安心です。

他のビートパルプ不使用キャットフードと比べると繊維質の割合が若干低めとなっていますが、本来猫は食物繊維を取らないので特に問題はありません。

どうしても便秘になりがちな場合は食物繊維を多く含む野菜を別にあげることをお勧めします。

↓↓↓

カナガン♩♩

>>詳細はこちら!!<<



【ねこはぐ】

ねこはぐは、ここでご紹介できる唯一の国産のキャットフードです。

ビートパルプ不使用なのはもちろん、ヒューマングレードで国産材料使用・国内製造・無添加のキャットフードとなります。

ビートパルプ不使用な分繊維質は少なめですが、その分栄養バランスがすぐれたキャットフードとなっています。

他のキャットフードと比べると水分量が高く若干柔らかめなので、全ての年齢の猫にも安心してあげることができますよ。

↓↓↓

ねこはぐ♩♩

>>詳細はこちら!!<<

おわりに

キャットフードの中には、猫のおなかの調子を整えたり、毛玉ケアの為にビートパルプが使用されていたりするものが多くあります。

しかし、ビートパルプの中には猫に悪影響を与える粗悪なものもありますし、何よりもビートパルプ自体が猫によってよくない食物です。

もしも、きちんと猫の事を考えてキャットフードを選ぶなら、ビートパルプが含まれているものよりもそれに代わる野菜や果物を使用したビートパルプ不使用のキャットフードを選んであげましょう。

愛猫が毎日口にするキャットフードですから、猫が喜んで食べてくれるものだけでなく、きちんと猫の体の事も考えて選んであげたいですね。


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. 猫が食べてもいい食物とは?身近な物もチェック!

  2. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  3. キャットフードで肥満対策はできる!おすすめキャットフード5選

  4. ペットショップで買えるキャットフード!元店員のおすすめ3選

  5. 猫がご飯を吐く原因と正しい対処法

  6. 【C&P オーガニクス】キャットフードを徹底解明!!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)