【獣医師が教える】猫の便秘解消に!おすすめキャットフード3選

なんだか最近愛猫ちゃんのうんちの出が悪いな・・・と感じたことはありませんか?

実は猫ちゃんは便秘になりやすい生物ということをご存知でしょうか。たかが便秘、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、重度の場合は治療が必要になることもあるんですよ!

そこでここでは便秘の原因や症状、便秘解消におすすめのキャットフードの選び方などを分かりやすくご紹介していきたいと思います。

猫の便秘の原因や症状とは

猫ちゃんと生活をしていると、なんとなく、これって便秘かな?と思うことはありますよね。

しかし、本当に便秘なのか、このまま放っておいて問題がないのかなど、猫ちゃんの便秘について正しい知識を持っていないという方は少なくないのではないでしょうか。

そこでまずは猫ちゃんの便秘の症状と原因についてご紹介します!

【これって便秘?気になる症状】

そもそも便秘というのは、便が溜まっているのに出にくい状態をさします。健康な猫ちゃんであれば1日1~2回ほどうんちをするのですが、うんちが2~3日出ていない場合は、便秘になっていると考えてください。

また、一口に便秘といっても、症状の軽いものから重いものまでさまざまありますので、重症度別ご紹介します。

愛猫ちゃんに当てはまるものがないか確認しながら見てみてくださいね。

初期症状
・うんちの水分量が少なく、コロコロで硬い
・トイレでいきんでいる時間が長い

本格的な便秘症状
・トイレで力んでもうんちが出ない
・トイレでいきんでいるときに苦しそうに鳴く
・お腹を触られることを嫌がる
・いきみすぎて吐いてしまう

重度の便秘症状
・お腹が張っている
・よく吐く
・元気がなくぐったりしている


初期症状が見られたら便秘対策を行うか、何日も続くようであれば動物病院を受診するようにしましょう。

また、本格的な便秘症状や重度の便秘症状が見られたらすぐに動物病院を受診し、治療を受けてくださいね。

【便秘の原因はコレだった!】
猫の便秘の原因は実にさまざまですので、よくみられるものを詳しくみていきましょう。

△ 水分不足

猫ちゃんのご先祖様は砂漠に住んでいたといわれています。そのため、少ない水分でも生きられるように体が順応したのです。

愛猫ちゃんは砂漠に住んでいるわけではありませんが、比較的喉の渇きに疎いといわれています。そんな体質から水分不足になりやすく、うんちの水分も減ってしまうと便秘になってしまうのです。



△ ストレス

猫ちゃんはとってもデリケートな生物です。

・引っ越し
・家族構成の変化(赤ちゃんが生まれた、新しい猫ちゃんがきたなど)
・騒音(家の近くで工事が始まった、など)
・猫砂が変わった
・キャットフードが変わった
・飼い主さんの外出時間が増えた

このように、私たち飼い主側がストレスにならないようなことも猫ちゃんはストレスに感じやすい傾向にあります。

△ 毛玉

猫ちゃんといえば毛づくろいする姿をよく見かけますが、実はこれが便秘の原因となることがあります。

飲み込んだ毛の量が少なければ吐き出すことができますが、長毛の猫ちゃんや換毛期などは毛をたくさん飲み込んでしまうことがあります。

そうするとお腹の中に硬い毛玉ができてしまい、吐くこともうんちと一緒に出すこともできなくなり便秘になってしまうのです。



△ 肥満

肥満は万病のもととよく耳にしますが、実は便秘の原因になってしまうということをご存知でしょうか。

特に若い猫ちゃんで便秘になりやすいといわれているのですが、肥満になると厚い内臓脂肪が腸を圧迫してしまったり、お腹の筋肉が緩むことによってトイレで踏ん張る力が弱くなってしまったりすることでうんちの出が悪くなってしまいます。



△ 加齢

年齢を重ねると寝ている時間が増え、水飲み場まで行くことが億劫になってしまうことであまり水を飲まなくなります。また、お腹や足の筋肉量が減ってしまうためトイレで踏ん張る力が弱くなってしまうのです。

これらの要因が重なることで高齢猫ちゃんは便秘になりやすいといわれています。



△ 病気

中には病気が原因で便秘になってしまうことがあります。

・腎臓病や糖尿病といったおしっこの量が増える病気にかかり、体の水分量が減ってしまう

・お腹の中や肛門の近くに腫瘍などのできものができてしまい、痛みが出たりうんちの通り道を塞いでしまったりする

・巨大結腸症や馬尾症候群といった腸の動きが悪くなる病気にかかる

・ビニールなどの異物を飲み込んでしまい、腸が詰まってしまう

これらの病気にかかると便秘以外にも何かしらの症状が見られることが多いため、猫ちゃんの様子をよく観察してくださいね。


猫の便秘・便通対策4つ

便秘が重度の場合や病気の可能性がある場合はすぐに動物病院を受診する必要がありますが、便秘の初期症状がみられる、症状を繰り返す、といった場合には自宅でできるケアがいくつかあります。

猫ちゃんは病院が苦手な子も多いですから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

① 水分補給を心がける

まずは水分補給がしっかりできる環境を整えましょう。

水飲み場を増やす、寝床の近くに水飲み場を設置する、流水が飲める装置を設置するなど、猫ちゃんが自ら水分補給しやすくしてあげると効果的。

また、自ら水分補給をしてくれない猫ちゃんの場合は、キャットフードにささみや野菜のゆで汁を加えたり、キャットフードをふやかしたり、スープやウェットフードを混ぜたりして、食餌に水分をプラスしてみてくださいね。

② 適度な運動で腸活

室内飼いの猫ちゃんはもともと運動不足になりがちです。適度な運動を心がけましょう。

まずは1日に10分からでもよいので、猫じゃらしやボール投げなどをして、愛猫ちゃんが走り回れる時間を作ってあげましょう。

また、キャットタワーなどで上下運動をさせてあげることも効果的です。おもちゃで誘導したりして、積極的に上下運動をさせてあげましょう。

適度な運動は便秘を解消してくれるだけでなく、肥満の解消や筋力アップができ、病気予防にもなるためおすすめです。

こちらの記事も読まれています♪

③ お腹のマッサージに挑戦

お腹を触らせてくれる猫ちゃんであれば、お腹のマッサージも効果的です。

人間の便秘解消の方法と同じなのですが、手のひらで「の」の字を書くように優しくマッサージしてみましょう。腸の運動が活発になり、便秘が解消されることがあります。

ただし、嫌がる場合は逆にストレスを与えてしまうため、猫ちゃんのご機嫌をうかがいながら挑戦してみてくださいね。

④ キャットフードの変更

忙しくてなかなか自宅でケアができない場合にはキャットフードの変更がおすすめです。

キャットフードの変更であれば飼い主さんの負担は増えず、さらには便通をよくしてくれる成分などが含まれているため、最も手軽な自宅ケアといっても過言ではありません。

猫の便秘解消に有効なキャットフード選びのポイント

キャットフードを変更しようと思ったはいいものの、どんなキャットフードを選べばよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために便秘解消におすすめのキャットフード選びのポイントをいくつかご紹介します。

食物繊維が豊富であること


私たち人間が便秘になると、食物繊維を積極的に摂る方が多いかと思いますが、猫ちゃんの便秘にも効果的だといわれています。

しかし、食物繊維をとにかくたくさん摂ればよい、というわけではありません。

まず、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があることをご存知でしょうか。簡単にこの2つの違いをご紹介します。

【水溶性食物繊維】
水分保持能力が高いことから粘性があるため腹持ちがよいです。腸内環境を整える効果があり、りんごなどの果物やイモ類、にんじんなどの野菜類に豊富に含まれています。

【不溶性食物繊維】
保水性が高くお腹の中で膨らみます。それによってうんちの量が増えうんちを出しやすくしてくれたり、腸の蠕動運動を盛んにしてくれたりします。大豆やごぼう、穀類に豊富に含まれています。


大切なことは、この2つをバランスよく摂取することです。キャットフードのパッケージに明記されていることはほとんどないため、原材料をもとに食物繊維の種類を判断しなければなりません。

また、猫ちゃんは肉食動物のため、植物の消化が得意ではありません。そのため、食物繊維の与えすぎに気を付けましょう。

グレインフリー(穀物不使用)であること

物によりますが、キャットフードではよく穀類が原材料に含まれています。パッケージに記載されている原材料はその記載順に含有量も多く含まれています。例えば原材料表記の最初に穀類があれば、そのキャットフードは穀類が最も多く使われているということになります。

穀類には豊富な食物繊維が含まれていますので、猫に絶対与えてはいけないという決まりはありません。しかし猫は本来は肉食性なので、内臓のつくりも腸が短くなっており長時間かけて食物を消化することは不得手なのです。

それなのに穀類ばかりがたくさん入っているキャットフードを食べ続けていると、消化不良を起こしたり便秘気味になったりと、体調に悪影響が表れてしまうこともあります。

もちろん少量であれば摂取しても問題はありませんが、安価なキャットフードほど穀類を多く含んでいますので、原材料をチェックする際にはやたらと穀類が使われていないかもきちんと確認しましょう。


便を柔らかくしてくれる成分「脂質」が適量か

知らない方も多いかもしれませんが、実は便を柔らかくしてくれる成分があります。

それは「油」です!


なんとなく油は体に悪いイメージがありますが、油は便を柔らかくしてくれたり、便の滑りをよくして便が出やすくなったり、といった効果があります。

一口に油といってもさまざまな種類がありますが、まずおすすめしたい油は「脂質」です。

適度な脂質は便秘解消に一役かいますが、摂取しすぎると下痢をしてしまうことがあります。そのため、キャットフードに含まれている脂質の量が15.0~20.0%くらいのものを選ぶようにしましょう。

続いておすすめしたい油は「オリーブオイル」です。オリーブオイルは健康的な油としても知られているため、肥満気味の猫ちゃんにも安心して与えることができますよ。

ウェットよりもドライフードを!

実はドライフードを食べている猫ちゃんよりも、ウェットフードのみを食べている猫ちゃんの方が便秘になりやすいということをご存知でしょうか。

ウェットフードはドライフードより水分量が多いため、便秘解消には適しているように思いますよね。

しかし、ウェットフードはドライフードと比較して食物繊維の量が少ないため、結果的に便秘になりやすくなってしまいます。

そのため、日常的にウェットフードを与える際は、トッピングなどで食物繊維をプラスさせるか、ドライフードに混ぜるようにしましょう。

また、便秘になってしまったときのみ、一時的にドライフードからウェットフードに変更する方法であれば便秘解消には効果的ですよ♪


便秘改善に♩おすすめキャットフード3選

最後に、ネット通販で手に入る、便秘が気になる猫ちゃんにおすすめのキャットフードを3種類ご紹介したいと思います。

それぞれのおすすめポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【ロイヤルカナン ヘアボールケア】


まずおすすめしたいのが、ロイヤルカナンのヘアボールケアです。こちらのおすすめポイントは以下の3つです。

①可溶性食物繊維や不溶性食物繊維などの複数の食物繊維が配合されている
②タンパク質が32.0%以上配合されている
③便秘のケアだけでなく、泌尿器のケアもできるよう、ミネラルバランスが調整されている


猫ちゃんからも飼い主さんからも人気のようで、便通がよくなった、毛玉を吐かなくなった、食いつきがよい、コスパがよいといった口コミが多くみられました。

ロイヤルカナン ヘアボールケア

amazon楽天




【ヒルズ サイエンス・ダイエット<プロ>健康ガード 便通・毛玉】


次におすすめしたいのが、ヒルズのサイエンス・ダイエット <プロ> 健康ガード 便通・毛玉です。こちらのおすすめポイントは以下の3つです。

①食物繊維が適切に配合されている
②タンパク質が33.8%配合されている
③脂質が19.3%配合されている


他のキャットフードに変えたら便秘になってしまった、便の形や硬さが安定してきた、などの口コミが目立ち、便秘の解消にはうってつけのキャットフードです。

↓↓↓

ヒルズ サイエンス・ダイエット<プロ>♩

>>詳細はこちら!!<<


【アイムス 毛玉ケア】


最後におすすめしたいのが、アイムスの毛玉ケアです。こちらのおすすめポイントは以下の3つです。

①鶏脂やひまわり油が配合されている
②タンパク質が31.5%以上配合されている
③脂質が18.0%以上22.01%以下で配合されている


うんちの出が良くなった、下痢気味だったけれどよいうんちになった、などの便通に関する口コミの他にも、風味が強いため食いつきがよいという口コミも目立ち、おいしく便秘をコントロールできると評判のようです。

↓↓↓

アイムス 毛玉ケア♩

>>詳細はこちら!!<<

おわりに

いかがでしたか? 便秘になってしまうと吐いてしまうことがありますし、愛猫ちゃんが苦しそうにしている姿を見るのは飼い主としてとても辛いですよね。

しかし、適切なキャットフードに変更するだけで、便秘が解消できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

猫ちゃんはちょっとした環境の変化だけでも便秘になりやすい生物です。そのため、日ごろから愛猫ちゃんのうんちの様子を観察して、いち早く便秘の初期症状に気づいてあげることが重要です。

便秘を予防するという意味でも、これを機にキャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。

→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. おすすめ室内猫用キャットフードと選び方!

  2. 猫の避妊・去勢手術のメリット。適した時期や費用について

  3. 猫がご飯を吐く原因と正しい対処法

  4. キャットフードで肥満対策はできる!おすすめキャットフード5選

  5. シンプリーキャットフードの口コミ!猫への安全性や評判は?

  6. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)