キャットフード選びの参考に!AAFCOについて学ぼう

ご家庭にあるキャットフードのパッケージをご覧ください。AAFCO(アフコ)基準、総合栄養食と表記されていると思います。

みなさんは、AAFCOとはどのような機関で、AAFCO基準とは一体何なのかご存知でしょうか?

私自身、生まれた時から猫と一緒に過ごす家庭環境で育ち、たくさんの猫との出会いと別れを経験してきました。そして、猫も命ある大切な家族であることを学ぶなかで、キャットフードの栄養基準に深く関わるAAFCOの存在を知ったのです。

本記事では、キャットフード初心者の方でもAAFCOについて理解を深めていただけるよう、図や写真を交えてわかりやすい記述を心がけました。

すでに愛する猫とともに過ごしていらっしゃる方、これから家族の一員として迎えようとされている方、AAFCOについて詳しく知りたい方、みなさまの参考に少しでもなることができれば幸いです。

キャットフードとAAFCOってどんな関係?

さて、世界のキャットフード事情について少しお話をさせていただきましたが、ここからが本題です。

先ほどちらっと出てきたAAFCO、FDAやFEDIAFとは何でしょう?まずはAAFCOの働きについて詳しくご紹介させて頂きますね。

どんなことをしているの?

AAFCOとは米国飼料検査官協会のことで、ペットフードの栄養基準やラベル表示などに関するガイドラインを作って提示をしている協会のこと。

The Association of American Feed Control Officialsの頭文字をとってAAFCOとなっており、アフコと呼ばれるアメリカの団体です。

AAFCOが定めたペットフードの栄養基準自体は世界的にもスタンダードとなっており、日本のペットフード公正取引協議会でも採用されています。

ですが、一つ知っておいてほしいことがあります。それはAAFCOがフードの検査や認定、承認は行っていないということ。そのため、AAFCOの栄養基準を満たしていても、AAFCO認定やAAFCO承認・AAFCO合格というような表記は禁じられています。

表示としては「AAFCOの基準をクリア」「AAFCOの基準を満たしている」などが適切とされています。

AAFCOの目標と活動

AAFCOには3つの主要目標があります。

①動物と人間の健康を守る
②消費者の保護を確保する
③動物飼料産業の秩序ある商取引の平等な競争の場の提供


これらの目標を掲げ、ペットフードの栄養基準やラベル表示などに関するガイドライン策定の他にも、会員や産業界代表に向けてのフォーラムを行っています。

・・・少し難しいですよね(^_^;)

簡単に申しますと、人間にも動物にも安全性を確保するということを目標にしていますということ。

具体的には、犬や猫などに必要な栄養素の数値を研究・分析し、成長度合に分けて数値化したものを公表するということなのです。

AAFCOとFDAの関係性

FDAはFood and Drug Administrationの略で、アメリカ食品医薬品局のこと。主に保健、福祉省に属しており食品や薬品を中心に私達消費者が接する機会の多い物の認可、違反取締を行う機関です。

沢山の商品や販売に対して大きな強制力を持つ機関で、2011年1月4日に成立した食品安全強化法により、食品のリコール発令や輸入食品の監督なども行うなど強い権限を持っているのです。

アメリカでは飼料関連法の中で使用していい添加物が決まっており、それらをAAFCOが選定しリスト化。そして、専門知識を持つFDAによって成分の安全性や効果を判断され、ペットフードに対して適切な機能を持っていることを保証されています。

AAFCOの栄養素基準

AAFCOの基準とは、キャットフードを製造する側に最低限守ってもらいたいルールとされています。あくまでも最低限なので、基準をクリアでも猫にとって特別良いということではありません。

また、基準を満たしていても最低限の栄養素基準で作られているものや、一部の栄養だけを数割増しにしているものも。AAFCOの栄養素基準は、製造メーカー側の製造指針程度ということを覚えておいて下さいね。

先にもお話しさせて頂いたように、AAFCOは基準値などを決めているだけで実際に検査をしているわけではないので、AAFCO認定・AAFCO承認・AAFCO合格という表記はありえません。

逆にこの表記がしてあるキャットフードは、違反しているということになるので避けるようにして下さい。

FEDIAFってなに?

過去にダイオキシンの飼料混入問題で、動物飼料の肉の扱いが大きな問題に。これにより、ヨーロッパでは今まで以上に動物の食問題について考えることとなりました。

【AAFCOとFEDIAFの違い】

まず、FEDIAFというのはEuropean Pet Food Industryの略称で、欧州ペットフード工業連合会のことをいいます。

★ 安全で栄養価が高く、美味しい製品を提供するのに望ましい状況とするために、当局・規制機関・学術界が協力して、ヨーロッパのペットフード業界が信頼できる情報を提供すること。

★ FEDIAFは責任あるペットの所有、ペットの幸福、ペットにとって重要な社会的な役割、持続可能な発展に全面的に取り組んでいる。


これらの目的を持ってペットフードの製造に関するガイドラインを発行。さらに、安全なペットフードの製造に関して加盟メンバーに啓蒙・指導するとともに、製造工場に対する認定をも行なっています。

ですので、ヨーロッパ製のペットフードに関してはFEDIAFの基準をクリアし、製造工場の認定を受けていることが安全なペットフードであることの基準とされているのです。

FEDIAFの厳しい基準により指導と評価が行われているため、日本に比べるとヨーロッパのペットフードは安全で評価が高いという事がうなずけますよね。

このFEDIAFとAFFCOの大きな違いは、ペットフードの扱いです。

日本もヨーロッパもAFFCOをベースとしているので、安全度にあまり変わりはありません。ですが、日本と違ってヨーロッパではペットフードは「食品」として分類されています。

このことから、FEDIAFの方がペットフードに対して先に進んでいるということが言え、「ペットにも人間が食べることが出来るような上質なものを与えましょう」という考えはAFFCOにはないということになります。

飼い主からしてもFEDIAFの考え方の方が良いと思われる方は多いのではないでしょうか?

また、AAFCOとFEDIAFでは栄養基準が若干違います。そして、他国で製造されたペットフードを違う機関の基準を採用してる国へ運ぶ際、製造国の基準が採用されることとなっています。

例えば、日本でヨーロッパ産のペットフードを販売する際、製造国の基準であるFEDIAFの栄養基準を採用ということになります。

【FEDIAFの栄養素基準】

ではFEDIAFの栄養素基準についてお話しさせて頂きますね。

FEDIAFの栄養素基準はAFFCO同様、市販のペットフードの品質基準となっていて、AAFCOの基準と大まかには近い値で同じような傾向となっています。

現在でもFEDIAFとAFFCOのどちらの基準が正しいかについては議論があり、猫に関する栄養についてはまだまだ研究途上のため、明確な結論を出すことはできていません。

しかし、多くの獣医・ペットフード関係者がそろえて言うことがあります。

★ AAFCOの栄養基準というのはサプリメントなどを加えないと到底満たすことができない現実的でない基準値があるということ

★ アメリカよりもヨーロッパの方が食に対してもペットフードに対しても厳しい姿勢で検査や指導に取り組んでいるということが感じられる


上記のことからも、FEDIAFの栄養素基準の方が優れているのではないかということも考えられていますが、先にもお話した通りまだ研究途中段階なので絶対FEDIAF!ということではありません。


AAFCOと世界のキャットフード事情

AAFCOについてのお話の前に、世界のキャットフード事情について見てみましょう。

実はペットフードに関して後進国である日本は、先進国から学ぶべきことがたくさんあるのです。

日本


ペットは「モノ」、ペットフードは食品ではなく「雑貨」としてまだまだ扱われいる日本。ペットに関する法律も最近になりやっと施行されてきたものの、未だ不完全な部分が多いのが現状です。

アメリカやヨーロッパなのど動物愛護先進国に比べ、日本は安全性や品質の基準が追いついていません。その理由として、基準の策定自体が遅かったこと、基準を満たしていないキャットフードを流通させても罰則がないことがあげられます。

このため、国産キャットフードの原材料には驚くほどの種類・量の添加物や人工保存料、酸化防止剤、香料、着色料が使用されています。比較的安価ですが、猫にとって良いものとは言い切れません。

アメリカ


地域によって異なるものの、猫の飼育に対する課税制度があり、野良猫や無責任な飼い主対策を行っているアメリカ。獣医やボランティア団体・政府が一帯となってそのシステムを支え、経費は飼い主が支払う税金によって賄われています。

また、連邦政府と各州でペットフードに関する法律を定めており、これとは別にAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)、FDA(食品医薬品局)が安全基準をガイドラインとして策定。

法律が政府と州での二重管理、罰則が軽い、ガイドラインがあくまで推奨でしかないなど懸念はありますが、アメリカ産キャットフードの多くは添加物や人工保存料不使用でAAFCOの基準をクリア。

猫には猫に最適なキャットフードを製造する」という考え方が浸透しているため高品質なものが多いのです。


イギリス

子供に対する法律よりも先にペットの法律ができた(主に犬猫)と言われるほど、ペットに対する関心の高い国です。猫を飼う際、チップを入れることが義務化されているので野良猫はほとんどいないとされています。

避妊手術・去勢手術も飼う時点でしている家庭がほとんどで、GPS機能も最近では多くの家庭が使用しています。

世界で初めてペットフードを開発したイギリスは、キャットフードに対する品質や安全性の意識が非常に高く、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合)というペットフードに関する厳しいガイドラインを策定した機関によって罰則付きの法律を施行。

また、「猫には猫に最適な食事を」という考え方が昔から市民の生活に浸透しており、世界で人気のプレミアムキャットフードもイギリス産がほとんど。品質と安全の両面で信頼できる原産国です。


ドイツ

「action kitty」という活動が起きるほどに捨て猫の問題が深刻化したこともあるドイツ。近年では、外に出る可能性がある飼い猫全てにマイクロチップの挿入と、避妊・去勢手術が義務化されています。

キャットフードに関してはイギリスと同様、FEDIAFのガイドラインに則した法律のもと品質や安全性について細かく定められています。法律に反すると厳しい罰則が課せられる為、品質に非常に厳しく、流通時の温度管理まで徹底しているものまであります。

また、人間が食べても問題のない品質であるヒューマングレードで信頼性が高いのも特徴。使用する生の動物・植物性材料、添加物、他全ての材料については「人間の消費に適合するものでなければいけない」という法律があるほど。


キャットフードを選ぶ基準AAFCOの抜け穴

AAFCOの栄養基準は本当に安全?信じておいて良いの?という疑問がある方も少なくないかと思います。

実は存在してしまっている、AAFCOの抜け穴について詳しくお話しさせて頂きますね。

AAFCOは、商品のパッケージ表示に関して非常に厳格な規制を設けておりますが、原材料についてはそれほど厳格に指定をしているわけではありません。

そのため、タンパク質・ミネラルなどはAAFCOの基準値でも、猫の健康に悪影響な合成添加物・BHAなどの酸化防止剤が使用されているということもあります。

極端な言い方をしてしまえば、AAFCOの栄養基準値以内であれば、どの原材料を使用しても良いということになってしまっているのです。

基準が厳格に決まっていない為、その原材料からの流れは各ペットフードメーカーに委ねられているということ。

そういう流れが出来てしまっているために、とても残念なことですが、人工添加物等を加えていてもAAFCOの栄養基準値をクリアしているフードが存在します。

このようなキャットフードは、愛猫にどのようなリスクがあるのかをご存知でしょうか?病院からの勧めで決めている方も多いかと思いますが、問題は製造メーカーで選んでいる方。

例えば、原材料に使われることの多い「穀物」が引き起こしてしまうアレルギーがあります。米や小麦・トウモロコシなどは、私たち人間にとっては欠かせないものですよね。



しかし、猫からするとどうでしょうか?

動物アレルギーでよく耳にするのは、ノミやカビなどが原因のものが多いかと思います。しかし、猫にとってはこの穀物が危険で消化しにくいものなのです。

下記が穀物アレルギーの主な症状です。

・口周りや耳、手足などの皮膚のかゆみ
・発疹や発熱
・下痢や嘔吐
・脱毛や薄毛、フケが出る

もし、アレルギー症状が出てしまった場合はキャットフードの原材料を確認し、穀物が多く含まれている場合は変更をして下さい。

このことから、AAFCOの栄養基準は猫と飼い主にとっても重要な基準とはなるものの、絶対安全ということは言えません。

キャットフードを選ぶ際には、パッケージに記載してある原材料や製法をしっかりと確認し、他の商品と比較してから購入する必要があります。

こちらの記事も読まれています♪

おわりに

いかがでしたでしょうか?

普段あまり耳にしない機関や言葉が出て難しかったかもしれませんね。ですが、ペットフードの原材料というのは、時にはアレルギーを引き起こしてしまうこともある重要なもの。

日本で採用されているAFFCOの基準は製造者側の最低限のルールです。「AFFCOの抜け穴」でご説明させて頂きました通り、AFFCOだから安全!というわけではないことがあります。

キャットフードを選ぶ際はあくまでもAFFCOの基準を参考にし、飼い主がペットのことを考えてしっかりと商品成分をチェックすることが大切です。間違った表示には騙されないようにして下さいね。


→ おすすめキャットフードランキングはこちら♩♩

関連記事

  1. ヨーロッパ産キャットフードとおすすめ8選!

  2. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  3. 【ペット先進国ドイツ】人気のキャットフード5選!

  4. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  5. キャットフードは肉 or 魚?猫ちゃんにとって最適なのはどっち?

  6. シンプリーキャットフードの口コミ!猫への安全性や評判は?

  1. アレルギー対応キャットフード !おすすめ5選

  2. 【グレインフリー】穀物不使用の人気キャットフードとその効果とは?

  3. ねこはぐキャットフードの成分や口コミ、評判を調査!

  4. 安全なオーガニックキャットフードランキング!正しい選び方とは?

  5. 見た目も可愛い♩ロニーキャットフードの安全性や口コミ、評判は?

  6. 【歯磨きは必須】正しい知識で飼い猫の歯を守ろう!

  7. 猫の目やにの原因は!?対処法や改善方法をご紹介

  8. 猫の冬の寒さ対策!簡単にできる方法やおすすめグッズ4選

  9. ジャガーキャットフードの評判は?口コミや安全性を調査!

  10. 話題のモグニャンキャットフード !口コミ、評判を調査!!

管理者

はじめまして。
猫好きアラサー女子、めぐです♩
生まれた時から猫ちゃんに囲まれて過ごしてきた私は、今までにたくさんの出会いと別れを経験してきました。

大切な命であり、家族である猫ちゃんことをもっと知りたい!そして、自身が学んだことを一人でも多くの方にお伝えしたい!!「ネコの隠れ家」にはそんな想いが詰まっています。

ここを訪れれば猫ちゃんのことが何でもわかる、そんな居場所になれればと思いアクセル全開で取り組んでいますので、どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)